第19回【必須】柔道整復師国家試験過去問題

MEMO
第19回柔道整復師国家試験必須問題
 
 
1 大腿三角を構成しないのはどれか。
 
1 鼡径靱帯
2 薄筋
3 縫工筋
4 長内転筋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
2 大脳髄質に存在するのはどれか。
 
1 黒質
2 内包
3 中心管
4 第4脳室
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
3 皮静脈はどれか。
 
1 内頸静脈
2 腋窩静脈
3 大伏在静脈
4 大腿静脈
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
4 副交感神経の節前線維が出るのはどれか。
 
1 頸髄
2 胸髄
3 腰髄
4 仙髄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
5 尿細管から再吸収された物質が通過する部位はどれか。
 
1 リンパ管
2 尿管
3 腎動脈
4 腎静脈
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
6 ホルモンの作用経路はどれか。
 
1 消化液
2 リンパ液
3 間質液
4 血液
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
7 上皮小体(副甲状腺)が血中濃度の調節に関与している電解質はどれか。
 
1 Na+
2 Ca2+
3 K+
4 Cl-
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
8 原始反射はどれか。
 
1 ガラント反射
2 下肢伸展反射
3 足底反射
4 パラシュート反応
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
9 物理的外因と病態との組合せで誤っているのはどれか。
 
1 機械的損傷—–挫滅症候群
2 高温———–潜函病
3 放射線———血小板減少
4 光線———–色素沈着
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
10 予防接種で皮膚の消毒に通常用いられるのはどれか。
 
1 石けん
2 グルタラール
3 両性界面活性剤
4 エタノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
11 柔道整復師の免許を与える者はどれか。
 
1 厚生労働大臣
2 文部科学大臣
3 都道府県知事
4 財団法人柔道整復研修試験財団法人理事長
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
12 脳卒中発症後2週間以内に行うことが少ないリハビリテーションプログラムはどれか。
 
1 座位訓練
2 機能肢位保持
3 高次脳機能訓練
4 他動的関節可動域訓練
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
13 患者に対して開放型の質問はどれか。
 
1 朝ごはんは食べてきましたか。
2 今日は骨折で来たのですか。
3 右足と左足とどちらが痛いのですか。
4 今日はどのようなことで受診されましたか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
14 脊柱側弯姿勢の原因となる疾患はどれか。
 
1 くる病
2 腰椎椎間板ヘルニア
3 破傷風
4 強直性脊椎炎
 
 
 
 
 
 
2※
 
 
 
 
 
 
15 Ⅱ度熱傷の局所徴候で正しいのはどれか。
 
1 炭化
2 感覚消失
3 水疱形成
4 硬化
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
16 偽関節になりにくい部位はどれか。
 
1 大腿部頸部
2 距骨頸部
3 脛骨近位
4 手舟状骨
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3
 
 
 
 
17 小児骨折で誤っているのはどれか。
 
1 不全骨折を生じやすい。
2 長期の固定を要する。
3 過成長がみられる。
4 リモデリングが盛んである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
18 幼児が転倒し手を衝いて発生しやすいのはどれか。
 
1 橈骨遠位骨端離開
2 肘関節脱臼
3 上腕骨外科頸骨折
4 肩関節脱臼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
19 骨癒合に良好な影響を与えるのはどれか。
 
1 圧迫力
2 剪断力
3 捻転力
4 牽引力
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
20 骨折の非観血療法の利点はどれか。
 
1 解剖学的整復が容易である。
2 関節拘縮が残りにくい。
3 感染のリスクが少ない。
4 固定期間が短い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
21 骨折固定の原則で誤っているのはどれか。
 
1 解剖学的基本肢位である。
2 再転位防止を目的とする。
3 硬性材料が用いられる。
4 上下各一関節を含める。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
22 後療法で誤っているのはどれか。
 
1 物理療法が用いられる。
2 固定除去後から開始する。
3 手技療法は軽擦法から始める。
4 誘導マッサージは患部から離れた中枢側に施す。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
23 合併症・後遺症とその要因との組合せで誤っているのはどれか。
 
1 骨化性筋炎—–猛撃矯正
2 骨壊死———骨頭骨折
3 区画症候群—–固定の長期化
4 偽関節———開放骨折
 
 
 
 
 
 
 
 
3※
 
 
 
 
 
24 顎関節前方脱臼の弾発性固定に関与する筋はどれか。
 
1 胸鎖乳突筋
2 外側翼突筋
3 口輪筋
4 頬筋
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
25 大腿骨頸部内側骨折の症状で誤っているのはどれか。
 
1 棘果長は短縮する。
2 腫脹は著明である。
3 軸圧痛は著明である。
4 下肢は外旋位である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
26 鎖骨骨折で誤っているのはどれか。
 
1 患肢上肢を手で支えている。
2 患側の肩幅は狭くなる。
3 上方凸変形がみられる。
4 患側の肩が高くなる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
27 コーレス(Colles)骨折の外観で誤っているのはどれか。
 
1 手部の尺側偏位
2 フォーク状の変形
3 手関節の前後径増大
4 銃剣状の変形
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
28 掌側凸変形になりやすいのはどれか。
 
1 中手骨骨幹部骨折
2 中手骨頸部骨折
3 基節骨骨幹部骨折
4 中節骨基部骨折
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
29 直達外力による発生が多いのはどれか。
 
1 肩鎖関節脱臼
2 肩関節脱臼
3 肘関節脱臼
4 小児肘内障
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
30 下腿に回旋ストレスを加えるのはどれか。
 
1 ラックマンテスト
2 グラスピングテスト
3 アプレーテスト
4 トーマステスト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3