第24回【必須】柔道整復師国家試験過去問題

MEMO
第24回柔道整復師国家試験必須問題
 
 
問1
図の矢印で示す方向の組合せで近位―遠位にあたるのはどれか。
 
第24回柔道整復師国家試験過去問題 午前問題1の図 
1,①-②
 
2,③-④
 
3,⑤-⑥
 
4,⑦-⑧
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
/
 
 
 
問2 
 
 
上肢帯を構成する骨の組合せはどれか。
 
 
 
1 鎖骨―肩甲骨
 
2 尺骨―橈骨
 
3 仙骨―寛骨
 
4 脛骨―腓骨
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問3 
 
 
大後頭孔を通るのはどれか。
 
 
 
1 内頸動脈
 
2 外頸動脈
 
3 椎骨動脈
 
4 鎖骨下動脈
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問4 
 
 
交感神経系の神経細胞が存在するのはどれか。
 
 
 
1 脊髄前角
 
2 脊髄側角
 
3 脊髄後角
 
4 脊髄神経節
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問5 
 
 
細胞小器官でATPを合成するのはどれか。
 
 
 
1 小胞体
 
2 中心小体
 
3 ゴルジ装置
 
4 ミトコンドリア
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問6 
 
 
血圧を上昇させるのはどれか。
 
 
 
1 大出血
 
2 尿量増加
 
3 血管拡張
 
4 心拍出量増加
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問7 
 
 
栄養素が吸収される主な部位はどれか。
 
 
 
1 食道
 
2 胃
 
3 小腸
 
4 大腸
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問8 
 
 
タイプⅡb線維と比べタイプⅠ線維の特性で正しいのはどれか。
 
 
 
1 筋線維径は太い。
 
2 単収縮の速度は遅い。
 
3 グリコーゲン含有量は高い。
 
4 ミトコンドリア量は少ない。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問9 
 
 
炎症で誤っているのはどれか。
 
 
 
1 急性炎症では血管透過性が亢進する。
 
2 慢性炎症の浸潤細胞は好中球が多い。
 
3 炎症性サイトカインの作用によって発熱する。
 
4 肉芽組織形成は組織の修復過程にみられる。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問10 
 
 
吐しゃ物による汚染の消毒に用いられるのはどれか。
 
 
 
1 ポピドンヨード
 
2 クロルヘキシジン
 
3 消毒用アルコール
 
4 次亜塩素酸ナトリウム
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問11 
 
 
医療危機管理の概念でないのはどれか。
 
 
 
1 インフォームド・コンセント
 
2 リスク・マネジメント
 
3 インシデントレポート
 
4 ヒヤリハット
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問12 
 
 
手段的ADLに含まれるのはどれか。
 
 
 
1 食事
 
2 更衣
 
3 買い物
 
4 入浴
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問13 
 
 
痛風で正しいのはどれか。
 
 
 
1 女性に多い。
 
2 高尿酸血症を伴う。
 
3 近位指節間(PIP)関節に好発する。
 
4 食事療法ではプリン体の摂取を勧める。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問14 
 
 
生命徴候(バイタルサイン)に含まれないのはどれか。
 
 
 
1 体温
 
2 脈拍
 
3 呼吸
 
4 顔色
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問15 
 
 
創傷の処置で正しいのはどれか。
 
 
 
1 開放創は消毒液で洗浄する。
 
2 開放創の挫滅組織は切除する。
 
3 開放創は乾燥するように保つことが重要である。
 
4 縫合閉鎖後96時間まで消毒液を塗布する。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問16 
 
 
急性化膿性骨髄炎で正しいのはどれか。
 
 
 
1 高齢者に多い。
 
2 起炎菌は大腸菌が多い。
 
3 原因は外傷によることが多い。
 
4 好発部位は長管骨骨幹端部である。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問17 
 
 
竹節状骨折の局所所見で正しいのはどれか。
 
 
 
1 軋轢音
 
2 異常可動性
 
3 限局性圧痛
 
4 階段状変形
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問18 
 
 
靭帯断裂部に圧痛が確認できないのはどれか。
 
 
 
1 肘関節の内側側副靭帯
 
2 小指PIP関節の橈側側副靭帯
 
3 膝関節の前十字靭帯
 
4 距腿関節の前距腓靭帯
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問19 
 
 
小児の骨折で生じにくいのはどれか。
 
 
 
1 偽関節
 
2 過成長
 
3 過剰仮骨形成
 
4 自家矯正
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問20 
 
 
骨折の介達牽引療法で誤っているのはどれか。
 
 
 
1 長骨骨幹部の骨折に用いる。
 
2 捻転転位の整復を目的とする。
 
3 整復位の保持が困難な場合に用いる。
 
4 牽引による筋緊張が副子として作用する。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問21 
 
 
脱臼の施術で正しいのはどれか。
 
 
 
1 早期に整復を行う必要がある。
 
2 陳旧性脱臼は持続牽引が有効である。
 
3 若年者では軽度の転位残存が許容される。
 
4 発生機序と同方向の力を加えて整復する。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問22 
 
 
長期臥床による合併症はどれか。
 
 
 
1 挫滅症候群
 
2 脂肪塞栓症
 
3 区画症候群
 
4 深部静脈血栓症
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問23 
 
 
顎関節前方脱臼で正しいのはどれか。
 
 
 
1 頬部の外観が扁平になる。
 
2 開口が不能となる。
 
3 弾発性固定が不明瞭である。
 
4 関節包前方が断裂する。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問24 
 
 
定型的鎖骨骨折の症状で正しいのはどれか。
 
 
 
1 顔面が患側を向く。
 
2 肩幅が増加する。
 
3 患側の肩甲骨が挙上する。
 
4 肩外転制限がみられる。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問25 
 
 
上腕骨顆上伸展型骨折で正しいのはどれか。
 
 
 
1 肘関節前方脱臼と外観が類似する。
 
2 軋轢音を触知する。
 
3 上肢長は延長する。
 
4 ヒューター三角が乱れる。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問26 
 
 
手指部の骨折で掌側凸変形を呈するのはどれか。
 
 
 
1 末節骨基部骨折
 
2 中節骨基部骨折
 
3 基節骨其部骨折
 
4 中手骨基部骨折
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問27 
 
 
肘関節後方脱臼で弾発性固定の肢位はどれか。
 
 
 
1 屈曲130~140度
 
2 屈曲 80~ 90度
 
3 屈曲 30~ 40度
 
4 伸展 20~ 30度
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問28 
 
 
肘内障で正しいのはどれか。
 
 
 
1 手掌を衝いて転倒した際に発生する。
 
2 患側の前腕を回外位で下垂する。
 
3 単純エックス線像で橈骨頭の前方脱臼がみられる。
 
4 前腕の回内・回外自動運動で整復確認を行う。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問29 
 
 
腱板断裂の新鮮例で正しいのはどれか。
 
 
 
1 自動外転運動で疼痛が増強する。
 
2 筋委縮がみられる。
 
3 結節間溝部に圧痛を認める。
 
4 診断にはヤーガソンテストが有用である。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
問30 
 
 
前距腓靭帯損傷で疼痛が著しく増強するのはどれか。
 
 
 
1 距骨後方押し込み強制
 
2 足部内がえし強制
 
3 足関節外転強制
 
4 足関節背屈強制
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2