第28回【必須】柔道整復師国家試験過去問題

MEMO
第28回柔道整復師国家試験必須問題
 
問題 1 自他共栄で正しいのはどれか。

1. 特定の人の利益になるように働くこと。
2. 他人を助けるにはまず自分が幸福になること。
3. 自己の精力が及ぶ限り大なる効力を他に顕すこと。
4. 多数の人と話し合い助け合いながら共同の目的を達成すること。

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 2 柔道の礼法で正しいのはどれか。

1. 立礼は上体を約60度曲げる。
2. 礼の時間は一呼吸である。
3. 坐礼は臀部を踵から離す。
4. 正坐から立つときは左足から立つ。

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題3 定型的鎖骨骨折でみられないのはどれか。

1. 屈曲転位
2. 延長転位
3. 側方転位
4. 短縮転位

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 4 定型的鎖骨骨折で誤っているのはどれか。

1. セイヤー絆創膏固定
2. ハンギングキャスト固定
3. 8字帯固定
4. T字状副子固定

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 5 上腕骨外科頸外転型骨折の後でよくみられるのはどれか。

1. 骨化性筋炎
2. ズデック (Sudeck)骨萎縮
3. 関節拘縮
4. 阻血性壊死

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

問題6 上腕骨外科頸外転型骨折の整復操作で正しいのはどれか。

1. 第一助手は牽引用の帯で外方に引いて肩を固定する。
2. 第二助手は末梢牽引しながら内転させる。
3. 術者は両手で遠位骨片を内方へ圧迫する。
4. 術者は遠位骨片を前方へ圧迫する。 .

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 7 三角筋付着部より遠位での上腕骨骨幹部骨折で正しい固定肢位はどれか。

1. 肩関節外転 70度
2. 肩関節水平屈曲 50 度
3. 肘関節屈曲 120度
4. 前腕回外位

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 8 コーレス(Colles)骨折の典型的な変形はどれか。

1. 近位骨片の背側突出
2. 遠位骨片の尺側偏位
3. 橈骨茎状突起の突出
4. 手関節横径の増大

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 9 コーレス(Colles)骨折に続発するのはどれか。

1. 尺骨茎状突起骨折
2. 舟状骨骨折
3. 月状骨脱臼
4. 長母指伸筋腱断裂

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題10 中手骨頸部骨折で伸展位に固定するのはどれか。

1. 手関節
2..MP 関節
3. PIP関節
4. DIP 関節

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 11 肋骨骨折の屋根瓦状絆創膏固定で正しいのはどれか。

1. 胸部全周に貼付する。
2. 完全呼気時に貼付する。
3. 順次下方に向かって貼付する。
4. 絆創膏交換は不要である。

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 12 肩鎖関節上方脱臼の固定法で正しいのはどれか。

1. リング固定法
2. ギプス固定法
3. クラーメル固定法
4. 絆創膏固定法

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 13 肩関節烏口下脱臼で正しいのはどれか。

1. 頭部は健側に傾けている。
2. 上腕は軽度内転、内旋している。
3. 整復前に鎖骨下動脈の拍動を確認する。
4. 上腕外側の感覚障害の有無を確認する。

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 14 肩関節烏口下脱臼の外観と類似しているのはどれか。

1. 上腕骨解剖頸骨折
2. 上腕骨外科頸外転型骨折
3. 上腕骨大結節単独骨折
4. 上腕骨骨幹部骨折

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 15 肩関節烏口下脱臼の整復で正しい組合せはどれか。

1. クーパー法 ー 挙上法
2. コッヘル法 ー 回転法
3. スティムソン法 ー 積杆法
4. モーテ法 ー 吊り下げ法

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 16 肘関節後方脱臼で正しいのはどれか。

1. ヒューター三角は正常である。
2. 肘関節は直角位に固定される。
3. 前腕長は短縮して見える。
4. 自動運動は可能である。

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 17 肘内障で正しいのはどれか。

1. 橈骨近位部に変形がみられる。
2. 前腕回外強制で疼痛の増強がみられる。
3. 腕尺関節に限局した圧痛がみられる。
4. 肘関節部に腫脹がみられる。

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 18 スミス (Smith)骨折の遠位骨片転位はどれか。

1. 掌側・尺側・短縮・回内転位
2. 掌側・尺側・短縮・回外転位
3. 掌側・橈側・短縮・回内転位
4. 掌側・橈側・短縮・回外転位

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 19 インピンジメントサインで検者の立ち位置はどれか。

1. 健側前方
2. 健側後方
3. 患側前方
4.患側後方

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 20 急性期の肩腱板損傷で陽性となるのはどれか。

1. ドロップアームテスト
2. スピードテスト
3. ルーステスト
4. モーリーテスト

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 21 ヤーガソンテストで抵抗を加える時の患者への動作指示はどれか。

1. 肘の屈曲
2. 肘の伸展
3. 前腕の回内
4. 前腕の回外

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 22 大腿部前面打撲の合併症で正しいのはどれか。

1. 骨化性筋炎
2. 関節強直
3. 脂肪塞栓症
4. フォルクマン(Volkmann)拘縮

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 23 膝関節内側側副靭帯損傷の所見はどれか。

1. 軋轢音が著明である。
2. 内側に限局した圧痛を認める。
3. 嵌頓症状を認める。
4. 内反動揺性が出現する。

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 24 膝関節側副靭帯損傷の検査法はどれか。

1. ラックマンテスト
2. 牽引アプライテスト
3. マックマレーテスト
4.前方引き出しテスト

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 25 前十字靱帯損傷で受傷直後にみられないのはどれか。

1. 運動痛
2. 後方落込徴候
3. 不安定感
4. スポーツ活動の続行困難

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 26 ラックマンテストで被検者の姿勢はどれか。

1. 背臥位
2. 側臥位
3. 腹臥位
4. 座位

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 27 急性期の半月板損傷でみられないのはどれか。

1. 腫脹
2. 圧痛
3. 不安定性
4. 運動制限

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 28 膝関節内側側副靭帯損傷の固定肢位はどれか。

1. 膝関節完全伸展位
2. 膝関節軽度屈曲位
3. 膝関節 60度屈曲位
4. 膝関節直角位

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 29 下腿三頭筋肉ばなれで痛みが誘発されない足関節運動はどれか。

1. 自動屈曲
2. 自動伸展
3. 他動屈曲
4.他動伸展

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 30 足関節外側側副靭帯1度損傷で見られないのはどれか。

1. 疼痛
2. 腫脹
3. ?痛
4.不安定性

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 31 足関節外側側副靭帯完全断裂時の固定期間で正しいのはどれか。

1. 約1週
2.約3週
3.約7週
4.約12週

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 32 巻軸包帯を図に示す。矢印部の名称はどれか。

1.帯頭
2.帯身
3.帯表
4.帯尾

第28回柔道整復師国家試験過去問題午前問題32の図

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 33 ギプス包帯の目的で誤っているのはどれか。

1. 整復位の保持
2. 可動域の制限
3. 関節拘縮の予防
4. 変形の矯正

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 34 基本包帯法で誤っているのはどれか。

1. 環行帯ー第1行の上にそのまま重ねて第2行を巻く。
2. 螺旋帯 ー包帯が重ならないように間隔をあけて巻く。
3. 亀甲帯 ー屈側で交差させ8の字を描くように巻く。
4. 麦穂帯 ー8の字の交点が順次少しずれるように巻く。

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 35 デゾー包帯で「三角帯」を用いるのはどれか。

1. 第1帯
2. 第2帯
3. 第3帯
4. 第4帯

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 36 患部と固定包帯の組合せで誤っているのはどれか。

1. 肘関節部 -5裂
2. 肩関節部 – 4 裂
3. 胸部 – 3裂
4. 足関節部 – 2裂

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 37 基本包帯で表巻きと裏巻きを交互に繰り返すのはどれか。

1. 亀甲帯
2. 折転帯
3. 麦穂帯
4. 螺旋帯

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 38 インフォームド・コンセントはどれか。

1. 患者を差別しないこと。
2. 患者の優先順位を決定すること。
3.患者の治療歴を聴取すること。
4.患者に説明して同意を得ること。

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 39 個人情報の保護に関する法律で個人情報取扱事業者になるのはどれか。

1. 厚生労働省
2. 東京都
3. 接骨院
4. 国立がん研究センター

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 40 医療現場においてインシデントはどれか。

1. ヒヤリ・ハット
2. 医療事故
3. 医療過誤
4. 医療過失

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 41 医療におけるリスクマネジメントの概念で誤っているのはどれか。

1. 医療事故の防止
2. 危機管理
3. 医療に対する苦情対応
4. 利益の誘導

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 42 柔道整復師法に規定されている免許の欠格事由で、意見の聴取が行われるのはどれか。.

1. 麻薬中毒
2. 精神機能障害
3. 罰金以上の刑
4. 柔道整復の業務の不正行為

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 43 業務独占と名称独占の両方を有する資格はどれか。

1. 柔道整復師
2. はり師
3. 理学療法士
4. 医師

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 44 柔道整復師法で医師の同意が必要な施術はどれか。

1. 骨折・脱臼の応急処置
2. 骨折・脱臼の後療法
3. 打撲・捻挫の応急処置
4. 打撲・捻挫の後療法

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 45 柔道整復師の施術における医師の同意で誤っているのはどれか。

1. 同意は書面でも口頭でもよい。
2. 患者が医師から同意を得てもよい。
3. 同意は歯科医師でもよい。
4. 医師の診察は必要である。

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 46 柔道整復師法の施術所の構造設備基準で専用でなければならないと規定されているのはどれか。

1. 受付
2. 更衣室
3. 待合室
4.施術室

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 47 柔道整復師法で広告できないのはどれか。

1. 施術所の案内図
2. 各種保険取扱い
3. 予約施術の実施
4. 駐車場の有無

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 48 医療法に規定されていない施設はどれか。

1. 病院
2. 歯科医院
3. 助産所
4. 接骨院

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 49 柔道整復師が支給申請できないのはどれか。

1. 骨折
2. 脱臼
3. 挫傷
4. 肩こり

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

問題 50 柔道整復師療養費の受領委任(協定・契約)で正しいのはどれか。

1. 登録・承諾施術所以外でも請求ができる。
2. 柔道整復師は療養費の支給を保険者に申請することができる。
3. 患者の一部負担金は減免できる。
4. 施術録は施術完結日から1年間保存する。

 

 

 

 

 

 

 

答え.2