第25回柔道整復師過去問題 午後その1

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第25回柔道整復師過去問題 午後その1

 

 

問1

 

正しい組合せはどれか。

 

 

1.民事事件・・・行政庁の処分や決定に不服な者が救済を求める事件

 

2.民事訴訟・・・国家による訴追により審理する手続き

 

3.刑事事件・・・市民相互の紛争や利害の衝突に関する事件

 

4.刑事訴訟・・・犯罪を認定し刑罰を科するための手続き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問2

 

柔道整復師法で厚生労働大臣が業務の停止を命ずることができるのはどれか。

 

 

1.麻薬、大麻又はあへんの中毒者

 

2.科料の刑に処せられた者

 

3.免許証を紛失した者

 

4.免許証を破った者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問3

 

柔道整復師法施行規則で申請しなければならないのはどれか。2つ選べ。

 

 

1.名簿の登録の消除

 

2.名簿の訂正

 

3.免許証の再交付

 

4.免許証の書換え交付

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1・2

 

 

 

 

 

 

問4

 

柔道整復師法で指定試験機関が不正行為者にできるのはどれか。

 

 

1.試験を無効にする。

 

2.受験を停止させる。

 

3.期間を定めて試験を受けさせない。

 

4.受験手数料を返還する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問5

 

免許を取り消されたときの免許証の返納期日はどれか。

 

 

1.5日以内

 

2.7日以内

 

3.10日以内

 

4.30日以内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問6

 

柔道整復師法の施術所の開設・廃止で正しいのはどれか。

 

 

1.開設者は柔道整復師の免許を有していなければならない。

 

2.開設者の意志によらなければ廃止できない。

 

3.開設者は都道府県知事に届け出る。

 

4.構造設備の基準は条例で定める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問7

 

柔道整復師の施術所の構造設備基準で正しいのはどれか。

 

 

1.3.3平方メートル以上の専用の施術室を有すること。

 

2.5.5平方メートル以上の専用の機能訓練室を有すること。

 

3.6.6平方メートル以上の待合室を有すること。

 

4.施術に用いる器具、手指等の消毒設備を有すること。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問8

 

省令はどれか。

 

 

1.医療法

 

2.柔道整復師法

 

3.柔道整復師法施行規則

 

4.柔道整復師法施工令

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問9

 

法律上、応招義務があるのはどれか。

 

 

1.保健師

 

2.助産師

 

3.柔道整復師

 

4.救命救急士

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問10

 

法律上、マッサージを行うことができるのはどれか。2つ選べ。

 

 

1.看護師

 

2.理学療法士

 

3.柔道整復師

 

4.あん摩マッサージ指圧師

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2・4

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

問11

 

リハビリテーションの目的でないのはどれか。

 

 

1.病気の治癒

 

2.機能障害の軽減

 

3.復職

 

4.経済的自立

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問12

 

橈骨神経麻痺で用いる装具はどれか。

 

 

1.短対立装具

 

2.オッペンハイマー型装具

 

3.MP伸展補助装具

 

4.PIP伸展補助装具

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問13

 

国際生活機能分類(ICF)での活動はどれか。

 

 

1.書字困難

 

2.事務職就職困難

 

3.上肢麻痺

 

4.巧緻障害

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問14

 

日本リハビリテーション医学会および日本整形外科会が制定した関節可動域測定法で、右股関節の関節可動域を測定する際に右膝関節90度屈曲位で計測するのはどれか。

 

 

1.伸展

 

2.外転

 

3.内転

 

4.外旋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問15

 

下腿周径の測定で正しいのはどれか。

 

 

1.膝関節裂隙の遠位5で測定する。

 

2.膝関節裂隙の遠位10で測定する。

 

3.内果の近位20で測定する。

 

4.最大周径を測定する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問16

 

日常生活動作(ADL)でないのはどれか。

 

 

1.入浴

 

2.食事

 

3.会話

 

4.整容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問17

 

脳卒中片麻痺の回復をみるブルンストローム法で分離運動がみられてくるのはどれか。

 

 

1.ステージ2

 

2.ステージ3

 

3.ステージ4

 

4.ステージ5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問18

 

プール内に立位になった時の水深は胸の高さであった。浮力による体重軽減の割合はどれか。

 

 

1.約30%

 

2.約50%

 

3.約70%

 

4.約90%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問19

 

脳梗塞を6ヶ月前に発症し、現在、利き手の右手に重度の麻痺が残存している。食事動作訓練で正しいのはどれか。

 

 

1.麻痺が回復するまで右手の機能訓練を行う。

 

2.右手で自助具を用いて食事動作訓練を行う。

 

3.左手で食事動作訓練を行う。

 

4.介助で食事するように家族指導を行う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問20

 

PTB式免荷装具の適応はどれか。

 

 

1.変形性膝関節症

 

2.変形性足関節症

 

3.腓骨神経麻痺

 

4.脳梗塞後遺症

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問21

 

65歳の男性。2年前の高所からの転落で上部胸髄損傷で対麻痺がある。車いすでの日常生活は自立していたが、急に頭痛、顔面紅潮、発汗が出現した。注意するのはどれか。

 

 

1.膀胱への多量の尿の貯留

 

2.股関節などの異所性骨化

 

3.肺炎の有無

 

4.両下肢の筋緊張の亢進

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問22

 

意識障害でジャパン・コーマ・スケールの10はどれか。

 

 

1.開眼しているが自分の名前がいえない。

 

2.閉眼しているが呼びかけると開眼する。

 

3.痛み刺激を与えても全く反応せず閉眼したままである。

 

4.痛み刺激でも開眼しないが払いのけるような動作をする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問23

 

疾患と異常歩行の組合せで正しいのはどれか。

 

 

1.下肢の動脈硬化症・・・・・・・失調性歩行

 

2.筋ジストロフィー・・・・・・・間欠性跛行

 

3.パーキンソン(Parkinson)病・・・突進性歩行

 

4.脳梗塞・・・・・・・・・・・・アヒル歩行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問24

 

口腔粘膜の視診でコプリック斑がみられるのはどれか。

 

 

1.麻疹

 

2.猩紅熱

 

3.悪性貧血

 

4.ビタミンB2欠乏症

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問25

 

頚部正中付近に硬い腫瘤を触れるのはどれか。

 

 

1.甲状腺癌

 

2.バセドウ(Basedow)病

 

3.慢性甲状腺炎

 

4.悪性リンパ腫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問26

 

腹部に赤色の皮膚線条を認めるのはどれか。

 

 

1.妊娠

 

2.肝硬変

 

3.下大静脈血栓症

 

4.クッシング(Cushing)症候群

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問27

 

腹部の打診で腸管に空気が充満しているときに聴取されるのはどれか。

 

 

1.清音

 

2.濁音

 

3.鼓音

 

4.グル音

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問28

 

触診で正しいのはどれか。

 

 

1.三叉神経第3枝神経痛の圧痛点は上眼窩点である。

 

2.下腿の浮腫は脛骨部を指で押すと圧痕が生じる。

 

3.皮下の良性腫瘍では可動性が悪い。

 

4.皮膚の触診では始めに局所を触れる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問29

 

筋肉の診察・所見で正しいのはどれか。2つ選べ。

 

 

1.左右の同部位を比較する。

 

2.脊髄神経根症による筋萎縮は全身性に均一である。

 

3.小脳疾患では四肢の筋トーヌスが低下することが多い。

 

4.痙縮では他動的運動に際して最初から最後まで抵抗がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1・3

 

 

 

 

 

 

問30

 

正常な腹部所見はどれか。

 

 

1.反跳痛

 

2.板状硬

 

3.平坦軟

 

4.筋性防御

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問31

 

圧痛を伴うリンパ節腫脹を来すのはどれか。

 

 

1.悪性リンパ腫

 

2.リンパ性白血病

 

3.癌のリンパ節転移

 

4.化膿性リンパ節炎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問32

 

脈拍で正しいのはどれか。

 

 

1.貧血では徐脈となる。

 

2.大動脈弁閉鎖不全症では遅脈となる。

 

3.発熱時には速脈となる。

 

4.甲状腺機能低下症では頻脈となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問33

 

障害部位と障害される感覚の組み合わせで正しいのはどれか。

 

 

1.顔面神経――――顔面の触覚

 

2.後頭葉―――――2点識別覚

 

3.三叉神経――――味 覚

 

4.脊髄後索――――振動覚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問34

 

反射や筋トーヌス検査で誤っているのはどれか。

 

 

1.橈骨反射では前腕が回外する。

 

2.上腕二頭筋反射では肘関節が伸展する。

 

3.アキレス腱反射では足関節が底屈する。

 

4.足クローヌスでは足関節が底屈・背屈を繰り返す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問35

 

筋電図検査が診断に有用なのはどれか。

 

 

1.髄膜炎

 

2.くも膜下出血

 

3.筋萎縮性側索硬化症

 

4.アルツハイマー型認知症

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問36

 

潰瘍性大腸炎の症状で多いのはどれか。

 

 

1.嘔 吐

 

2.吐 血

 

3.便 秘

 

4.粘血便

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

問37

 

食道静脈瘤をきたす疾患はどれか。

 

 

1.膵 炎

 

2.肝硬変

 

3.胆石症

 

4.逆流性食道炎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問38

 

僧帽弁閉鎖不全症で正しいのはどれか。

 

 

1.心不全の原因となる

 

2.弁置換術は禁忌である。

 

3.聴診で拡張期雑音を聴取する。

 

4.先天性によるものが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問39

 

脊椎圧迫骨折を起こしやすいのはどれか。

 

 

1.血友病

 

2.多発性骨髄腫

 

3.慢性骨髄性白血病

 

4.特発性血小板減少性紫斑病

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問40

 

リウマチ熱と関連性が高いのはどれか。

 

 

1.関節破壊

 

2.蝶形紅斑

 

3.口腔内潰瘍

 

4.心臓弁膜症

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問41

 

腎・尿路疾患で正しいのはどれか。2つ選べ。

 

 

1.腎不全では血漿交換が必要となる。

 

2.前立腺肥大では尿意切迫感を訴えることがある。

 

3.尿路結石では下腹部痛を突然発症することが多い。

 

4.単純性膀胱炎の原因菌は表皮ブドウ球菌が多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2・3

 

 

 

 

 

 

問42

 

70歳の女性。5日前から右背部に違和感があり。今朝から火照るような痛みになった。衣服を着替える時に、右胸から側胸部を通って背中まで身体の右半周に赤い発疹と水疱が出ていることに気付いた。考えられる疾患はどれか。

 

 

1.肝硬変

 

2.帯状疱疹

 

3.単純性疱疹

 

4.全身性エリテマトーデス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問43

 

78歳の男性。高血圧を指摘されていた。脳出血を発症し、3か月のリハビリテーション後に在宅療養を開始した。右上下肢の完全麻痺を呈している。正しい組み合わせはどれか。

 

 

1.バビンスキー反射―――――母趾は足底側に屈曲

 

2.右上肢の姿勢―――――――バレー肢位

 

3.画像所見―――――――――右大脳半球に病変

 

4.再発予防―――――――――血圧の管理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問44

 

感染症で誤っているのはどれか。

 

 

1.猫咬傷では一次縫合を行う。

 

2.肺アスペルギルス症では菌球形成が診られる。

 

3.破傷風による感染では開口障害が診られる。

 

4.心筋のIVHカテーテル感染では抗真菌薬の全身投与を行う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問45

 

消毒と滅菌で正しいのはどれか。

 

 

1.皮膚消毒は一時的フローラの消毒を行う。

 

2.粘膜消毒に消毒用エタノールを用いる。

 

3.高圧蒸気滅菌は金属の消毒ができない。

 

4.酸化エチレンガス滅菌は熱に弱い素材に使用しない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問46

 

移植で正しいのはどれか。

 

 

1.改正臓器移植法では15歳未満の脳死判定は行わない。

 

2.移植臓器の生着には主要組織適合抗原は関係しない。

 

3.臓器保存可能時間は各臓器とも一定である。

 

4.免疫抑制剤の副作用として二次発癌がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問47

 

けいれんで誤っているのはどれか。

 

 

1.脳腫瘍は症候性てんかんの原因となる。

 

2.一部の筋肉にとどまるものは部分発作という。

 

3.間代性けいれんでは手足を強直させる。

 

4.一部の筋肉に始まり全身に広がる場合を二次性全般化という。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問48

 

輸血の副作用と症状の組み合わせで正しいのはどれか。

 

 

1.空気塞栓――――――乏 尿

 

2.不適合輸血―――――血圧低下

 

3.クエン酸中毒――――発 熱

 

4.ウイルス感染――――けいれん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問49

 

結紮縫合法で正しいのはどれか。

 

 

1.女結びは男結びより緩みにくい。

 

2.体幹部は顔面より抜糸時期が早い。

 

3.糸の周囲に炎症が及ぶときは早めに抜糸する。

 

4.人工血管吻合に吸収性縫合糸を用いる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問50

 

脊髄くも膜下麻酔で正しいのはどれか。

 

 

1.多くは胸椎で穿刺する。

 

2.上腹部の手術で使用する。

 

3.サドルブロックは側臥位で行う。

 

4.脳脊髄液が漏れると頭痛が起こる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問51

 

心肺蘇生で誤っている組み合わせはどれか。

 

 

1.ハイムリック法―――――――異物除去法

 

2.心臓マッサージの部位――――胸骨の上半分

 

3.AED――――――――――――-自動体外式除細動器

 

4.蘇生着手――――――――――胸骨圧迫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問52

 

頭部打撲で救急搬入時、随意運動なく四肢伸展を認めた。Glasgow Coma Scale(GCS)のうち運動機能の判定で正しいのはどれか。

 

 

1.M1

 

2.M2

 

3.M3

 

4.M4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問53

 

高所からの転落による右第5〜8肋骨の連続多発骨折で奇異呼吸を認める。
誤っているのはどれか。

 

 

1.骨折部胸壁は吸気時に膨隆する。

 

2.縦隔は吸気・呼気で左右に動揺する。

 

3.人工呼吸の陽圧換気が有効である。

 

4.弾性包帯固定で胸郭を補強する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問54

 

70歳の男性。40km/時で乗用車を運転中、前方からの軽自動車のはみ出し走行により正面衝突し、ハンドルで前胸部を強打した。救急搬入時、前胸部痛、頻脈、血圧低下を認めた。最も損傷の可能性が高い臓器はどれか。

 

 

1.大動脈

 

2.肺静脈

 

3.横隔膜

 

4.肝 臓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問55

 

徒手筋力テストで正しいのはどれか。

 

 

1.重力を除けば全可動域で動くのは5である。

 

2.関節は動かず筋電図上で筋収縮も認められなければ1である。

 

3.重錘を用いて計測する。

 

4.片足でのつま先立ちが1回から9回まで可能な時は3である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問56

 

骨形成不全症でみられないのはどれか。

 

 

1.青色強膜

 

2.水頭症

 

3.難 聴

 

4.大腿骨弯曲変形

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問57

 

神経疾患の所見で正しい組み合わせはどれか。

 

 

1.脊髄空洞症―――――――――解離性感覚障害

 

2.ポリオ―――――――――――腱反射亢進

 

3.筋萎縮性側索硬化症―――――感覚障害

 

4.神経性進行性筋萎縮症――――内反足

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問58

 

化膿性骨髄炎について誤っているのはどれか。

 

 

1.感染経路に骨付着の化膿創からの波及がある。

 

2.初発時から骨膜反応を認める。

 

3.化膿巣の周囲は骨柩を形成する。

 

4.成人では基礎疾患として糖尿病がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問59

 

関節リウマチの脱臼・変形でないのはどれか。

 

 

1.肘関節の内反変形

 

2.尺骨頭の背側亜脱臼

 

3.股関節の中心性脱臼

 

4.外反母趾変形

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問60

 

変形性膝関節症にみられないのはどれか。

 

 

1.運動開始時の痛み

 

2.大腿四頭筋萎縮

 

3.関節液混濁

 

4.骨棘形成

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

関連ページ

第25回柔道整復師過去問題 午前その1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第25回の国家試験過去問題を記載しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
第25回柔道整復師過去問題 午前その2
柔道整復師の国家試験過去問題です。第25回の国家試験過去問題を記載しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
第25回柔道整復師過去問題 午後その2
柔道整復師の国家試験過去問題です。第25回の国家試験過去問題を記載しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。