第25回柔道整復師過去問題 午後その2

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第25回柔道整復師過去問題 午後その2

 

 

問61

 

骨腫瘍の単純エックス線所見で誤っている組み合わせはどれか。

 

 

1.線維性骨異形成・・・・・・・羊飼いの杖変形

 

2.ユーイング肉腫・・・・・・・玉ねぎ様骨膜反応

 

3.多発性骨髄腫・・・・・・・・打ち抜き像

 

4.骨巨細胞腫・・・・・・・・・スリガラス状透明像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問62

 

第4・第5腰椎椎間板の突出型ヘルニアの臨床所見で正しいのはどれか。

 

 

1.FNSテスト陽性

 

2.足関節クローヌス陽性

 

3.下腿内側の感覚障害

 

4.長母趾伸筋筋力低下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問63

 

分娩麻痺で正しいのはどれか。

 

 

1.腕神経叢損傷である。

 

2.下位型ではWaiters tip Positionが定型的な肢位である。

 

3.自然回復することはない。

 

4.節後損傷では手術による神経修復は期待できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問64

 

アキレス腱周囲炎の所見で誤っているのはどれか。

 

 

1.背屈制限が存在する。

 

2.背屈するとアキレス腱部に礫音が生じる。

 

3.アキレス腱の付着部に圧痛と腫脹が存在する

 

4.足部は回内変形している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問65

 

63歳の女性。特に誘因なく3週前から腰痛が出現したため受診した。単純エックス線写真で第1腰椎の圧迫骨折を認め、骨密度を計測したところ、T値(若年成人の平均値:YAM値)に対する比率は74%であった。誤っているのはどれか。

 

 

1.定期的な骨密度の測定を行う。

 

2.骨密度の数値から骨粗鬆症と診断する。

 

3.適度な運動を指導する。

 

4.選択的エストロゲン受容体調整薬の適応となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問66

 

タナ障害が発生しやすいのはどれか。

 

 

1.膝蓋上滑膜ヒダ

 

2.膝蓋下滑膜ヒダ

 

3.膝蓋内側滑膜ヒダ

 

4.膝蓋外側滑膜ヒダ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問67

 

ベネット(Bennett)損傷でみられないのはどれか。

 

 

1.肩関節の外旋可動域が減少する。

 

2.肩関節の外転・外旋で疼痛を生じる。

 

3.肩関節後方に圧痛がある。

 

4.投球時のコッキング期に疼痛を訴える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問68

 

疲労骨折で正しいのはどれか。

 

 

1.主症状は患部の疼痛である。

 

2.病的状態が基盤に存在する。

 

3.1回の外力でも発生し得る。

 

4.上肢骨の発生頻度が高い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問69

 

骨損傷における急性塑性変形で正しいのはどれか。

 

 

1.小児の長管骨にみられる。

 

2.骨挫傷が原因である。

 

3.骨軸に平行な骨折線を認める。

 

4.骨の海綿質部分に発生する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問70

 

骨折の治癒機序で正しいのはどれか。

 

 

1.軟骨内骨化 → 血腫形成  → 結合織内骨化 → リモデリング

 

2.血腫形成  → 結合織内骨化 → 軟骨内骨化 → リモデリング

 

3.結合織内骨化 → 軟骨内骨化  → 血腫形成 → リモデリング

 

4.血腫形成 → 軟骨内骨化  → 結合織内骨化 → リモデリング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

問71

 

脱臼で誤っている組み合わせはどれか。

 

 

1.肩鎖関節上方脱臼・・・・・・肩鎖靱帯損傷

 

2.肩関節烏口下脱臼・・・・・・バンカート損傷

 

3.肘関節後方脱臼・・・・・・・関節包後面断裂

 

4.示指MP関節脱臼・・・・・・・掌側版断裂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問72

 

誤っている組み合わせはどれか。

 

 

1.手根管症候群・・・・・・・・・・・正中神経

 

2.肘部管症候群・・・・・・・・・・・尺骨神経

 

3.円回内筋症候群・・・・・・・・・・橈骨神経

 

4.ギヨン(Guyon)管症候群・・・・・・尺骨神経

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問73

 

初期評価でないのはどれか。

 

 

1.業務範囲であるかどうかの判断

 

2.患者が自己管理するための助言

 

3.クリティカルパスに沿った説明

 

4.治癒に至る治療プログラムの設定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問74

 

受傷1週間以内に行う指導管理で正しい組み合わせはどれか。

 

 

1.上腕骨顆上骨折・・・・・・疼痛増強時には患部を十分冷却させる。

 

2.橈骨遠位端骨折・・・・・・手指の自動運動を積極的に行わせる。

 

3.アキレス腱断裂・・・・・・固定状態での患肢荷重訓練をさせる。

 

4.前距腓靱帯損傷・・・・・・就寝時に踵部を床に接地させる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問75

 

胸腰椎移行部圧迫骨折で誤っているのはどれか。

 

 

1.脊柱屈曲位でしりもちをつき発生する。

 

2.受傷椎高位に一致する帯状痛がみられる。

 

3.腹部膨満感を訴える。

 

4.脊髄損傷を合併しやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問76

 

セイヤー絆創膏固定法で正しいのはどれか。

 

 

1.第T帯は患肢を挙上させて下方転位を防止する。

 

2.第U帯は肩を外方に引き鎖骨の短縮転位を防止する。

 

3.第V帯は前腕の重量で骨折部に圧迫力を加える。

 

4.第W帯は上腕を固定し患部の動揺性を防止する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問77

 

介達外力によって発生する肩甲骨骨折の部位はどれか。

 

 

1.関節窩

 

2.体部

 

3.肩峰

 

4.下角

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問78

 

肩関節前方脱臼に合併する上腕骨の陥没部位で正しいのはどれか。

 

 

1.前内方

 

2.前外方

 

3.後内方

 

4.後外方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問79

 

患者をベッド上で腹臥位とし、患側上肢をベッドの端から下垂させ、重りをつけて牽引し自然整復させる肩関節前方脱臼の整復法はどれか。

 

 

1.スティムソン法

 

2.ヒポクラテス法

 

3.ミルヒ法

 

4.モーテ法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問80

 

上腕骨骨幹部三角筋付着部より遠位部の骨折で正しいのはどれか。

 

 

1.近位骨片・・・・・・内方転位

 

2.遠位骨片・・・・・・外上方転位

 

3.近位骨片・・・・・・前外方転位

 

4.遠位骨片・・・・・・後下方転位

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問81

 

ソルター・ハリス分類で上腕骨外顆骨折が該当するのはどれか。

 

 

1.T型

 

2.U型

 

3.V型

 

4.IV型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問82

 

橈骨近位端骨折に合併しにくいのはどれか。

 

 

1.上腕骨内顆骨折

 

2.上腕骨小頭骨折

 

3.肘頭骨折

 

4.前腕両骨後方脱臼

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問83

 

正しい組み合わせはどれか。

 

 

1.尺骨骨幹部骨折・・・・・過外反肘形成

 

2.橈骨遠位端骨折・・・・・過内反肘形成

 

3.中手骨頚部骨折・・・・・ナックルパート変化

 

4.末節骨骨折・・・・・・・ロッキングフィンガー変化

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問84

 

第3中手骨長軸に沿った軸圧痛をみるのはどれか。

 

 

1.月状骨骨折

 

2.三角骨骨折

 

3.小菱形骨骨折

 

4.有鉤骨鉤骨折

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問85

 

骨片転位で正しい組み合わせはどれか。

 

 

1.肩甲骨上角骨折・・・・上内方

 

2.上腕骨内顆骨折・・・・後上方

 

3.腸骨翼単独骨折・・・・下後方

 

4.脛骨外顆骨折・・・・・上前方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問86

 

下肢骨折で正しい組み合わせはどれか。

 

 

1.下腿骨三果部骨折・・・・・コットン(Cotton)骨折

 

2.膝蓋骨骨折・・・・・・・・マルゲーニュ(Malgaigne)骨折

 

3.脛骨粗面裂離骨折・・・・・ジョーンズ(Jones)骨折

 

4.脛骨骨幹部骨折・・・・・・ポット(Pott)骨折

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問87

 

裂離骨折で正しい組み合わせはどれか。

 

 

1.恥骨下枝・・・・・仙結節靱帯

 

2.腓骨頭・・・・・・短腓骨筋

 

3.脛骨内果・・・・・三角靱帯

 

4.踵骨・・・・・・・後脛骨筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問88

 

下肢骨折で正しい組み合わせはどれか。

 

 

1.大腿骨大転子骨折・・・・・・・・・・ルドロフ症候

 

2.大腿骨内側側副靱帯付着部骨折・・・・内反ストレステスト陽性

 

3.脛骨顆間隆起骨折・・・・・・・・・・前方引き出しテスト陽性

 

4.中間楔状骨骨折・・・・・・・・・・・ナウマン症候

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問89

 

股関節脱臼で誤っているのはどれか。

 

 

1.介達外力により発生することが多い。

 

2.後方脱臼が大半を占める。

 

3.大腿骨頭靱帯の断裂がみられる。

 

4.寛骨臼縁の骨折を伴うものを中心性脱臼という。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問90

 

外傷性膝関節脱臼で正しいのはどれか。

 

 

1.後方脱臼がもっとも多く発生する。

 

2.ダッシュボード損傷で前方脱臼が発生する。

 

3.膝側副靱帯損傷を合併することはない。

 

4.足背動脈の拍動の消失・減弱に注意する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

問91

 

脱臼と症状の組合せで誤っているのはどれか。

 

 

1.膝関節前方脱臼―――――――膝関節伸展位

 

2.ショパール関節外側脱臼―――内反足様変形

 

3.リスフラン関節背側脱臼―――尖足位変形

 

4.第1趾背側脱臼――――――Z字型変形

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問92

 

外傷性顎関節捻挫と鑑別を要する顎関節症はどれか。

 

 

1.T型

 

2.U型

 

3.V型

 

4.W型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問93

 

肋間筋損傷の特徴的な所見はどこか。

 

 

1.介達痛

 

2.腫 脹

 

3.内出血

 

4.運動痛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問94

 

胸骨骨折で多いのはどれか。

 

 

1.縦骨折

 

2.横骨折

 

3.斜骨折

 

4.複合骨折

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問95

 

関連痛で正しい組合せはどれか。

 

 

1.上腕骨外側上顆炎――――――示指伸筋

 

2.上腕骨内側上顆炎――――――尺側手根屈筋

 

3.ステナー損傷――――――――母指対立筋

 

4.ばね指―――――――――――短母指屈筋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問96

 

成人で発症するのはどれか。

 

 

1.パンナー(Panner)病

 

2.キーンベック(Kienbock)病

 

3.フライバーグ(Freiberg)病

 

4.セーバー(Sever)病

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問97

 

非外傷性腓骨筋腱脱臼で誤っているのはどれか。

 

 

1.足関節の内返しで発生する。

 

2.長腓骨筋腱が外果の前方へ移動する。

 

3.上腓骨筋支帯の欠損がある。

 

4.腓骨筋腱溝の形成不全がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

問98

 

足関節内返し強制による前距腓靭帯損傷で正しいのはどれか。

 

 

1.疼痛や腫脹の程度と損傷程度は比例する。

 

2.足関節底屈位に比べ足関節直角位での内反強制で疼痛が増強する。

 

3.外果と第5中足骨基部を結ぶ線の中点から2横指前方に圧痛がみられる。

 

4.重症例では距骨の前方引き出し症状が見られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問99

 

下腿骨疲労骨折で難治なのはどれか。

 

 

1.a

 

2.b

 

3.c

 

4.d

 

 

柔道整復師第25回国家試験問題過去問

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問100

 

ラウゲ・ハンセン分類で誤っているのはどれか。

 

 

1.回内・外転損傷

 

2.回外・内転損傷

 

3.回内・外旋損傷

 

4.回外・内旋損傷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問101

 

30歳の男性。災害現場で意識なく倒れているところを発見された。顔面蒼白、冷汗、脈拍減弱を認めた。搬送に備え、とるべき適切な体位はどれか。

 

 

1.a

 

2.b

 

3.c

 

4.d

 

 

柔道整復師第25回国家試験問題過去問

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問102

 

75歳の女性。自宅の庭で転倒し受傷した。来所時左肩周辺の疼痛を訴え、上肢の挙上不能であった。なお、骨粗鬆症により円背がみられる。単純エックス線写真(別冊No.1)を別に示す。治療方針で適切なのはどれか。2つ選べ。

 

 

1.積極的に徒手整復を行う。

 

2.4週間程度は患肢を体幹に固定する。

 

3.ハンギングキャストの適応となる。

 

4.固定除去後はコッドマン体操が有効である。

 

 

柔道整復師第25回国家試験問題過去問

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1・4

 

 

 

 

 

 

 

問103

 

45歳の男性。2か月前に右手を衝き転倒した。前腕部の脱臼骨折に対してギプス固定にて加療された。その後、痛みや感覚の障害はないが、指が伸びないと来所した。MP関節は伸展できないが、手関節は背屈可能であった。考えられるのはどれか。

 

 

1.円回内筋による前骨間神経障害

 

2.尺骨神経障害による鷲手変形

 

3.ギプスによる手指屈曲拘縮

 

4.橈骨頭による後骨間神経障害

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

問104

 

21歳の男性。1か月前から投球時右肩部に痛みが出現するため来所した。同部にわずかな熱感が見られ、肩関節自動運動に制限はみられないが、挙上時や外転外旋運動時に疼痛と引っかかり感が出現した。考えられるのはどれか。2つ選べ。

 

 

1.SLAP損傷

 

2.肩甲上神経麻痺

 

3.石灰沈着性肩関節周囲炎

 

4.肩峰下インピンジメント症候群

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1・4

 

 

 

 

 

 

 

問105

 

45歳の男性。右前腕掌側近位に急激な疼痛が出現し、その3日後から母指と示指が曲がりにくいとの主訴で来所した。母指と示指でマルを作る動作を指示したところ、図のような障害を呈した。考えられるのはどれか。

 

 

1.母指球筋の萎縮

 

2.方形回内筋の麻痺

 

3.示指末節部の感覚異常

 

4.背側骨間筋の萎縮

 

 

柔道整復師第25回国家試験問題過去問

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問106

 

16歳の男子。高校の野球部に所属している。7歳の時、ジャングルジムから転落し左肘骨折の既往歴がある。肘関節の屈曲で肘内側部から前腕尺側にかけてしびれがあり、握力も低下してきたため来所した。患肢は外反肘変形を呈している。考えられる所見はどれか。

 

 

1.母指球筋の萎縮

 

2.フローマン徴候陽性

 

3.下垂手

 

4.示指・中指末節の感覚異常

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問107

 

40歳の女性。3か月前からマラソン大会に向けランニングを始めた。1週間前からランニング中に右膝関節部に疼痛を感じるようになった。特に腫脹はみられず、図のように大腿骨外顆やや近位を圧迫しながら膝関節を伸展させると疼痛が誘発された。考えらえるのはどれか。

 

 

1.ジャンパー膝

 

2.腸脛靱帯炎

 

3.半月板損傷

 

4.膝外側側副靭帯損傷

 

柔道整復師第25回国家試験問題過去問

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

問108

 

25歳の男性。1か月前にバスケットボール中に左膝を打撲した後、膝蓋骨上外側部の圧痛と運動中や運動後の鈍痛で来所した。単純エックス線写真(別冊No.2)を別に示す。膝の腫脹や安静時痛、骨偏位や不安感(apprehension)はなく踵殿距離も左右差はなかった。考えられるのはどれか。

 

 

1.膝蓋骨脱臼

 

2.膝蓋骨骨折

 

3.分裂膝蓋骨

 

4.膝蓋腱靱帯炎

 

 

柔道整復師第25回国家試験問題過去問

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問109

 

35歳の男性。テニスの試合中、下腿部に激痛を覚え、その後歩行困難となり来所した。損傷部位に圧痛を認め、陥凹を触知した。足関節自動的底屈時に損傷部に疼痛を訴え、下腿三頭筋を把握した際、足関節は底屈した。健常者の下腿の写真(別冊No.3)を別に示す。考えらえる損傷部はどれか。

 

 

1.a

 

2.b

 

3.c

 

4.d

 

柔道整復師第25回国家試験問題過去問

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

問110

 

22歳の男性。1週前、サッカーの練習で右足によるインステップキックを行った際、右足関節後方部に痛みを感じ練習を中止した。練習の中止で疼痛が軽減し、練習の再開で同部の疼痛が再発し来所した。現在、足関節後部の圧痛と他動的な足関節の底屈強制で同部に疼痛が再発する。疑われるのはどれか。

 

 

1.足根洞症候群

 

2.有痛性外脛骨

 

3.二分靱帯損傷

 

4.有痛性三角骨

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

スポンサーリンク

関連ページ

第25回柔道整復師過去問題 午前その1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第25回の国家試験過去問題を記載しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
第25回柔道整復師過去問題 午前その2
柔道整復師の国家試験過去問題です。第25回の国家試験過去問題を記載しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
第25回柔道整復師過去問題 午後その1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第25回の国家試験過去問題を記載しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。