第7回柔道整復師国家試験過去問題

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

スポンサーリンク

第7回柔道整復師過去問題|いつでもサクッと復習記事一覧

1 内胚葉から発生する細胞はどれか。1. 神経細胞2. 脂肪細胞3. 軟骨細胞4. 肝細胞42 胸郭上口を構成しないのはどれか。1. 胸骨柄2. 鎖 骨3. 第1肋骨4. 第1胸椎23 大結節があるのはどれか。1. 肩甲骨2. 上腕骨3. 大腿骨4. 脛 骨24 尺骨粗面に停止する筋はどれか。1. 三角筋2. 上腕二頭筋3. 烏口腕筋4. 上腕筋45 足関節の屈筋支帯の内側を通過しないのはどれか。...

51 骨芽細胞について誤っているのはどれか。1. 中胚葉由来である2. コラーゲンを析出する3. 骨細胞になる4. エストロゲンによって活動が抑制される452 静止膜電位について誤っているのはどれか。1. 負の電位である2. カリウム平衡電位に近い3. 細胞外液のカリウム濃度減少によって0に近づく4. ナトリウムポンプの停止によって5に近づく353 誤っているのはどれか。1. 心筋の興奮持続時間は...

1 健常人の打診上で濁音を認めないのはどれか。1. 肺 野2. 肝 臓3. 心 臓4. 大腿部12 パーキンソン病にみられる歩行異常はどれか。1. 間欠性跛行2. 失調性歩行3. はさみ状歩行4. 突進歩行43 振戦について正しいのはどれか。1. 一部の筋肉の突発的なすばやい収縮2. ゆっくりとした持続性の虫がはうような動き3. 律動的な不随意運動4. 筋束に生じる不規則なれん縮34 痴呆について...

51 屈曲転位はどれか。152 無腐性骨壊死を起こすのはどれか。453 骨の癒合に不利な条件の骨折はどれか。1. 関節包内骨折2. 骨膜下骨折3. 噛合骨折4. 螺旋状骨折154 骨癒合に長期間を要する部位はどれか。1. 鎖骨中外1/3境界部2. 肋骨中1/3部3. 上腕骨外科頚部4. 前腕骨骨幹部455 誤っている組合せはどれか。1. 無褥ギプス ――― 下敷きを厚くしたもの2. 有窓ギプス ―...