外科学13

問題 46
外科的感染症で正しいのはどれか。
 
1. ガス壊疽では痛みを伴わない。
2. 挫滅創は切創に比べて感染しやすい。.
3. 抗菌薬を全身投与すれば感染は生じない。
4. 破傷風トキソイドの接種歴があれば破傷風に罹患しない。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

問題 47
悪性腫瘍の病期分類を構成する因子で誤っているのはどれか。
I. 癌性疼痛の有無
2. 遠隔転移の有無
3. 原発腫瘍の広がり
4. 所属リンパ節転移の有無

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

問題 48
ショックの原因と病態の組合せで正しいのはどれか。
 
1. 緊張性気胸 — 閉塞性
2. アナフィラキシー — 心原性
3. 敗血症 — 循環血液量減少性
4. 重度下痢 — 血液分布異常性

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

問題 49
新鮮凍結血漿の適応はどれか。
 
1. 失血
2. 肺水腫
3. 低栄養
4. 肝不全

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

問題 50
消毒あるいは滅菌の説明で誤っているのはどれか。
 
1. 消毒薬自体が汚染されることがある。
2. アルコールは皮膚の消毒に使用できる。
3. 高圧蒸気は光学機器の滅菌に有用である。
4. 滅菌はすべての微生物を死滅させることである。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

問題 51
根治的手術はどれか。
 
1. 幽門狭窄に対する胃腸吻合術
2. 鼠径ヘルニアに対する修復術
3. 脳圧亢進に対するシャント術
4. 直腸癌に対する人工肛門造設術

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

問題 52
全身麻酔前投薬の目的で誤っているのはどれか。
 
1. 不安除去
2. 気道分泌抑制」
3. 胃内容誤嚥予防
4. 深部静脈血栓予防

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

問題 53
移植で使用されない臓器はどれか。
 
1. 小 腸
2. 副 腎
3. 腎 臓
4. 肝 臓

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

問題 54
ジャパン・コーマスケールⅢ-100の状態で正しいのはどれか。
 
1. 見当識障害がある。
2. 普通の呼びかけで容易に開眼する。
3. 痛み刺激に対し払いのける動作をする。
4. 痛み刺激に反応しない。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

問題 55
胸腔ドレナージを直ちに必要とするのはどれか。
 
1. 膿 胸
2. 縦隔気腫
3. 肋骨骨折
4. 緊張性気胸

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

問題 56
23歳の男性。バイクを運転中に転倒し、救急車にて搬入された。CT検査で後腹膜腔に多量の血腫を認めた。 損傷を受けている臓器はどれか。
 
1. 小 腸
2. 肝 臓
3. 膵 臓
4. 脾 臓

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3