外科学12

 

44 感染とその原因菌との組合せで正しいのはどれか。

 

1 IVHのカテーテル感染—-アスペルギウス
2 化膿性骨髄炎———–ブドウ球菌
3 丹毒——————-ウェルシュ菌
4 ガス壊疽—————溶血性連鎖球菌

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

45 癌腫と比較した肉腫の特徴で正しい組合せはどれか。

 

1 年齢——若年者
2 頻度——多い
3 発育速度–遅い
4 予後——良い

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

46 滅菌効果があるのはどれか。

 

1 アルコール
2 酸化エチレンガス
3 クロルヘキシジン
4 次亜塩素酸ナトリウム

 

 

 

 

 

 

2
/

 

 

 

 

 

47 基本的外科手技で正しいのはどれか。

 

1 男結びより女結びの方が緩みにくい。
2 抜糸の時期は顔面の方が体幹部より早い。
3 糸の周囲に炎症が及ぶときは抜糸を遅らせる。
4 皮下膿瘍の切開はランゲル皮膚割線に垂直に行う。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

48 麻酔で正しいのはどれか。

 

1 腰椎穿刺後の頭痛は座位で悪化する。
2 悪性高熱症は麻酔終了後に発生する。
3 硬膜外麻酔では筋弛緩薬を併用する。
4 ラリンジアルマスクでは誤嚥性肺炎を予防することができる。

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

49 一卵性双生児間の臓器移植はどれか。

 

1 自家移植
2 同系移植
3 異系移植
4 異種移植

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

50 出血時の一次止血に関与するのはどれか。

 

1 白血球
2 赤血球
3 血小板
4 フィブリン

 

 

 

 

 

 

3
/

 

 

 

 

 

51 60歳の男性。突然の激しい頭痛で来院した。

 

最も考えられる疾患はどれか。
1 脳梗塞
2 脳腫瘍
3 てんかん
4 くも膜下出血

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

52 腰髄損傷に起こる症状で誤っているのはどれか。

 

1 呼吸障害
2 歩行障害
3 膀胱障害
4 直腸障害

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

53 シートベルトを着用しないで運転中、交通事故が発生し搬入された。緊急CT検査で後腹膜腔に多量の血腫を認めた。損傷を受けている臓器はどれか。

 

1 小腸
2 肝臓
3 膵臓
4 脾臓

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

54 25歳の男性。バイク運転中に転倒し救急外来に搬入された。来院時上腹部痛を訴えた。施行した立位胸部エックス線写真を別に示す。所見として正しいのはどれか。
23回柔道整復師過去問題

 

1 心拡大
2 胸水貯留
3 横隔膜ヘルニア
4 腹腔内遊離ガス

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

問44 

 

 

熱傷で正しいのはどれか。

 

 

 

1 乳幼児の熱傷範囲の診断に9の法則を用いる。

 

2 Ⅲ度熱傷で強い痛みを感じる。

 

3 気道熱傷を合併した場合は重症に分類される。

 

4 広範囲熱傷患者では胃粘膜障害は発生しにくい。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問45 

 

 

蜂窩織炎で正しいのはどれか。

 

 

 

1 発赤を伴わない腫脹がある。

 

2 原因として真菌感染が多い。

 

3 びまん性化膿性炎症である。

 

4 治療は切開排膿が基本となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問46 

 

 

犬に手の甲を約2㎝長咬まれた。適切でない処置はどれか。

 

 

 

1 生理食塩水での洗浄

 

2 デブリドマン

 

3 一次縫合

 

4 抗菌薬投与

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問47 

 

 

輸血の副作用で正しいのはどれか。

 

 

 

1 滴下速度と無関係に発生する。

 

2 移植片対宿主反応(GVHD)がある。

 

3 発疹は出現すると長時間持続する。

 

4 腎不全は不適合輸血直後に起こる。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問48 

 

 

麻酔で誤っているのはどれか。

 

 

 

1 胃液の誤嚥による肺炎をメンデルソン症候群という。

 

2 悪性高熱症ではアルカローシスを起こす。

 

3 筋弛緩薬使用時は呼吸管理が必要である。

 

4 前投薬の目的の一つに気道分泌の抑制がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問49 

 

 

対処法で誤っている組合せはどれか。

 

 

 

1 喀血——-気管支動脈カテーテル塞栓術

 

2 鼻出血—–ベロックのタンポン法

 

3 出血性胃潰瘍—–内視鏡的止血術

 

4 心タンポナーデ—冠動脈ステント留置

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問50 

 

 

循環血液量減少性ショックをきたしうる病態はどれか。

 

 

 

1 熱傷

 

2 急性心筋梗塞

 

3 敗血症

 

4 緊張性気胸

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問51 

 

 

心臓マッサージで正しいのはどれか。

 

 

 

1 肘はまっすぐに伸ばして圧迫する。

 

2 両手は重ねず広く圧迫する。

 

3 心窩部を強く速く圧迫する。

 

4 1分間に80回圧迫する。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問52 

 

 

胸部外傷で正しいのはどれか。

 

 

 

1 肋骨骨折の好発部位は第1~3肋骨である。

 

2 緊張性気胸の治療は酸素療法である。

 

3 第5~8肋骨の連続性多発骨折で胸郭動揺を起こしやすい。

 

4 内開放性気胸では膿胸を起こしやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問53 

 

 

腹部外傷で正しいのはどれか。

 

 

 

1 鋭的外傷の多くは交通事故が原因である。

 

2 脾損傷の治療に血管塞栓術がある。

 

3 肝損傷で腹腔内フリーエアーがみられる。

 

4 腹部交通外傷では単発外傷のことが多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問54 

 

 

16歳男子。柔道練習中、畳に激しく頭をぶつけて10秒間の意識消失を起こした。1時間後には神経症状もなく、頭痛もなかった。正しいのはどれか。

 

 

 

1 2度脳しんとうに相当する。

 

2 意識が改善すれば神経学的検査は必要ない。

 

3 翌日の練習を許可する。

 

4 セカンドインパクトシンドロームに注意する。

 

 

 

 

 

 

 

 

答え.4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。