第20回【必須】柔道整復師国家試験過去問題

MEMO
第20回柔道整復師国家試験必須問題
 
1 細胞小器官でないのはどれか。
 
1 ゴルジ装置
2 ヘモグロビン
3 粗面小胞体
4 リソソーム
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2 骨に存在しないのはどれか。
 
1 シャーピー線維
2 ディッセ腔
3 ハバース層
4 フォルクマン管
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3 関節円板があるのはどれか。
 
1 顎関節
2 肩関節
3 股関節
4 膝関節
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4脊髄で運動神経細胞が存在するのはどれか。
 
1 前角
2 側角
3 側索
4 後索
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
5 アミノ酸で構成されるのはどれか。
 
1 トリグリセリド
2 リン脂質
3 蛋白質
4 多糖類
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6 循環器で誤っているのはどれか。
 
1 右心室より左心室では酸素分圧が高い。
2 左心室より右心室では二酸化炭素分圧が高い。
3 肺循環で酸素分圧は高くなる。
4 体循環で二酸化炭素分圧は低くなる。
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
7 ビタミンDが消化管での吸収に関与するのはどれか。
 
1 カルシウム
2 鉄
3 銅
4 マグネシウム
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
8 筋収縮で筋の全長が一定なのはどれか。
 
1 遠心性収縮
2 静止性収縮
3 等張性収縮
4 相動性収縮
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
9 原因と疾患との組合せで誤っているのはどれか。
 
1 土壌汚染———アザラシ肢症
2 水質汚染———イタイイタイ病
3 大気汚染———慢性気管支炎
4 放射線被爆——-白血球減少症
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 10 WHOの健康の定義は「健康は( )にも( )にも( )にも調和がとれた良好な状態をいい、単に病気がないとか病弱でないということではない。」である。( )にあてはまらないのはどれか。
 
1 身体的
2 精神的
3 社会的
4 宗教的
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 11 柔道整復師法の目的で正しいのはどれか。
 
1 業務が適切に運用されること。
2 医療を適切に普及すること。
3 公衆衛生の向上に寄与すること。
4 矯正訓練を普及すること。
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12 前腕支持部がある歩行補助具はどれか。
 
1 T字つえ
2 4脚つえ
3 ロフストランドつえ
4 松葉づえ
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 13 胸水で聴取される打診音はどれか。
 
1 清音
2 濁音
3 鼓音
4 過共鳴音
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
 
 14 黄疸が出現しやすい部位はどれか。
 
1 眼球
2 舌
3 爪
4 毛髪
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
15 ショックの症状はどれか。
 
1 顔面紅潮
2 興奮
3 冷汗
4 多尿
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16 腰椎椎間板ヘルニアの所見で誤っているのはどれか。
 
1 下肢の筋力低下
2 下肢の感覚低下
3 膀胱直腸障害
4 下肢深部腱反射の亢進
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
17 関節捻挫でみられないのはどれか。
 
1 関節血腫
2 関節の不安定性
3 弾発性固定
4 靱帯部に陥凹を触知
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
18 屈曲整復法が適応となるのはどれか。
 
1 前腕両骨骨幹部骨折
2 上腕骨骨頭骨折
3 肘頭骨折
4 肋骨骨折
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
19 徒手整復で末梢牽引が適切でないのはどれか。
 
1 肩関節前方脱臼
2 肘関節後方脱臼
3 第1中手指節関節背側脱臼
4 股関節後方脱臼
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
20 偽関節発生の局所要因でないのはどれか。
 
1 回旋力
2 圧迫力
3 牽引力
4 剪断力
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
21 関節唇損傷が起こりやすいのはどれか、
 
1 顎関節前方脱臼
2 肩関節前方脱臼
3 膝蓋骨外側脱臼
4 第1中足指節関節背側脱臼
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
22 上腕骨外科頸外転型骨折で正しいのはどれか。
 
1 三角筋の膨隆が消失する。
2 骨幹軸の骨折端部は外方に向く。
3 骨折部が前内方凸変形となる。
4 肩峰と大結節との間隙は狭くなる。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
23 上腕骨顆上骨折伸展型で正しいのはどれか。
 
1 ソルター・ハリス分類のⅡ型である。
2 骨折線は前上方から後下方に走行する。
3 肘関節前方脱臼と誤診されやすい。
4 後遺症に内反肘が挙げられる。
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
24 手の舟状骨骨折で誤っているのはどれか。
 
1 手根骨の中で最も発生頻度が高い。
2 介達外力で発生することが多い。
3 手関節の橈背屈で痛みが増強しやすい。
4 遠位骨片で骨壊死に陥りやすい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
25 ベネット骨折で正しいのはどれか。
 
1 関節包は損傷されない。
2 遠位骨片は尺側に転位する。
3 近位小骨片は背側に残存する。
4 母指の外転強制により発生する。
 
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
26 肘関節後方脱臼の症状で誤っているのはどれか。
 
1 肘関節は鋭角屈曲位となる。
2 ヒューター三角は乱れる。
3 上腕三頭筋腱は索状に隆起する。
4 前腕は短縮してみえる。
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
27 肘内障で正しいのはどれか。
 
1 前腕は回内位となる。
2 橈骨頭の転位が触知できる。
3 肘関節に熱感を認める。
4 肘関節橈側に腫脹を認める。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
28 膝蓋骨外側脱臼の要因となるのはどれか。
 
1 Q角が25°
2 大腿骨頸部前捻角が14°
3 FTAが176°
4 膝の過伸展が0°
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
29 短腓骨筋が発症に関与するのはどれか。
 
1 ポット骨折
2 下駄骨折
3 足舟状骨骨折
4 第2中足骨骨幹部骨折
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
30 足関節の内反強制で外果下部の裂隙が拡大するのはどれか。
 
1 前距腓靱帯断裂
2 二分靱帯断裂
3 第5中足骨基部裂離骨折
4 アキレス腱断裂
 
 
 
 
 
 
 
 
答え.1