第21回【必須】柔道整復師国家試験過去問題

MEMO
第21回柔道整復師国家試験必須問題
 
 
1 内膜と外膜の二重の膜に包まれているのはどれか。
 
1核小体
2ゴルジ装置
3リボゾーム
4ミトコンドリア
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
2 胸大動脈の分枝はどれか。
 
1左鎖骨下動脈
2肋間動脈
3肺動脈
4下横隔動脈
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
3 椎間円板がないのはどれか。
 
1第1頸椎と大頸椎との間
2第7頸椎と大胸椎
3第12胸椎と第1腰椎
4第5腰椎と仙骨との間
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
 
4 脊髄神経とその走行部位との組合せで正しいのはどれか。
 
1橈骨神経—–手根管
2腕神経叢—–斜角筋隙
3正中神経—–肘部管
4大腿神経—–梨状筋下孔
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
5 DNAの塩基配列にしたがって生成されるのはどれか。
 
1糖質
2脂質
3蛋白質
4電解質
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
6 酸素を多く含む血液が流れているのはどれか。
 
1門脈
2肺静脈
3腎静脈
4上大静脈
 
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
 
7 ステロイドホルモンはどれか。
 
1アドレナリン
2インスリン
3エストロゲン
4オキシトシン
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
8 動筋の関節運動と逆の動きをする筋はどれか。
 
1中和筋
2拮抗筋
3共同筋
4固定筋
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
9 外因と疾患との組合せで正しいのはどれか。
 
1アスベスト——悪性中皮腫
2サリドマイド—-スモン(亜急性脊髄視神経傷害)
3プリオン——–骨軟化症
4有機水銀——–アザラシ肢症
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
10 基本的人権のうち、生存権にかかわる日本国憲法第25条に規定された以下の条文の( )にあてはまるのはどれか。
「すべて国民は、( )な最低限度の生活を営む権利を有する。」
 
1基本的
2無差別平等
3健康で文化的
4身体的、精神的、社会的
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
11 正しい組合せはどれか。
 
1成文法——-判例法
2不文法——-条例
3公法———柔道整復師法
4私法———行政法
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
 
12 徒手筋力テストで若干の抵抗に 打ち勝って完全に運動できる筋力の表示はどれか。
 
1 N・正常
2 G・優
3 F・良
4 P・可
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
13 パーキンソン(Parkinson)病にみられる歩行異常はどれか。
 
1はさみ状歩行
2突進歩行
3失調性歩行
4間欠性跛行
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
14 体表から触知できない関節はどれか。
 
1環軸関節
2胸鎖関節
3手根中手関節
4仙腸関節
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
 
15 循環血液量異常によるショックの症状で誤っているのはどれか。
 
1冷汗
2呼吸不全
3顔面紅潮
4脈拍触知不能
 
 
 
 
 
 
3
/
 
 
 
 
16 脆弱性骨折で頻度が高いのはどれか。
 
1鎖骨骨折
2上腕骨外科頸骨折
3脛骨骨折
4踵骨骨折
 
 
 
 
 
 
答え.2
 
 
 
 
 
 
17 急性塑性変形が発生しやすい時期はどれか。
 
1幼少児
2青年
3壮年
4老年
 
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
18 青年の骨折治癒に比べて高齢者骨折の治療計画で正しいのはどれか。
 
1固定は長期間行う。
2固定力の強度は強固にする。
3安静臥床は長期間にする。
4運動療法を早期から行う。
 
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
19 骨折の整復法で正しいのはどれか。
 
1近位骨折の長軸方向に牽引する。
2捻転転位は最後に整復する。
3遠位骨折に近位骨折を合わせる。
4屈曲整復法は側方転位に用いる。
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
20 脱臼の整復障害でないのはどれか。
 
1筋の弛緩
2種子骨の介在
3整復支点の骨欠損
4ボタン穴機構
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
21 骨折の治療で正しいのはどれか。
 
1後療法は 固定直後から開始する。
2固定は筋萎縮を回復させる。
3手技療法は血流を停滞させる。
4運動療法は筋力を低下させる。
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
22 肋骨骨折に対する屋根瓦状絆創膏固定で正しいのはどれか。
 
1吸気時に貼付する。
2正中線を越えないように貼付する。
3順次上方に向かって貼付する。
4骨折部に限局して貼付する。
 
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
23 上腕骨外科頸骨折で正しいのはどれか。
 
1肩峰下に骨頭を触知する。
2三角筋部の膨隆が消失する。
3肩峰が突出する。
4弾発性固定がみられる。
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
24 上腕骨顆上伸展型骨折と肘関節後方脱臼との鑑別に有用なのはどれか。
 
1受傷機序
2外観
3弾発性固定の有無
4末梢神経損傷の有無
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
25 骨折線が関節内に及ばないのはどれか。
 
1コーレス(Colles)骨折
2バートン(Barton)骨折
3ベネット(Bennett)骨折
4コットン(Cotton)骨折
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
 
26 中手骨頸部に起こるのはどれか。
 
1ボクサー骨折
2ショウファー骨折
3チロー(Tillaux)骨折
4ローランド(Roland)骨折
 
 
 
 
 
 
答え.1
 
 
 
 
 
27 体育の授業中に負傷し、直ちに来所した14歳の肩関節初回脱臼患者に対し、徒手整復後に行う柔道整復師の説明で適切なのはどれか。
 
1数日は様子をみて痛みがなければ治癒とします。
2明日からは肩を挙げる運動を積極的に行いましょう。
3再発を防ぐ目的で肩伸展位ギプス固定を3週間施行します。
4応急的に整復しましたが専門医に診ていただきましょう。
 
 
 
 
 
答え.4
 
 
 
 
 
 
 
28 大腿骨頸部内側骨折で誤っているのはどれか。
 
1大転子部を強打して発生することが多い。
2多くは内転型骨折である。
3患側の転子果長は短縮する。
4大腿長軸圧を加えると強い疼痛がみられる。
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
29 ラックマンテストで正しいのはどれか。
 
1膝関節完全伸展位で実施する。
2陳旧例の評価には不親切である。
3エンドポイントがなければ陽性と評価する。
4ハムストリングスを緊張させると評価しやすい。
 
 
 
 
 
 
答え.3
 
 
 
 
 
 
30 正しいのはどれか。
 
1中足骨骨幹部骨折は介達外力で発生することが多い。
2中足骨骨幹部疲労骨折は第1中足骨に好発する。
3第5中足骨基部の裂離骨折は長腓骨筋の急激な収縮により発生する。
4第5中足骨近位骨幹部にジョーンズ(Jones)骨折が起こる。
 
 
 
 
 
 
答え.4