第13回柔道整復師国家試験過去問題

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

スポンサーリンク

第13回柔道整復師過去問題|いつでもサクッと復習記事一覧

1 関節円板をもたないのはどれか。1. 顎関節2. 胸鎖関節3. 橈骨手根関節4. 膝関節42 下顎骨を前に引き出すのはどれか。1. 内側翼突筋2. 外側翼突筋3. 咬筋4. 側頭筋23 手根骨でないのはどれか。1. 月状骨2. 豆状骨3. 有鉤骨4. 立方骨44 脊髄神経の後枝はどれか。1. 大後頭神経2. 鎖骨上神経3. 大腿神経 4. 坐骨神経 15 エネルギー源とならないのはどれか。1. ...

51 赤核があるのはどれか。1. 終脳2. 中脳3. 延髄4. 小脳252 くも膜下腔に通じるのはどれか。1. 側脳室2. 第3脳室3. 中脳水道4. 第4脳室453 瞳孔括約筋を支配するのはどれか。1. 視神経2. 動眼神経3. 眼神経4. 外転神経254 手根管を通るのはどれか。1. 正中神経2. 尺骨神経3. 橈骨神経4. 筋皮神経155 正しい組合せはどれか。1. 頚神経ワナ ――― 前斜...

1 柔道整復師免許制度を設ける理由で正しいのはどれか。2つ選べ。1. 人体に危害を及ぼすおそれのある行為も業務に含まれるため2. 一定水準の知識、技能がなければ、衛生水準の低下を招くため3. 施術に医療保険を適用するため4. 施術の有用性を確立するため1 22 適切な医療を行う要件で誤っているのはどれか。1. 治療が目的となる。2. 医療水準を満たしている。3. 緊急の場合、家族の同意が不可欠であ...

51 急性化膿性骨髄炎で正しいのはどれか。2つ選べ。1. 長管骨の骨幹端部に好発する。2. 初発時には骨膜反応が著明である。3. 疼痛は安静時でも治まらない。4. 赤沈値やCRPの亢進がなくても初期より抗菌薬を投与する。1 352 主な病変部位が骨幹部にあるのはどれか。1. モルキオ(Moruquio)病2. マルファン(Marfan)病3. 軟骨無形成症4. 骨形成不全症453 腕神経叢の全型神...