整形外科学2

 

31 モートン病について誤っているのはどれか。

 

1. 絞扼神経障害の一つである
2. 足指の知覚障害がみられる
3. 中足骨頭と深横中足靭帯との間で神経が圧迫される
4. 腓骨神経知覚枝の障害である

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

32 骨肉腫について正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1. 大腿骨下端が好発部位である。
2. 30歳代が好発年齢である。
3. 血清アルカリホスファターゼ値は低値である。
4. 生命の予後は不良である

 

 

 

 

 

14

 

 

 

 

 

33 フォルクマン拘縮について誤っているのはどれか。

 

1. コンパートメント症候群の一種である
2. 主に前腕伸筋群が障害される
3. 急性期には筋膜切開を行う必要がある
4. 機能的予後は不良である

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

34 感染症はどれか。

 

1. 脳性小児麻痺
2. 脊髄空洞症
3. 神経性進行性筋萎縮症
4. 脊髄癆

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

35 小児の骨端症はどれか。

 

1. 第1ケーラー病
2. 第2ケーラー病(フライバーグ病)
3. キーンベック病
4. 特発性大腿骨骨頭壊死

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

36 神経学的検査について誤っているのはどれか。

 

1. 温度覚は深部知覚に含まれる
2. 痛覚は表面知覚に含まれる
3. 腱反射の消失は弛緩性麻痺を示す
4. バビンスキー反射は病的反射である

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

37 血行性骨髄炎について正しいのはどれか。

 

1. 起炎菌は連鎖球菌が多い
2. 好発部位は長管状骨の骨端部である
3. ユーイング肉腫との鑑別が大切である
4. 急性期から腐骨を形成する

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

38 上肢における末梢神経麻痺について正しい組合せはどれか。

 

1. ギヨン管症候群 ――――― 尺骨神経麻痺
2. フォルクマン拘縮 ―――― 尺骨神経麻痺
3. デュピュートレン拘縮 ―― 橈骨神経麻痺
4. 前骨間神経症候群 ―――― 橈骨神経麻痺

 

 

 

 

 

1or2

 

 

 

 

 

39 いわゆるつき指でみられないのはどれか。

 

1. 指伸筋腱損傷
2. 指屈筋腱損傷
3. PIP関節側副靭帯損傷
4. PIP関節脱臼骨折

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

40 老人性骨粗鬆症について誤っているのはどれか。

 

1. 低回転型骨粗鬆症である
2. エックス線像では骨陰影度が減少する
3. 血清カルシウム値が減少する
4. 病的骨折を生じやすい

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

31 分裂膝蓋骨について正しいのはどれか。

 

1. 女性に多い
2. 無症状のものが多い
3. 骨折後の偽関節である
4. 膝蓋骨が4つ以上に分裂する

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

32 神経病性関節症の原因疾患について誤っているのはどれか。

 

1. 脊髄空洞症
2. 糖尿病
3. 脊髄癆
4. 痛 風

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

33 神経根引き抜き損傷について正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1. 牽引損傷である。  
2. 軸索反射は陽性である。  
3. 脊髄造影像では異常を認めない。  
4. 予後は良好である

 

 

 

 

 

1 2

 

 

 

 

 

34 関節液の性状について誤っているのはどれか。

 

1. 変形性関節症では混濁している
2. 痛風発作時は針状結晶を認める
3. 関節内骨折では脂肪滴を認める
4. 前十字靱帯損傷では血性となる

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

35 二次性骨粗鬆症として誤っているのはどれか。

 

1. 妊娠後骨粗鬆症
2. 末端肥大症に伴う骨粗鬆症
3. 甲状腺機能亢進症に伴う骨粗鬆症
4. 廃用性骨粗鬆症

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

36 正しいのはどれか。

 

1. デュピュートレン拘縮は狭窄性腱鞘炎である
2. ヘバーデン結節はPIP関節の変形性関節症である
3. ヘバーデン結節はPIP関節の変形性関節症である
4. マレットフィンガーには骨折または腱断裂がある

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

37 40~60歳に好発する腫瘍はどれか。

 

1. 骨肉腫
2. 多発性骨髄腫
3. ユーイング肉腫
4. 神経芽細胞腫

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

38 無腐性骨壊死の発症部位について正しい組合せはどれか。

 

1. オスグッド病 ―――― 大腿骨
2. キーンベック病 ――― 月状骨
3. ショイエルマン病 ―― 上腕骨
4. ペルテス病 ――――― 足舟状骨

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

39 手根管症候群について誤っているのはどれか。

 

1. 女性に多い
2. 腎透析の患者にみられる
3. 小指球筋萎縮が起こる
4. 神経伝導テストに遅延がみられる

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

40 腱板について誤っているのはどれか。

 

1. 肩甲下筋、棘上筋、棘下筋、小円筋から成る
2. 損傷は中年の男性に多い
3. 棘下筋腱が最も損傷されやすい
4. 損傷の確定診断には関節造影を行う

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。