整形外科学3

 

31 正しい組合せはどれか。2つ選べ。

 

1. 骨軟骨腫 ―――――― 四肢切断術 
2. 慢性関節リウマチ ―― 滑膜切除術 
3. 大腿骨頸部骨折 ――― 骨接合術 
4. 結核性膝関節炎 ――― 人工関節置換術

 

 

 

 

 

2 3

 

 

 

 

 

32 ペルテス病について正しいのはどれか。

 

1. 女児に多い
2. 両側性が多い
3. MRIが早期診断に有効である
4. 全身状態は不良である

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

33 変形性膝関節症について誤っているのはどれか。

 

1. 女性に多い
2. 外反変形が多い
3. 楔状足底板が有効である
4. 大腿四頭筋訓練が重要である

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

34 腰椎椎間板ヘルニアについて誤っているのはどれか。

 

1. 下位椎間板に好発する
2. ラセーグ徴候陽性となる
3. 急性期には安静臥床が必要である
4. 椎間板の髄核が前方に脱出する

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

35 骨軟骨腫について誤っているのはどれか。

 

1. 多発性では常染色体優性遺伝をする
2. 長管骨では骨幹部に好発する
3. 骨腫瘍のうちで発生頻度が最も高い
4. 表層に軟骨キャップを有する

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

36 誤っている組合せはどれか。

 

1. 骨軟化症 ――――― ビタミンD
2. 大腿骨骨頭壊死 ―― 副腎皮質ステロイド薬
3. 偽性痛風 ――――― ピロ燐酸カルシウム
4. 軟骨無形成症 ――― ムコ多糖類

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

37 骨肉腫について正しいのはどれか。

 

1. 10歳代に好発する
2. 肘周辺に多い
3. 化学療法は無効である
4. 肺に転移しない

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

38 画像診断について誤っているのはどれか。

 

1. エックス線CTは断層撮影法である
2. MRIでは放射線被爆が少ない
3. 関節造影法は関節内軟部組織を描出する
4. 脊髄造影法はヨード造影剤を用いる

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

39 牽引療法について正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1. 直達牽引は骨に直接牽引力を働かせる 
2. 絆創膏牽引は接触性皮膚炎を生じやすい 
3. クラッチフィールド牽引は腰椎脱臼に用いる 
4. グリソン牽引は直達牽引である

 

 

 

 

 

1 2

 

 

 

 

 

40 脊髄性小児麻痺について誤っているのはどれか。

 

1. ウイルスによる感染性疾患である
2. 尖足変形を生じやすい
3. 合併症に脊柱側彎がある
4. 痙直性麻痺を呈する

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

31 大腿骨骨頭すべり症について誤っているのはどれか。

 

1. 男児に多い
2. 下肢は外旋位をとる
3. 骨頭は前方に転位する
4. 手術療法が適切である

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

32 筋萎縮性側索硬化症について正しいのはどれか。

 

1. 10歳代が好発年齢である
2. 女性に多い
3. 上肢近位の筋萎縮ではじまる
4. 知覚障害がない

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

33 急性阻血症状における5Pの徴候でないのはどれか。

 

1. 腫 脹
2. 知覚異常
3. 脈拍消失
4. 疼 痛

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

34 誤っているのはどれか。

 

1. 先天性股関節脱臼は変形性股関節症の原因となる
2. 特発性大腿骨骨頭無腐性懐死はアルコール中毒でみられる
3. 外反母趾では扁平足変形を呈する
4. 先天性内反足では距骨が垂直位変形を呈する

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

35 誤っている組合せはどれか。

 

1. ジェファーソン骨折 ―― 環 椎
2. ハングマン骨折 ―――― 軸 椎
3. ジョーンズ骨折 ―――― 胸 椎
4. チャンス骨折 ――――― 腰 椎

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

36 脊椎カリエスについて誤っているのはどれか。

 

1. 非定型抗酸菌
2. ポット麻痺
3. 亀 背
4. 冷膿瘍

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

37 誤っている組合せはどれか。

 

1. 二分脊椎 ―――――― 髄膜瘤
2. 特発性脊柱側彎症 ―― 色素斑
3. 腰部脊柱管狭窄症 ―― 間欠性跛行
4. 脊髄空洞症 ――――― 知覚解離

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

38 骨腫瘍について誤っている組合せはどれか。

 

1. 骨肉腫 ―――――――― スピクラ
2. 神経芽細胞腫骨転移 ―― 血清VMA
3. ユーイング肉腫 ―――― 好酸球性肉芽
4. 多発性骨髄腫 ――――― 骨打ち抜き像

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

39 先天性骨系統疾患について正しいのはどれか。

 

1. 軟骨無形成症では体幹に比べて手足が長い
2. マルファン症候群はクモ状指を呈する
3. 骨形成不全症の骨折は癒合が遷延する
4. 大理石骨病では骨萎縮がみられる

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

40 疾患と検査法との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 悪性骨腫瘍 ―――― 血管造影
2. 半月板損傷 ―――― 関節腔造影
3. 脊髄腫瘍 ――――― MRI
4. 椎間板ヘルニア ―― RIシンチグラフィ

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。