第23回柔道整復師国家試験過去問題

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第23回柔道整復師過去問題 午前その2

 

61 物質を消化する酵素を含むのはどれか。

 

1 核
2 小胞体
3 リソソーム
4 ミトコンドリア

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

62 抗体を産生するのはどれか。

 

1 形質細胞
2 マクロファージ
3 ヘルパーTリンパ球
4 細胞傷害性Tリンパ球

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

63 フィブリンを分解するのはどれか。

 

1 トロンビン
2 プラスミン
3 セロトニン
4 カルシウムイオン

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

64 静脈が属するのはどれか。

 

1 弾性血管系
2 抵抗血管系
3 交換血管系
4 容量血管系

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

65 ヘモグロビンの酸素解離曲線が左方偏移する要因はどれか。

 

1 血圧の上昇
2 血液のpHの上昇
3 血液の温度の上昇
4 血液の二酸化炭素分圧の上昇

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

66 ビタミンAの欠乏症はどれか。

 

1 脚気
2 夜盲症
3 壊血病
4 悪性貧血

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

67 1グラムの脂質が発生するエネルギー量はどれか。

 

1 1.5kcal
2 4.1kcal
3 9.3kcal
4 15.0kcal

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

68 タンパク分解酵素はどれか。

 

1 アミラーゼ
2 マルターゼ
3 トリプシン
4 リパーゼ

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

69 胃で産生されるのはどれか。

 

1 レニン
2 ガストリン
3 インスリン
4 レプチン

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

70 身体からの熱放散を増加させるのはどれか。

 

1 発汗
2 ふるえ
3 特異動的作用
4 皮膚血管の収縮

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

71 バゾプレッシンが作用する部位はどれか。

 

1 ボーマン嚢
2 集合管
3 近位尿細管
4 遠位尿細管

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

72 ホルモンを産生しないのはどれか。

 

1 脳
2 心臓
3 脾臓
4 小腸

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

73 甲状腺ホルモンの生理作用はどれか。

 

1 血糖低下
2 酸素消費抑制
3 水分保持
4 熱量産生増大

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

74 ノルアドレナリンで正しいのはどれか。

 

1 副交感神経系の神経伝達物質である。
2 副腎髄質から分泌される。
3 熱産生を抑制する。
4 末梢血管抵抗を減少させる。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

75 エストロジェンの生理作用はどれか。

 

1 オキシトシン感受性の抑制
2 子宮内膜の増殖
3 体温の上昇
4 乳腺の発達の抑制

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

76 上皮小体ホルモンの生理作用はどれか。

 

1 血漿中のカルシウムイオン濃度を低下させる。
2 腎尿細管からのカルシウムイオンの排泄を促進する。
3 骨からのカルシウムイオンの遊離を抑制する。
4 腎臓でビタミンDの活性化を促進する。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

77 神経細胞の静止膜電位形成に関与するのはどれか。

 

1 ナトリウムの膜透過性増大
2 カリウムの膜透過性低下
3 カルシウムチャネル
4 ナトリウムポンプ

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

/

 

 

78 コリン作動性の交感神経節後線維の支配を受けるのはどれか。

 

1 心臓
2 消化管
3 汗腺
4 副腎髄質

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

79 大脳皮質の第X層が発達しているのはどれか。

 

1 一次視覚野
2 一次聴覚野
3 一次運動野
4 一次体性感覚野

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

80 平滑筋で正しいのはどれか。

 

1 体性神経の支配を受ける。
2 神経筋接合部を形成する。
3 筋小胞体が横紋筋より発達している。
4 細胞内カルシウム濃度の上昇により収縮が始まる。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

81 筋電図のM波で正しいのはどれか。

 

1 閾値はH波より高い。
2 潜時はH波より長い。
3 Ia群線維の興奮が必要である。
4 単シナプス反射回路を介する。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

82 視床で中継されない感覚情報はどれか。

 

1 視覚
2 聴覚
3 嗅覚
4 味覚

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

83 神経細胞はどれか。

 

1 網膜の錐状体細胞
2 嗅上皮の嗅細胞
3 味蕾の味細胞
4 平衡斑の有毛細胞

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

84 性染色体で正しいのはどれか。

 

1 男性はXXである。
2 ターナー症候群ではX染色体がない。
3 卵子の半分はY染色体を持っている。
4 減数分裂によって数が半分になる。

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

85 受精、妊娠で正しいのはどれか。

 

1 排卵された卵子の生存期間は2〜3日である。
2 女性生殖器内で精子の生存期間は2〜3週間である。
3 受精してから子宮に着床するまで1〜2日である。
4 胎盤が形成されるのに5〜6ヶ月かかる。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

86 橋に神経核がある脳神経はどれか。

 

1 動眼神経
2 外転神経
3 滑車神経
4 舌咽神経

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

87 アキレス腱反射で正しいのはどれか。

 

1 多シナプス反射である。
2 脳幹反射である。
3 伸張反射である。
4 表在反射である。

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

88 随意運動発現の情報伝達で正しいのはどれか。

 

1 大脳辺縁系→大脳運動野→大脳連合野→脊髄
2 大脳連合野→大脳運動野→大脳辺縁系→脊髄
3 大脳運動野→大脳辺縁系→大脳連合野→脊髄
4 大脳辺縁系→大脳連合野→大脳運動野→脊髄

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

89 肩関節屈曲に働くのはどれか。

 

1 大胸筋鎖骨部
2 三角筋後部
3 大円筋
4 上腕二頭筋長頭

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

90 スカルパ三角を構成しないのはどれか。

 

1 半膜様筋
2 長内転筋
3 鼡径靭帯
4 縫工筋

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

91 機能肢位(良肢位)で正しいのはどれか。

 

1 肩関節外転0°
2 肘関節屈曲90°
3 股関節屈曲90°
4 膝関節屈曲90°

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

92 人体の重心で正しいのはどれか。

 

1 小児では重心の位置が相対的に低位にある。
2 重心線は耳垂の前方と外果の後方を通る。
3 重心とは身体各部の重量が相互に平衡である点と規定される。
4 重心は仙骨やや後方にある

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

93 反射出現の時期で正しいのはどれか。

 

1 足底反射--------新生児
2 腱反射----------3ヶ月
3 頭の支持反射----10ヶ月
4 四肢の平衡反応--16ヶ月

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

94 運動制御の部位で運動学習の過程に関与するのはどれか。

 

1 大脳基底核
2 延髄
3 視床
4 小脳

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

95 一側の踵が接地して次に同じ側の踵が接地するまでの動作はどれか。

 

1 1歩
2 歩幅
3 歩隔
4 重複歩

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

96 生体の正常な状態の形態観察を目的に行われるのはどれか。

 

1 病理解剖
2 系統解剖
3 司法解剖
4 行政解剖

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

97 他動的所見はどれか。

 

1 咳嗽
2 眩暈
3 心肥大
4 倦怠感

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

98 熱傷の説明で誤っているのはどれか。

 

1 胃・十二指腸の急性出血性潰瘍の原因となる。
2 第2度熱傷は瘢痕を残さず治癒する。
3 気道熱傷は肺浮腫を起こすことがある。
4 第3度熱傷では潰瘍がみられる。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

99 放射線晩期傷害はどれか。

 

1 脱毛
2 下痢
3 白血球減少
4 発癌

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

100 アポトーシスで誤っているのはどれか。

 

1 細胞は膨化する。
2 核は断片化する。
3 マクロファージに貪食される。
4 放射線により誘導される。

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

101 血栓形成の順序で正しいのはどれか。

 

1 内皮障害→フィブリン凝固→血小板凝集→器質化
2 内皮障害→血小板凝集→フィブリン凝固→器質化
3 内皮障害→フィブリン凝固→器質化→血小板凝集
4 内皮障害→血小板凝集→器質化→フィブリン凝固

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

102 ネフローゼ症候群で全身性浮腫が生じる原因はどれか。

 

1 血管透過性の亢進
2 毛細血管圧の上昇
3 血漿膠質浸透圧の低下
4 リンパ管の閉塞

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

103 炎症の分類と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

 

1 カタル性炎--------アレルギー性鼻炎
2 線維素炎----------間質性肺炎
3 化膿性炎----------気管支肺炎
4 肉芽腫性炎--------ハンセン病

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

104 免疫担当細胞と関連病態・機能との組合せで誤っているのはどれか。

 

1 細胞傷害性Tリンパ球-------移植臓器の拒絶反応
2 ヘルパーTリンパ球---------後天性免疫不全症候群で減少
3 Bリンパ球-----------------ウイルス感染細胞の破壊
4 ナチュラルキラー細胞-------自己防衛的役割

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

/

 

105 アレルギー分類と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

 

1 T型(アナフィラキシー型)--------花粉症
2 U型(細胞傷害型)----------------異型輸血
3 V型(免疫複合体型)--------------血清病
4 W型(遅延型)--------------------自己免疫性溶血

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

106 前立腺癌の診断に有用な腫瘍マーカーはどれか。

 

1 hCG
2 PSA
3 CA19-9
4 CEA

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

107 癌と原因との組合せで正しいのはどれか。

 

1 膀胱癌-------アニリン
2 肝細胞癌-----アスベスト
3 鼻咽頭癌-----ヘリコバクター・ピロリ
4 食道癌-------エプスタイン・バーウイルス

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

108 男性に頻度の高い遺伝病はどれか。

 

1 血友病A
2 結節性硬化症
3 マルファン症候群
4 家族性大腸ポリポーシス

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

109 二次予防はどれか。

 

1 禁煙教育
2 予防接種
3 肺がん検診
4 リハビリテーション

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

110 図は1981〜2011年の循環器系、呼吸器系、消化器系、筋骨格系の各疾患の外来受療率(人口10万対)を示す。消化器系疾患はどれか。

 

23回柔道整復師過去問題

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

111 母子保健の指標で正しいのはどれか。

 

1 生後半年以内の死亡を乳児死亡という。
2 妊娠満12週以後の死児の出産を死産という。
3 妊娠20週以後の死産と早期新生児死亡を合わせたものを周産期死亡という。
4 母親が妊娠中あるいは出産後8週未満に死亡した場合を妊産婦死亡という。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

112 学校保健安全法における風疹の出席停止期間の基準はどれか。

 

1 発疹が消失するまで
2 解熱した後3日を経過するまで
3 すべての発疹が痂皮化するまで
4 耳下腺の腫脹が消失するまで

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

113 局所振動障害を起こす作業はどれか。

 

1 チェーンソーを用いる作業
2 高温作業
3 VDT作業
4 潜函作業

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

114 精神保健で誤っているのはどれか。

 

1 入院受療率は悪性新生物より精神障害が多い。
2 緊急措置入院は保護者の同意を必要とする。
3 半数以上の労働者が職場生活において強い不安やストレスを感じている。
4 デイケア、リワークなどが三次予防として行われる。

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

115 WHOの主要な業務として適切でないのはどれか。

 

1 母子の健康と福祉の増進
2 疾病、死因に関する国際用語表の作成および改正
3 伝染病、風土病などの撲滅事業の奨励および促進
4 労働条件の向上のための国際的な政策や計画の策定

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

116 細菌感染による疾患はどれか。

 

1 C型肝炎
2 鳥インフルエンザ
3 後天性免疫不全症候群
4 流行性脳脊髄膜炎

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

117 感染症における感受性宿主対策はどれか。

 

1 手洗い
2 学級閉鎖
3 予防接種
4 マスクの使用

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

118 滅菌法のうち化学的方法に分類されるのはどれか。

 

1 乾熱滅菌
2 γ線滅菌
3 高圧蒸気滅菌
4 過酸化水素ガスプラズマ滅菌

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

119 事務所の屋内空気の衛生環境基準で誤っているのはどれか。

 

1 気積-----------10?/人以上
2 湿度-----------40〜70%
3 気流-----------0.5m/秒以上
4 浮遊粉じん-----0.15mg/?以下

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

120 公害に関する組合せで誤っているのはどれか。

 

1 鉛------------イタイイタイ病
2 ヒ素----------宮崎土呂久鉱害
3 メチル水銀----新潟水俣病
4 二酸化いおう--四日市喘息

 

 

 

 

 

 

 

1

 

スポンサーリンク

 

関連ページ

第23回柔道整復師過去問題 午前その1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第23回の国家試験過去問題を記載しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。午前その1
第23回柔道整復師過去問題 午後その1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第23回の国家試験過去問題を記載しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。午後その1
第23回柔道整復師過去問題 午後その2
柔道整復師の国家試験過去問題です。第23回の国家試験過去問題を記載しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。午後その2