柔道整復師国家試験過去問題の関係法規

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

柔道整復師過去問〜関係法規2

 

91 柔道整復師免許について正しいのはどれか。

 

1. 免許証明書を紛失した場合でも柔道整復の業務を行うことができる
2. 取り消されると再免許は与えられない
3. 外国籍となった場合は取り消される
4. 一定期間ごとに更新する必要がある

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

92 柔道整復師名簿訂正の申請を必要とするのはどれか。2つ選べ。

 

1. 本籍地の都道府県名に変更があったとき。
2. 結婚して改姓したとき。
3. 業務の停止処分を受けたとき。
4. 住所に変更があったとき

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

93 免許を取り消されたとき免許証明書の返納期間で正しいのはどれか。

 

1. 直ちに
2. 5日以内
3. 10日以内
4. 30日以内

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

94 柔道整復師の施術として正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1. 医師の同意を得ないで大腿骨骨折の患部に応急手当をした。
2. 歯科医師の同意を得て下顎骨骨折の患部に施術した。
3. 医師の同意を得て上腕骨骨折の患部のエックス線撮影をした。
4. 医師の同意を得ないで足関節捻挫の患部に施術した

 

 

 

 

 

 

 

 

1 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

95 柔道整復師が施術にあたり必要な医師の同意について正しいのはどれか

 

1. 整形外科の医師に限らない
2. 医師が直接患者を診察する必要はない
3. 同意書が必要である
4. 施術者が直接医師から得なければならない

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

96 施術所の名称として使用することができるのはどれか。

 

1. ○○接骨医院
2. ○○柔道整復科療院
3. ○○ほねつぎ院
4. ○○整骨クリニック

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

97 施術所について誤っているのはどれか。

 

1. 施術室の専用面積は6.6平方メートル以上でなければならない
2. 施術に用いる器具、手指等の消毒設備を有しなければならない
3. 保健所を設置する市に所在する場合は市長が業務を監督する
4. 休止する場合は都道府県知事の許可を受けなければならない

 

 

 

 

 

 

 

 

4
/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

98 保健所を設置する市の市長が行った施術所の構造設備の改善命令の処分について、不服のある場合、審査請求先はどれか。

 

1. 保健所長
2. 市長
3. 都道府県知事
4. 厚生大臣

 

 

 

 

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

99 免許資格が業務独占でないのはどれか。

 

1. 看護婦(士)
2. 柔道整復師
3. 衛生検査技師
4. 診療放射線技師

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100 正しいのはどれか。

 

1. 病院は患者20人以上の収容施設を有する
2. 診療所には患者の収容施設はない
3. 特定機能病院は特定の疾患のみを診療する
4. 総合病院には全ての診療科を置かなければならない

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

91 柔道整復師免許について正しいのはどれか。

 

1. 免許証明書を紛失した場合には柔道整復業務はできない。
2. 柔道整復師名簿に登録されると柔道整復業務ができる。
3. 取り消されると再免許は与えられない。
4. 日本国籍が必要である。

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

92 正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1. 医師は柔道整復の業務をすることができる。
2. 柔道整復師はエックス線写真によって診断することができる。
3. 柔道整復師は応急手当として外科手術ができる。
4. 柔道整復師の免許は業務独占である。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

93 柔道整復師の施術として誤っているのはどれか。

 

1. 医師の同意を得て注射をする。
2. 医師の同意を得ないで上腕骨骨折の患部に応急手当てをする。
3. 医師の同意を得て大腿骨骨折の患部に施術する。
4. 医師の同意を得ないで下腿打撲の患部に施術する。

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

94 柔道整復師が行うことができるのはどれか。

 

1. 保健所長の許可を得て施術所にエックス線撮影装置を設置する。
2. 医師の指示を受けて人体にエックス線を照射する。
3. 医師の同意を得て脱臼の患部に施術する。
4. 医師の同意を得て鎮痛薬を投与する。

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

95 医師の同意について誤っているのはどれか。2つ選べ。

 

1. 医師は患者を診察しなくてもよい。
2. 施術者が直接医師から得なければならない。
3. 口頭で得てもよい。
4. 内科の医師でもよい。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

96 施術所について正しいのはどれか。

 

1. 施術室の面積は8平方メートル以上でなければならない。
2. 柔道整復師以外の者は開設することができない。
3. 開設するときは保健所長の許可を受けなければならない。
4. 休止したときは都道府県知事に届け出なければならない。

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

97 施術所として広告できる事項はどれか。

 

1. 「○○学会会員」
2. 「ほねつぎ」
3. 「○○で5年間研修」
4. 「○○式療法」

 

 

 

 

 

 

 

 

2
/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

98 柔道整復師の免許申請で必要なのはどれか。2つ選べ。

 

1. 戸籍の謄本又は抄本
2. 医師の診断書
3. 柔道整復師養成施設の卒業証明書
4. 住民票

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

99 免許資格と法律との組合せで誤っているのはどれか。2つ選べ。

 

1. 作業療法士 ―― 理学療法士及び作業療法士法
2. 薬剤師 ―――― 薬事法
3. 歯科医師 ――― 医師法
4. 保健婦 ―――― 保健婦助産婦看護婦法

 

 

 

 

 

 

 

 

2 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100 正しいのはどれか。

 

1. 病院は患者10人以上の収容施設を有する。
2. 診療所は患者の収容施設を有しない。
3. 法人は病院を開設することができない。
4. 特定機能病院は高度の医療を提供する。

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

91 柔道整復師として施術を行うことができないのはどれか。

 

1. 免許証を失ったとき
2. 免許を受けた時と異なる氏名となったとき
3. 免許を受けた時と異なる国籍となったとき
4. 試験に合格し免許の申請をしたとき

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

92 柔道整復師名簿の登録事項はどれか。2つ選べ。

 

1. 試験合格の年月
2. 業務の停止の処分
3. 年 齢
4. 卒業した養成施設名

 

 

 

 

1 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

93 柔道整復師名簿の訂正を申請すべきときはどれか。2つ選べ。

 

1. 本籍地を他の都道府県に変更したとき
2. 住所を他の都道府県に変更したとき
3. 開設している施術所の場所を変更したとき
4. 結婚して改姓したとき

 

 

 

 

1 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

94 柔道整復師免許の取消しについて正しいのはどれか。

 

1. 保健所長は免許を取り消すことができる。
2. 免許取消しの後に再免許されることはない。
3. 10日以内に免許証明書(免許証)を返納しなければならない。
4. 免許取消しの前に弁明の機会が与えられる

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

95 正しい組合せはどれか。

 

1. 歯科診療 ――― 歯科衛生士
2. 薬の処方 ――― 薬剤師
3. 診療の補助 ―― 看護婦
4. 手芸、工作 ―― 理学療法士

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

96 正しいのはどれか。

 

1. 医師は無試験で柔道整復師の免許を取得することができる。
2. 無報酬であればだれでも柔道整復を業として行える。
3. 柔道整復師の免許資格は業務独占である。
4. 無免許で柔道整復を業として行うと15万円以下の罰金に処せられる

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

97 柔道整復の業務で正しいのはどれか。

 

1. 骨折の患部に施術する場合の医師の同意は整形外科の医師に限られる。
2. 捻挫の患部に施術する場合は医師の同意を必要としない。
3. 捻挫の患部に施術する場合は医師の同意を必要としない。
4. 応急手当として止血薬を注射することができる

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

98 誤っているのはどれか。

 

1. 施術所を開設した者は、開設後10日以内に届け出なければならない。
2. 施術所の開設者は、柔道整復師でなくてもよい。
3. 施術所の開設の際の届出事項には、施術所の平面図が含まれる。
4. 施術所の開設の届出は、柔道整復師の住所地の都道府県知事に行う

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

99 施術所の名称として使用できるのはどれか。

 

1. ○○接骨院
2. ○○柔道整復クリニック
3. ○○ほねつぎ科療院
4. ○○整骨医院

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100 柔道整復師の業務で誤っているのはどれか。

 

1. エックス線を照射した場合、診療放射線技師法違反となる。
2. エックス線写真で診断した場合、医師法違反となる。
3. 薬品の投与を行った場合、薬事法違反となる。
4. 販売の目的で調剤した場合、薬剤師法違反となる

 

 

 

 

3

スポンサーリンク

関係法規:柔道整復師過去問

関係法規は、基本的なところだけ押さえましょう。広告・施術所の面積など、一応過去問をやりましょう。

 

関係法規 関係法規 関係法規

関係法規

関係法規

関係法規

関係法規 関係法規 関係法規

関係法規

関係法規

関係法規

関係法規 関係法規  

関係法規

関係法規

 

関連ページ

柔道整復師過去問〜関係法規1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の関係法規です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜関係法規3
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の関係法規です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜関係法規4
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の関係法規です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜関係法規5
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の関係法規です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜関係法規6
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の関係法規です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜関係法規7
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の関係法規です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜関係法規8
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の関係法規です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。