第11回柔道整復師国家試験過去問題

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

第11回柔道整復師過去問題 午後その2

 

51 正しい組合せはどれか。

 

1. 大腿骨頸部と骨幹部骨折 ───── 重複骨折
2. 脛骨と腓骨との骨幹部骨折 ──── 多発骨折
3. 上腕骨顆上と橈骨頸部骨折 ──── 複数骨折
4. 尺骨上1/3部骨折と橈骨頭脱臼  ── 複合骨折

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

52 長骨完全骨折と確定できないのはどれか。

 

1. 限局性圧痛
2. 異常可動性
3. 軋轢音
4. 変 形

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

53 徒手整復を適用しにくいのはどれか。

 

1. 骨幹部螺旋骨折
2. 骨幹部横骨折
3. 骨端線離開(ソルター・ハリスU型)
4. 骨頭部剥離骨折

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

54 皮下骨折の保存療法で最大の利点はどれか。

 

1. 感染が少ない。
2. 骨癒合期間が短い。
3. 変形治癒が少ない。
4. 関節拘縮が残りにくい。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

55 誤っている組合せはどれか。

 

1. 多発肋骨骨折 ── 奇異呼吸
2. 右肋骨弓骨折 ── 肝破裂
3. 腰椎圧迫骨折 ── 便 秘
4. 尾骨単独骨折 ── 膀胱破裂

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

56 偽関節が起こりにくいのはどれか。

 

1. 大腿骨転子間骨折
2. 手舟状骨骨折
3. 脛骨中下1/3境界部骨折
4. 前腕両骨骨幹部骨折

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

57 正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1. 縦骨折は骨折線が骨長軸と平行に走る。 
2. 複合骨折は近接部位に脱臼がある。 
3. ボタン穴機構は骨折整復の障害となる。 
4. 屈曲整復法は短縮転位の場合に用いる。

 

 

 

 

1 4

 

 

 

 

 

58 正しいのはどれか。2つ選べ。 

 

1. 外傷性脱臼では弾発固定がみられる。 
2. 外傷性脱臼は幼児に多く発生する。 
3. 複合脱臼では骨折を合併している。 
4. 単純脱臼とは皮下脱臼のことである。

 

 

 

 

1 4

 

 

 

 

 

59 外傷性肩関節脱臼の主な発生機序はどれか。

 

1. 直達外力
2. てこの作用
3. 能動的筋作用
4. 筋作用の不調和

 

 

 

 

2

 

 

スポンサーリンク

 

 

60 誤っているのはどれか。

 

1. 反復性脱臼は外傷性脱臼に続発する。
2. 習慣性脱臼では関節の形成不全を伴う。
3. 随意性脱臼では意図的に脱臼できる。
4. 陳旧性脱臼は1週以上経過したものである。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

61 捻挫で正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1. 靱帯の完全断裂では関節の不安定性がある。 
2. 受傷時の肢位と逆方向に固定する。
3. 弾発性固定がある。 
4. 直ちに運動療法を行う。

 

 

 

 

1 2

 

 

 

 

 

62 脊椎圧迫骨折を生じやすい部位はどれか。

 

1. 頸 椎
2. 上部胸椎
3. 胸腰椎移行部
4. 下部腰椎

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

63 鎖骨若木骨折の症状でみられないのはどれか。

 

1. 限局性圧痛
2. 介達痛
3. 上肢挙上障害
4. 二次性転位

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

64 上腕骨外科頸内転型骨折の症状で正しいのはどれか。

 

1. 骨幹軸の骨折端部は内方へ向く。
2. 遠位骨片は外転を呈する。
3. 骨折部は前外方凸の変形を呈する。
4. 肩峰と大結節との間隔は広くなる。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

65 上腕骨顆上屈曲型骨折で誤っているのはどれか。

 

1. 肘関節屈曲位で肘部をついて発生する。
2. 骨折線は後方から前上方に走行する。
3. 遠位骨片は前上方に転位する。
4. 肘関節後方脱臼の外観と類似する。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

66 上腕骨外顆骨折で正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1. 青壮年期に多い。
2. 肘関節伸展位で受傷する。 
3. 骨片は回転転位する。 
4. 橈骨神経の遅発性麻痺の原因になる。

 

 

 

 

2 3
/

 

 

 

 

67 円回内筋付着部より遠位での橈骨単独骨折で近位骨片の転位はどれか。

 

1. 中間位
2. 回内位
3. 回外位
4. 伸展位

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

68 橈尺両骨骨幹部骨折で誤っているのはどれか。

 

1. 介達外力では同高位の骨折が多い。
2. 円回内節付着部より近位骨折は前腕回外位で固定する。
3. 前腕の回内外障害の原因に橋状仮骨がある。
4. 整復後も筋力作用による再転位の可能性が大きい。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

69 モンテギア伸展型骨折で誤っているのはどれか。

 

1. 尺骨は前外方凸の変形を呈する。
2. 橈骨頭は前外方に脱臼する。 
3. 整復後の安定性が良好である。
4. 肘関節屈曲位で固定する。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

70 コーレス骨折の骨片転位で誤っているのはどれか。

 

1. 背側転位
2. 尺側転位
3. 短縮転位
4. 捻転転位

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

71 膝関節部骨折で誤っているのはどれか。

 

1. 介達外力による膝蓋骨骨折は横骨折となる。
2. 大腿骨顆上伸展型骨折の遠位骨片は後方に転位する。
3. 大腿骨内顆骨折は内反膝を呈する。
4. 脛骨顆間隆起骨折ではラックマンテスト陽性が多い。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

72 下腿骨骨幹部骨折で正しいのはどれか。

 

1. 介達外力では屈側に楔状骨片を作る。
2. 小児では脛腓両骨骨折となる。
3. 前方凹変形になることが多い。
4. 固定肢位は足関節背屈位とする。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

73 足根骨骨折で骨壊死を起こしやすいのはどれか。

 

1. 距骨骨折
2. 内側楔状骨骨折
3. 立方骨骨折
4. 踵骨骨折

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

74 顎関節前方脱臼で下顎頭の固定に関与しないのはどれか。

 

1. 頬 筋
2. 咬 筋
3. 外側靱帯
4. 外側翼突筋

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

75 肩関節脱臼で頻度の高いのはどれか。

 

第11回柔道整復師過去問題

 

1. a
2. b
3. c
4. d

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

76 肩関節前方脱臼に合併しにくいのはどれか。

 

1. 大結節骨折
2. 関節窩縁骨折
3. 腋窩神経麻痺
4. 正中神経麻痺

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

77 肘関節後方脱臼で誤っているのはどれか。

 

1. 青壮年に多い。
2. 腫脹が軽微である。
3. 連続的疼痛がある。
4. 肘頭高位となる。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

78 月状骨脱臼で正しいのはどれか。

 

1. 高齢女性に好発する。
2. 手関節が屈曲強制されて発生する。
3. 背側に脱臼する。
4. 正中神経を圧迫することが多い。

 

 

 

 

4

 

 

スポンサーリンク

 

 

79 第1中手指節関節脱臼で正しいのはどれか。

 

1. 母指が過屈曲され垂直脱臼が発生する。
2. 水平脱臼を複雑脱臼という。
3. 整復は容易である。
4. 掌側脱臼は階段状変形を呈する。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

80 外傷性股関節脱臼で誤っているのはどれか。

 

1. 大腿骨頭靱帯が断裂する。
2. 交通事故によるものが多い。
3. 繰り返しの整復操作が必要である。
4. 整復障害にボタン穴機構がある。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

81 距腿関節脱臼で誤っているのはどれか。

 

1. 脱臼骨折となるものが多い。
2. 内側脱臼が最も多い。
3. 外側脱臼では内果が突出する。
4. 後方脱臼では前足部が短縮してみえる。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

82 胸鎖関節脱臼で誤っているのはどれか。

 

1. 受傷時肩関節の外転制限がみられる。
2. 鎖骨内側端は前方に突出するものが多い。
3. 変形は鎖骨内側端骨折と類似する。
4. 遺残脱臼では肩関節の強い外転障害がみられる。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

83 顎内障に該当するのはどれか。

 

1. 咀嚼筋障害
2. 関節包障害
3. 関節円板障害
4. 変形性関節症

 

 

 

 

3
/

 

 

 

 

84 肩腱板断裂で誤っているのはどれか。

 

1. 腱枚の断裂と同時に関節包も断裂する。
2. 筋腱移行部付近で断裂することが多い。
3. 肩関節の軽度自動外転は可能である。
4. 肩関節外転120度を越えると疼痛が消失する。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

85 野球肘の病態で誤っているのはどれか。

 

1. 離断性骨軟骨炎
2. 尺骨神経刺激
3. 上腕二頭筋鍵炎
4. 外反による牽引力

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

86 正しい組合せはどれか。

 

1. 橈骨神経麻痺 ── 母指球筋萎縮
2. 尺骨神経麻痺 ── 下垂手
3. 正中神経麻痺 ── 手掌橈側感覚障害
4. 筋皮神経麻痺 ── 肘関節伸展力減弱

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

87 絞扼性神経障害でないのはどれか。

 

1. ド・ケルバン病
2. ギヨン管症候群
3. 足根管症候群
4. モートン病

 

 

 

 

1?

 

 

 

 

 

88 膝くずれ現象がみられないのはどれか。

 

1. 習慣性膝蓋骨脱臼
2. 前十字靱帯損傷
3. 大腿四頭筋萎縮
4. 腓腹筋損傷

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

89 内返し捻挫で損傷されやすい靱帯はどれか。2つ選べ。

 

第11回柔道整復師過去問題

 

1. @
2. A
3. B
4. C

 

 

 

 

1 2

 

 

 

 

 

90 5歳の男児。受傷後6週の上腕骨顆上骨折の後療法で関節拘縮改善のため温熱療法に加え、5週目から他動的矯正訓練を開始した。肘関節部に比較的高度な腫脹が再出現、局所熱感および運動痛を伴う関節可動域制限の増悪を認め、患児は施術を拒絶するようになった。骨折部の側方動揺性は認めない。当面行う処置として適切でないのはどれか。2つ選べ。

 

1. 他動的矯正訓練継続 
2. 早期手術施行 
3. 冷湿布施行 
4. 患肢固定施行

 

 

 

 

1 2

 

 

 

 

 

91 6歳の男児。ブランコより落ちた際、肘関節伸展位で手掌部を地面に強くついた。右肘関節部に激しい疼痛、腫脹、運動障害が出現し来所した。肘頭・内側上顆・外側上顆の位置関係は正常であるが、右上肢長に短縮がみられ肘関節の厚さと幅が増大している。幼少年期に好発する骨折と診断された。 合併症として起こりにくいのはどれか。

 

1. 阻血性拘縮
2. 骨化性筋炎
3. 正中神経損傷
4. 外反肘

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

92 30歳の男性。5歳頃、左肘関節部を骨折したと母親にいわれている。約10年前から左手に軽いしびれを感じるようになった。1年前から左手第1指と第2指とで物をうまく挟めなくなったと訴え来所した。左肘関節は約60度外反しているが屈伸運動は正常であった。背側の骨問筋に萎縮を認め、図のテストが陽性、特に第4・5指のしびれ感が強く同指PIP・DIP関節の伸展が不能であった。5歳時の骨折で最も考えられるのはどれか。

 

第11回柔道整復師過去問題

 

1. 上腕骨顆上伸展型骨折
2. 上腕骨内側上顆骨折
3. 上腕骨外顆骨折
4. 橈骨頭骨折

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

93 24歳の男性。スノーボードで練習中転倒し、左手掌を雪面に強くついた。左手関節部付近に疼痛を訴えたが、症状は捻挫のようであり、医療機関でのエックス線診断によると、骨折線や脱臼は確認されなかった。キャスト材を用いた固定で患部の安静を図ったが、3週後、左手関節スナッフボックス部に限局性圧痛があり、左手関節背屈、橈屈時の運動に疼痛がみられた。この時点でまず行うべきことはどれか。

 

1. 包帯固定への変更
2. 温熱療法の開始
3. エックス線再検査の依頼
4. 神経損傷の確認

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

94 21歳の男性。野球の試合中にボールが右第3指の指先に当たり、過伸展を強制され受傷し来所した。右第3指基節に著明な腫脹と限局性圧痛を認め掌側凸変形を呈していたので、近くの医院に紹介し、エックス線診断の結果で骨折と判明した。この骨折の固定肢位で正しいのはどれか。

 

1. MP・PIP・DIP関節伸展位
2. MP関節過伸展、PIP・DIP関節屈曲位
3. MP・PIP関節屈曲位、DIP関節伸展位
4. MP・PIP・DIP関節屈曲位

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

95 17歳の男子。陸上選手。短距離走のスタート時の動作で受傷した。受傷時、右膝を屈曲しながらの右股関節の屈曲力、外転力の低下があった。医療機関で精査の結果、骨盤骨の剥離骨折と診断された。 最も考えられる損傷部位はどれか。

 

1. 右腸骨稜
2. 右上前腸骨棘
3. 右坐骨結節
4. 恥骨結合部

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

96 18歳の男子。柔道の試合中投げられ肩から落ちて肩部の疼痛を訴えて来所した。上肢の挙上は不能で鎖骨外側端部に上方突出変形を呈していた。最も考えられる外傷はどれか。

 

1. 定型的鎖骨骨折
2. 上腕骨外科頸骨折
3. 肩鎖関節脱臼
4. 肩関節脱臼

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

97 2歳の男児。歩行中に道路に飛び出そうとしたので母親が右手を強く引っ張った。勢いのあまり男児は転倒し、急に泣きだした。以後、男児はまったく右上肢を使わず、その上肢を触れられるのをいやがるので来所した。柔道整復師が腋の下から手を入れ抱きげても泣きはしない。最も考えられるのはどれか。

 

1. 鎖骨若木骨折
2. 肩関節脱臼
3. 肘関節脱臼
4. 肘内障

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

98 50歳の女性。3年前左肩関節痛があり、近くの病院で五十肩と診断され治療を行い軽快した。1か月前にオートバイで走行中に転倒し、肩部を強打、以来肩部の疼痛を訴え、ことに患部を下にして寝ると夜間の疼痛が強い。肩関節の外転は他動的には可能であるが、自動運動では60度位に制限されている。 最も考えられる疾患はどれか。

 

1. 五十肩
2. 腱板損傷
3. 肩関節脱臼
4. 上腕骨外科頸骨折

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

99 52歳の男性。深夜泥酔して帰宅し、そのままソファーで寝てしまった。翌早朝トイレに起きたとき爪先が床に引っ掛かり転倒、幸いどこにも疼痛はないが右足部のしびれ感を主訴として来所した。右足関節背屈不能、右足指背屈不能、足部外返し不能だが足関節底屈は正常であった。右下腿外側から足背にしびれ感を伴う触覚鈍麻を認めるが足底部の触覚は正常であった。 最も考えられるのはどれか。

 

1. 浅腓骨神経麻痺
2. 深腓骨神経麻痺
3. 総腓骨神経麻痺
4. 坐骨神経麻痺

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

100 35歳の男性。足底部から足指にかけてのしびれを訴えて来所した。内果後方からのチネル徴候が陽性であった。 障害された神経で最も考えられるのはどれか。

 

1. 脛骨神経
2. 腓腹神経
3. 浅腓骨神経
4. 深腓骨神経

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

関連ページ

第11回柔道整復師過去問題 午前その1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第11回の国家試験過去問題を記載しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。午前その1
第11回柔道整復師過去問題 午前その2
柔道整復師の国家試験過去問題です。第11回の国家試験過去問題を記載しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。午前その2
第11回柔道整復師過去問題 午後その1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第11回の国家試験過去問題を記載しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。午後その1