柔道整復師国家試験過去問題の必須問題

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

柔道整復師過去問〜必須問題2

 

★ 脊柱と関節をつくるのはどれか。

 

1. 肩甲骨
2. 鎖骨
3. 寛骨
4. 大腿骨

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 筋とその起始との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 上腕二頭筋短頭 ―― 烏口突起
2. 上腕三頭筋長頭 ―― 関節上結節
3. 橈側手根屈筋 ――― 上腕骨内側上顆
4. 尺側手根伸筋 ――― 上腕骨外側上顆

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 酸素濃度が高い血液が流れるのはどれか。

 

1. 肺動脈
2. 肺静脈
3. 上大静脈
4. 下大静脈

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 皮質が存在する部位はどれか。

 

1. 脊髄
2. 延髄
3. 橋
4. 小脳

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 貯蔵型の炭水化物はどれか。

 

1. グルコース
2. グリコーゲン
3. ガラクトース
4. フルクトース

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 下垂体後葉ホルモンはどれか。

 

1. 成長ホルモン
2. 副腎皮質刺激ホルモン
3. 黄体形成ホルモン
4. オキシトシン

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 骨格筋の収縮を引き起こす際、筋小胞体から放出されるのはどれか。

 

1. Naイオン
2. Caイオン
3. Kイオン
4. Clイオン

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 肩関節を外転するのはどれか。

 

1. 小円筋
2. 肩甲下筋
3. 棘下筋
4. 棘上筋

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 良性腫瘍の特徴について正しいのはどれか。

 

1. 膨張性発育
2. 播種
3. 悪液質
4. 強い異型性

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 正しいのはどれか。

 

1. 紫外線の殺菌作用は強いので、各種医療機器の消毒に用いられる。
2. 高圧蒸気滅菌法は110℃、2気圧、20分の条件を用いる。
3. 殺菌とはすべての微生物を死滅させ、無菌状態にすることをいう。
4. 防腐とは微生物の増殖を抑えて腐敗を防止することをいう。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 柔道整復師法で広告してならないのはどれか。

 

1. 施術所の所在地
2. 施術所の施術日時
3. 柔道整復師の氏名
4. 柔道整復師が得意とする部位

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 筋力増強訓練について正しいのはどれか。

 

1. 筋持久力を高めるには最大筋力の80%程度の負荷を用いる。
2. 徒手筋力テストで2の筋には抗重力肢位で自動運動を行わせる。
3. 心肺機能の低下した患者には上肢の等尺性運動は避ける。
4. 等張性筋力増強訓練には特別の訓練機器が必要である。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 病的反射の出現を示唆するのはどれか。

 

1. 錐体外路障害
2. 錐体路障害
3. 自律神経障害
4. 感覚障害

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 関節リウマチで起こりにくいのはどれか。

 

1. 朝のこわばり
2. 皮下結節
3. 遠位指節間関節炎
4. 対称性手関節炎

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 急性炎症の四主徴でないのはどれか。

 

1. 発赤
2. 腫脹
3. 疼痛
4. 壊死

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 無菌的な手術が最も必要な部位はどれか。

 

1. 腱
2. 筋肉
3. 神経
4. 関節

 

 

 

 

 

 

4

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

★ 異常可動性が認められるのはどれか。

 

1. 陥没骨折
2. 亀裂骨折
3. 若木骨折
4. 骨膜下骨折

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 小児の骨折の特徴で誤っているのはどれか。

 

1. 骨癒合は成人より早い。
2. ソルター・ハリスW型が多い。
3. 骨膜は厚く、若木骨折になる。
4. 骨端線離開となることがある。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 高齢者に多い骨折はどれか。

 

1. 肘頭骨折
2. 上腕骨外顆骨折
3. 橈骨遠位端骨折
4. 大腿骨骨幹部骨折

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 骨癒合の遷延因子はどれか。

 

1. 海綿骨骨折
2. 噛合骨折
3. 螺旋状骨折
4. 粉砕骨折

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 持続的な牽引力が加わるのはどれか。

 

1. 脊椎椎体圧迫骨折のベーラーギプス固定
2. 肩関節前方脱臼のデゾー包帯固定
3. 上腕骨骨幹部骨折のハンギングキャスト固定
4. 下腿骨骨幹部骨折のPTBギプス固定

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 屈曲整復法が適応となるのはどれか。

 

1. 鎖骨中外1/3境界部定型的骨折
2. 前腕両骨骨幹部遠位1/3部骨折
3. 大腿骨頸部内側内転型骨折
4. 第5中足骨近位端骨幹端疲労骨折

 

 

 

 

 

 

2
/

 

 

 

 

 

 

 

★ 無腐性骨壊死になりにくいのはどれか。

 

1. 上腕骨解剖頸骨折
2. 手舟状骨骨折
3. 大腿骨頸部内側骨折
4. 脛骨中下1/3境界部骨折

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 肋骨骨折の合併症で誤っているのはどれか。

 

1. 緊張性気胸
2. 血胸
3. 漏斗胸
4. 動揺性胸郭

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 顎関節前方脱臼の症状で誤っているのはどれか。

 

1. 下顎前突様の長い顔貌となる。
2. 耳珠前部が陥凹する。
3. 頬骨弓下部が隆起する。
4. 閉口のままとなる。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 上腕骨外科頸骨折で誤っているのはどれか。

 

1. 高齢者に好発する。
2. 介達外力によるものが多い。
3. 外転型では三角筋部の膨隆が消失する。
4. 腋窩神経損傷の合併がある。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 上腕骨顆上骨折で誤っているのはどれか。

 

1. 幼少年期に好発する。
2. 伸展型が多い。
3. 屈曲型の骨折線は前方から後上方に走行する。
4. 肘頭はヒューター線上にある。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ コーレス(Colles)骨折で誤っているのはどれか。

 

1. 介達外力によるものが多い。
2. 捻転転位は回外方向である。
3. 橈側転位によって銃剣状変形を呈する。
4. 骨折線は背側からやや斜め掌側上方へ走る。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 肩腱板損傷で誤っているのはどれか。

 

1. ドロップアームサイン陽性となる。
2. 運動時痛は外転60〜120度の間で認める。
3. 結節間溝部に圧痛を認める。
4. 経時的に棘上筋の萎縮が生じる。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ マックマレー・テストで判定できるのはどれか。

 

1. 関節半月損傷
2. 前十字靭帯損傷
3. 内側側副靭帯損傷
4. 滑膜ひだ障害

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

★ 蝶番関節はどれか。

 

1. 肩関節
2. 腕尺関節
3. 上撓尺関節
4. 母指の手根中手関節

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 正しい組合せはどれか。

 

1. 頚椎 ――― 肋骨突起
2. 胸椎 ――― 副突起
3. 腰椎 ――― 乳頭突起
4. 仙骨 ――― 下関節突起

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 大腿骨に付着部をもつのはどれか。

 

1. 薄筋
2. 半膜様筋
3. 半腱様筋
4. 大腿二頭筋

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 腰神経叢の枝でないのはどれか。

 

1. 腸骨下腹神経
2. 上殿神経
3. 閉鎖神経
4. 大腿神経

 

 

 

 

 

 

2

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

★ 酸素分圧の低い血液が流れている部位はどれか。

 

1. 大動脈
2. 左心室
3. 肺静脈
4. 右心房

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 血液凝固因子の合成に必要なのはどれか。

 

1. ビタミンA
2. ビタミンC
3. ビタミンE
4. ビタミンK

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ ステロイドホルモンはどれか。

 

1. コルチゾール
2. チロキシン
3. インスリン
4. アドレナリン

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 正常歩行として誤っているのはどれか。

 

1. 骨盤の回旋
2. 骨盤の傾斜
3. 立脚期の膝屈曲
4. 踵接地の足関節底屈

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ アレルギーW型(遅延型反応)はどれか。

 

1. 免疫複合体による反応
2. アルサス(Arthus)反応
3. ツベルクリン反応
4. アナフイラキシー反応

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ すべての微生物を死滅させて除去するのはどれか。

 

1. 消毒
2. 防腐
3. 滅菌
4. 殺菌

 

 

 

 

 

 

3
/

 

 

 

 

 

 

 

★ 施術所の構造設備基準として正しいのはどれか。

 

1. 専用の事務室を必要とする。
2. 3.3平方メートル以上の待合室がある。
3. 換気装置を設置しなければならない。
4. 消毒設備の設置は任意である。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 徒手筋力テストの筋力3で正しいのはどれか。

 

1. 若干の抵抗に打ち勝って完全に運動できる。
2. 重力に抗して完全に運動できる。
3. 重力を除くと完全に運動できる。
4. わずかな筋収縮はあるが関節は動かない。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ パーキンソン(Parkinson)病患者に特有な姿勢はどれか。

 

1. マン・ウェルニツケ姿勢
2. 前かがみの姿勢
3. 後弓反張
4. エビ姿勢

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 関節リウマチで最も侵される関節はどれか。

 

1. 頚椎環軸関節
2. 腰椎椎間関節
3. 胸鎖関節
4. 遠位指節間(DIP.)関節

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 嫌気性菌はどれか。

 

1. ブドウ球菌
2. 溶血性連鎖球菌
3. 結核菌
4. 破傷風菌

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 椎間板ヘルニアで第1仙骨神経根が障害された時の所見はどれか。

 

1. 膝蓋腱反射低下
2. つま先立ち不能
3. 下腿内側の感覚障害
4. 大腿神経伸展試験陽性

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 骨折数による分類で誤っているのはどれか。

 

1. 複数骨折
2. 重複骨折
3. 複雑骨折
4. 多発骨折

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 脱臼の固有症状で誤っているのはどれか。

 

1. 弾発性固定がある。
2. 関節腔が空虚となる。
3. 関節血腫がみられる。
4. 関節に特有な変形がある。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 徒手盤復時に末梢牽引が適切でないのはどれか。

 

1. 肩関節前方脱臼
2. 肘関節後方脱臼
3. 月状骨掌側脱臼
4. 母指中手指節(MP)関節背側脱臼

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 外固定の目的で誤っているのはどれか。

 

1. 骨萎縮防止
2. 変形防止
3. 整復位保持
4. 安静保持

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 関節運動を伴わないのはどれか。

 

1. 等速性収縮
2. 等尺性収縮
3. 遠心性収縮
4. 求心性収縮

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 禁忌でない組合せはどれか。

 

1. 寒冷療法 ―――― 高血圧患者
2. 温熱療法 ―――― 皮膚感覚欠損のある患者
3. 極超短波療法 ―― 心臓ペースメーカーが埋め込まれている患者
4. 超音波療法 ――― 体内に金属のある患者

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 転位のある上腕骨外科頸骨折で正しいのはどれか。

 

1. 内転型は三角筋の膨張がなくなる。
2. 上肢の挙上は可能である。
3. 外転地は上腕軸が内転位をとる。
4. 皮下出血が上腕から胸部にかけて出現する。

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

★ コーレス(Colles)骨折で誤っているのはどれか。

 

1. フォーク状変形を呈する。
2. 銃剣状変形を呈する。
3. 近位骨片は回外位を呈する。
4. 手関節運動制限がみられる。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 手の舟状骨骨折で誤っているのはどれか。

 

1. 握手すると手根部に痔痛を訴える。
2. 第4・5中手骨に軸圧痛がある。
3. 初期エックス線像で骨折線を認めにくい。
4. 偽関節が起こりやすい。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 肩鎖関節上方脱臼(第三度)で損傷されるのはどれか。

 

1. 烏口肩峰靭帯と肩鎖靭帯
2. 烏口鎖骨靭帯と鎖骨間靭帯
3. 肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯
4. 鎖骨間靭帯と肋鎖靭帯

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 上腕骨頭が後方へ転位するのはどれか。

 

1. 肩峰下脱臼
2. 腋窩脱臼
3. 烏口下脱臼
4. 関節窩下脱臼

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 大腿骨頚部内側骨折で正しいのはどれか。

 

1. 転子果長が短縮する。
2. 下肢は屈曲・内転・内旋位を呈する。
3. 大転子部の叩打痛がある。
4. 内転骨折では歩行可能である。

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 膝蓋骨脱臼の分類で誤っているのはどれか。

 

1. 外側脱臼
2. 上方脱臼
3. 水平脱臼
4. 回転脱臼

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

★ 足関節捻挫について誤っているのはどれか。

 

1. 両がえし外力によって発生することが多い。
2. 踵腓靱帯の損傷が多い。
3. 前方不安定性がみられる。
4. 果部骨折との鑑別を要する。

 

 

 

 

 

 

2

 

スポンサーリンク

必須:柔道整復師過去問

柔道整復師第13回〜【必須問題】です。この必須問題で、合否が決まります。試験前には、必須問題を必ずとれるようにしましょう。

 

必須問題1 必須問題2 必須問題3

必須問題

必須問題

必須問題

必須問題4 必須問題5 必須問題6

必須問題

必須問題

必須問題

 

必須問題対策で、鍼灸の過去問も併用しましょう。特に解剖学・生理学など柔整の必須対策に役立ちます。柔整の必須問題対策に使える、鍼灸の過去問サイト

 

>> 鍼灸 解剖学過去問
>> 鍼灸 生理学過去問

関連ページ

柔道整復師過去問〜必須問題1
柔道整復師の国家試験の必須問題です。第13回からの必須問題を網羅しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。1
柔道整復師過去問〜必須問題3
柔道整復師の国家試験の必須問題です。第13回からの必須問題を網羅しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。3
柔道整復師過去問〜必須問題4
柔道整復師の国家試験の必須問題です。第13回からの必須問題を網羅しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。4
柔道整復師過去問〜必須問題5
柔道整復師の国家試験の必須問題です。第13回からの必須問題を網羅しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。5
柔道整復師過去問〜必須問題6
柔道整復師の国家試験の必須問題です。第13回からの必須問題を網羅しています。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。6
第24回柔道整復師国家試験必須問題
第24回柔道整復師の国家試験の必須問題です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。スマ柔国試.com