柔道整復師国家試験過去問題の整形

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

柔道整復師過去問〜整形1

 

31 痛風について誤っているのはどれか。

 

1. 発作時にはCRP陽性、白血球増加などの炎症反応がみられる
2. 急性関節炎の好発部位は足の母指の中足指節関節である
3. 早期から関節の破壊が生じる
4. 血清尿酸値が上昇する

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

32 腰椎椎間板ヘルニアについて正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1. 椎間板の含水量は加齢とともに増加する
2. ヘルニアは後縦靭帯線維の最も弱い正中部に生じる
3. 神経根障害はヘルニア脱出高位により一つ下位の椎間孔から出る神経に生じることが多い
4. 脊髄造映像で診断が可能である

 

 

 

 

 

3 4

 

 

 

 

 

33 先天性股関節脱臼について正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1. 男児に多い
2. 処女歩行が遅延することが多い
3. クリック・サインが認められる
4. 治療は徒手整復の後にギプス固定をするのが原則である

 

 

 

 

 

2 3
/

 

 

 

 

 

 

34 先天性筋性斜頚について正しいのはどれか。

 

1. 胸鎖乳突筋の線維化、短縮により生じる
2. 健側への回旋制限がある
3. 頭位分娩の乳児に多い
4. 自然治癒は少ない

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

35 骨折について誤っているのはどれか。

 

1. 骨折部と外界との交通のある骨折を複雑骨折という
2. 若木骨折は不全骨折に含まれる
3. 骨に基礎疾患があり軽微な外力で骨折が生じるものを病的骨折という
4. 骨折の治癒過程での自己矯正能は青年期が最も高い

 

 

 

 

 

4

 

スポンサーリンク

 

 

 

36 正しいのはどれか。

 

1. 肘部管症侯群とギヨン管症侯群は尺骨神経の絞扼神経障害である
2. 上腕骨外顆骨折後に生じた外反肘は橈骨神経麻痺を起こす
3. 正中神経麻痺では鷲手を呈する
4. 尺骨神経麻痺では通常、中指、環指および小指に知覚障害が起こる

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

37 正しいのはどれか。

 

1. ド・ケルバン病は長母指伸筋腱の狭窄性腱鞘炎である
2. 小児のバネ指は母指に多く自然治癒もみられる
3. ヘバーデン結節の原因は結核である
4. マレットフィンガーは中節骨の骨折を伴う

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

38 小児の骨端損傷にはソルター・ハリスの分類がある。最も正確な整復を要する型はどれか。

 

1. U型
2. V型
3. W型
4. X型

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

39 脊髄損傷患者の合併症でみられないのはどれか。

 

1. 褥瘡
2. 異所性骨化
3. 足指の壊死
4. 尿路感染

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

40 10歳代に好発するのはどれか。

 

1. 骨肉腫
2. 骨巨細胞腫
3. 癌の骨転移
4. 多発性骨髄腫

 

 

 

 

 

1
/

 

 

 

 

 

 

31 慢性関節リウマチの診断基準(1987年アメリカ・リウマチ協会)の7項目に含まれないのはどれか。

 

1. 血沈の亢進
2. 朝のこわばり
3. 対称性の関節炎
4. 皮下結節

 

 

1

 

 

 

 

 

32 骨軟化症の原因に含まれないのはどれか。

 

1. 閉 経
2. 慢性腎不全
3. 小腸疾患
4. 抗てんかん剤長期投与

 

 

1

 

 

 

 

 

33 脊椎カリエスのポット(Pott)の3徴候に含まれないのはどれか。

 

1. 膿瘍形成
2. 脊髄麻痺
3. 罹患椎体部の圧痛
4. 亀背形成

 

 

3

 

スポンサーリンク

 

 

 

34 ド・ケルバン(deQuervain)病はどの腱の狭窄性腱鞘炎であるか。2つ選べ。

 

1. 長母指外転筋腱
2. 短母指伸筋腱
3. 長母指伸筋腱
4. 短母指屈筋腱

 

 

1 2

 

 

 

 

 

35 ペルテス(Perthes)病について誤っているのはどれか。

 

1. 大腿骨近位骨端核の骨端症である
2. 男児より女児に多い
3. 単純性股関節炎との鑑別を要する
4. 年長児ほど股関節の予後は不良である

 

 

2

 

 

 

 

 

36 ドシェンヌ(Duchenne)型進行性筋ジストロフィーについて誤っているのはどれか。

 

1. 伴性劣性遺伝をする
2. 原因は神経の変性である
3. 仮性肥大が特徴である
4. 予後不良である

 

 

2

 

 

 

 

 

37 先天性股関節脱臼について正しいのはどれか。

 

1. 女児より男児に多い
2. 大腿骨頭は関節包を破って脱臼する
3. 開排制限はない
4. リーメンビューゲル(Riemenbu’gel)法が有効である

 

 

4

 

 

 

 

 

38 骨形成不全症について正しいのはどれか。

 

1. クモ状指を有する
2. 四肢の変形はほとんどない
3. 骨折すると骨癒合が遷延する
4. 骨膜性の骨化障害がある

 

 

4

 

 

 

 

 

39 小児の骨折で正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1. 若木骨折が多い
2. 骨端損傷は、ソルター・ハリス(Salter Harris)のV型が最も多い
3. 上腕骨内顆骨折は観血的整復が必要となる
4. 上腕骨顆上骨折ではフォルクマン拘縮の予防が必要である

 

 

1 4

 

 

 

 

 

40 外反母趾で正しいのはどれか。

 

1. 母趾の足根中足関節で末梢が外方へ側屈している
2. 凹足変形を合併する
3. 扁平足との関係が深い
4. 本態は、第1中足指節関節の関節炎である

 

 

3

 

スポンサーリンク

整形:柔道整復師過去問

整形は、解剖の基本・筋肉・骨などを覚えておけば出来るようになります。なので、整形がわからない人は解剖をまず覚えましょう。

 

整形1 整形2 整形3

整形

整形

整形

整形4 整形5 整形6

整形

整形

整形

整形7 整形8 整形9

整形

整形

整形

整形10 整形11 整形12

整形

整形

整形

関連ページ

柔道整復師過去問〜整形2
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の整形です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜整形3
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の整形です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜整形4
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の整形です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜整形5
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の整形です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜整形1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の整形です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜整形7
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の整形です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜整形8
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の整形です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜整形9
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の整形です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜整形10
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の整形です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜整形11
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の整形です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜整形12
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の整形です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。