柔道整復師国家試験過去問題のリハビリ

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

柔道整復師過去問〜リハビリ2

 

41 脳性麻痺について誤っているのはどれか。

 

1. 進行性病変である
2. アテトーゼ型では不随意運動がある
3. 運動発達が遅延する
4. 両麻痺では下肢障害が強い

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

42 廃用症候群に含まれないのはどれか。

 

1. 起立性低血圧
2. 関節強直
3. 骨萎縮
4. 褥瘡

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

43 国際的障害分類と解決方法との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 機能形態障害 ―― 筋力増強訓練
2. 機能形態障害 ―― 義足の製作
3. 能力低下 ―――― 日常生活動作訓練
4. 社会的不利 ――― 経済的支援

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

44 運動失調の検査法でないのはどれか。

 

1. 回内回外テスト
2. ロンベルグテスト
3. ブルンストロームテスト
4. 指鼻テスト

 

 

 

 

 

3
/

 

 

 

 

45 他動運動可動域の制限が起こらないのはどれか。

 

1. 拘 縮
2. 固 縮
3. 痙 縮
4. 筋力低下

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

46 運動療法の対象とならないのはどれか。

 

1. 弛緩性麻痺
2. 関節拘縮
3. 痙性麻痺
4. 化膿性関節炎

 

 

 

 

 

4

 

スポンサーリンク

 

 

 

47 運動と筋力レベル(徒手筋力テスト)との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 他動運動 ―――― 4〜5
2. 自動抵抗運動 ―― 3〜4
3. 自動運動 ―――― 2〜3
4. 自動介助運動 ―― 1〜2

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

48 誤っている組合せはどれか。

 

1. 脳性麻痺 ―――――― ボバス法
2. 慢性関節リウマチ ―― フレンケル体操
3. 五十肩 ――――――― コードマン体操
4. 腰痛症 ――――――― ウィリアムズ体操

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

49 物理療法について誤っているのはどれか。

 

1. 赤外線は殺菌効果がある
2. 極超短波は深部到達度が高い
3. 超音波は鎮痛効果がある
4. 渦流浴は浮腫を軽減させる

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

50 身体障害者福祉法で交付されるのはどれか。

 

1. ポータブルトイレ
2. ベッド
3. 車椅子
4. リフター

 

 

 

 

 

3
/

 

 

 

 

 

41 国際的障害分類と解決方法との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 機能形態障害 ―― 関節可動域訓練
2. 能力低下 ―――― 日常生活動作訓練
3. 社会的不利 ――― 車椅子の使用
4. 社会的不利 ――― 公共交通機関の整備

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

42 運動方向について誤っている組合せはどれか。2つ選べ。

 

1. 肩関節伸展 ――― 上腕を矢状面内で後方に動かす。  
2. 母指掌側外転 ―― 母指を手掌と直角の方向に動かす。  
3. 股関節外転 ――― 下肢を長軸に沿って外側にひねる。  
4. 足関節背屈 ――― 足部を足底の方向に動かす

 

 

 

 

3 4

 

 

 

 

 

43 徒手筋力テストについて誤っている組合せはどれか。2つ選べ。

 

1. Normal(筋力5)―― 強い抵抗に逆らって全可動域を動かせる。  
2. Good(筋力4) ―― 抵抗に逆らって可動域の一部を動かせる。  
3. fair(筋力3) ―― 重力の影響を取り除くと全可動域を動かせる。  
4. Trace(筋力1) ―― 筋の収縮を確認できるが関節を動かせない。

 

 

 

 

2 3

 

スポンサーリンク

 

 

 

44 漸増的筋力強化法で正しいのはどれか。

 

1. ボイタ法
2. ブルンストローム法
3. ボバース法
4. デュローム法

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

45 物理療法で正しいのはどれか。

 

1. 超音波は体内金属がある時には使用できない
2. ホットパックは心臓ペースメーカー使用者には使用できない
3. 赤外線は椎弓切除部には使用できない
4. 極超短波は感覚脱失部には使用できない

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

46 下肢装具の主要目的で誤っているのはどれか。

 

1. 体重支持
2. 固 定
3. 喪失部位の補てん
4. 変形予防

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

47 脳卒中で誤っているのはどれか。

 

1. 老人では脳出血が脳梗塞より多い
2. 糖尿病は危険因子の一つである
3. 発症直後では弛緩性麻痺となる
4. 膝関節の伸展位変形拘縮を起こしやすい

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

48 片麻痺の能力障害に対する治療で正しいのはどれか。

 

1. 利き手交換
2. 筋持久力改善
3. 運動麻痺改善
4. 関節可動域改善

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

49 脳性麻痺で正しいのはどれか。

 

1. 進行性である
2. 筋肉に仮性肥大がある
3. 痙直型が多い
4. 精神機能低下がある

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

50 五十肩の急性期治療で適切でないのはどれか。

 

1. コッドマン体操
2. 他動的外旋運動
3. 温熱療法
4. 自動介助運動

 

 

 

 

2

 

スポンサーリンク

リハビリ:柔道整復師過去問

リハビリは、装具・禁忌など基本を押さえましょう。過去問で出題傾向を読み取りましょう。

 

リハビリ1 リハビリ2 リハビリ3

リハビリ

リハビリ

リハビリ

リハビリ4 リハビリ5 リハビリ6

リハビリ

リハビリ

リハビリ

リハビリ7 リハビリ8 リハビリ9

リハビリ

リハビリ

リハビリ

リハビリ10 リハビリ11 リハビリ12

リハビリ

リハビリ

リハビリ

関連ページ

柔道整復師過去問〜リハビリ1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ3
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ4
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ5
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ6
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ7
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ8
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ9
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ10
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ11
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ12
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。