柔道整復師国家試験過去問題のリハビリ

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

柔道整復師過去問〜リハビリ3

 

41 体幹装具の3点固定の支持部位でないのはどれか。

 

1. 肩甲骨
2. 胸 骨
3. 腰 椎
4. 恥 骨

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

42 徒手筋力検査法で筋力3はどれか。

 

1. 強度の抵抗に打ち勝って全可動域を動かせる
2. 軽度の抵抗に打ち勝って全可動域を動かせる
3. 重力を除くと全可動域を動かせる
4. 重力に抗して全可動域を動かせる

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

43 6か月児で運動発達遅延を疑う所見はどれか。

 

1. 座っていることができない
2. はいはいができない
3. 寝がえりができない
4. つかまり立ちができない 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

44 温熱療法で深達度が最も高いのはどれか。

 

1. 超音波
2. 遠赤外線
3. 極超短波
4. 温熱用レーザー

 

 

 

 

1
/

 

 

 

45 脳性麻痺について誤っているのはどれか。

 

1. 姿勢と運動の障害である 
2. 原因は代謝異常である
3. 非進行性である
4. 病型は両麻痺が多い

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

46 手の変形の組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1. 猿手 ―――― 尺骨神経麻痺 
2. 下垂手 ――― 橈骨神経麻痺 
3. 尺側偏位 ―― 慢性関節リウマチ 
4. 鷲手 ―――― 正中神経麻痺

 

 

 

 

2 3

 

スポンサーリンク

 

 

 

47 作業療法に含まれないのはどれか。

 

1. ADL訓練
2. 歩行訓練
3. 筋力増強訓練
4. 自助具作製 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

48 脳卒中の早期リハビリテーションで誤っているのはどれか。

 

1. 発症後3〜5週から開始する
2. 関節可動域訓練を行う
3. バイタルサインの安定が開始の条件である
4. ADLの回復が主目的である

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

49 脳卒中による左片麻痺の障害で発生頻度が低いのはどれか。

 

1. 半側無視
2. 失語症
3. 運動麻痺
4. 排泄障害

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

50 頸髄損傷の合併症で誤っているのはどれか。

 

1. 関節拘縮
2. 褥 瘡
3. 排尿障害
4. 高次脳機能障害

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

41 障害の社会的不利で正しいのはどれか。

 

1. 入浴に介助が必要である
2. コミュニケーションができない
3. 文字が書けない
4. 通勤ができない

 

 

4
/

 

 

 

 

42 日常生活動作に含まれないのはどれか。

 

1. 身体を洗う
2. 化粧をする
3. シャツを着る
4. 計算をする

 

 

4

 

 

 

 

 

43 適切な組合せはどれか。

 

1. 極超短波 ―――― ペースメーカー
2. パラフィン浴 ―― 開放創
3. 寒冷療法 ―――― レイノー病
4. 超音波 ――――― 体内金属

 

 

4

 

 

 

 

 

44 廃用症候群でないのはどれか。

 

1. 起立性低血圧
2. 関節拘縮
3. 筋固縮
4. 褥 瘡

 

 

3

 

スポンサーリンク

 

 

 

45 作業療法に含まれないのはどれか。

 

1. 日常生活動作訓練
2. 家事動作訓練
3. 職業訓練
4. 義手訓練

 

 

3

 

 

 

 

 

46 体幹装具でないのはどれか。

 

1. テイラー型
2. カナディアン型
3. ウィリアムズ型
4. フィラデルフィア型

 

 

2

 

 

 

 

 

47 自助具でないのはどれか。

 

1. リフター
2. 差し込み式スプーン
3. 簡易便座
4. 風呂用てすり

 

 

1

 

 

 

 

 

48 脳卒中で誤っているのはどれか。

 

1. 運動麻痺は中枢から末梢に回復する
2. 弛緩性麻痺から痙性麻痺に変化する
3. 言語障害には失語症と構音障害とがある
4. 球麻痺による嚥下障害が起こる

 

 

4

 

 

 

 

 

49 病態と治療との組合せで正しいのはどれか。

 

1. 褥瘡 ―― 良肢位保持
2. 痙縮 ―― 電気治療
3. 拘縮 ―― 伸張法
4. 失調 ―― 関節可動域訓練

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

50 脳性麻痺で誤っているのはどれか。

 

1. 未熟児では両麻痺が多い
2. 出産時外傷では片麻痺が多い
3. 無酸素性脳症ではアテトーゼ型麻痺が多い
4. 核黄疸では失調型が多い

 

 

 

 

 

 

 

4

 

スポンサーリンク

リハビリ:柔道整復師過去問

リハビリは、装具・禁忌など基本を押さえましょう。過去問で出題傾向を読み取りましょう。

 

リハビリ1 リハビリ2 リハビリ3

リハビリ

リハビリ

リハビリ

リハビリ4 リハビリ5 リハビリ6

リハビリ

リハビリ

リハビリ

リハビリ7 リハビリ8 リハビリ9

リハビリ

リハビリ

リハビリ

リハビリ10 リハビリ11 リハビリ12

リハビリ

リハビリ

リハビリ

関連ページ

柔道整復師過去問〜リハビリ1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ2
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ4
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ5
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ6
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ7
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ8
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ9
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ10
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ11
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ12
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。