柔道整復師国家試験過去問題のリハビリ

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

柔道整復師過去問〜リハビリ6

 

41 廃用症候群に含まれないのはどれか。

 

1. 起立性低血圧
2. 褥 瘡
3. 骨粗鬆症
4. 肥 満

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

42 機能障害への適切な対応はどれか。

 

1. 筋力増強
2. 日常生活活動改善
3. 自助具作製
4. 家屋改造

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

43 関節可動域測定(日本整形外科学概論会・日本リハビリテーション医学会基準による)で正しい組合せはどれか。

 

1. 肩関節屈曲測定 ── 前腕回外位
2. 肘関節屈曲測定 ── 前腕回外位
3. 前腕回内測定 ─── 肘伸展位
4. 手間節撓屈測定 ── 前腕中間位

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

44 日常生活活動に含まれるのはどれか。2つ選べ。

 

1. 食 事 
2. 更 衣 
3. 調 理 
4. 買 物

 

 

 

 

1 2
/

 

 

 

 

45 バーセル(Barthel)指数の項目に含まれないのはどれか。

 

1. 痴 呆
2. 整 容
3. 入 浴
4. 排 便

 

 

 

 

1

 

 

スポンサーリンク

 

 

46 廃用性筋萎縮を防ぐのに必要な最小の筋力負荷はどれか。

 

1. 最大筋力の5%
2. 最大筋力の10%
3. 最大筋力の30%
4. 最大筋力の70%

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

47 T字杖について誤っているのはどれか。

 

1. 体重の1/3の荷重を支える。
2. 多脚杖と同じ安定性が得られる。
3. 患側下肢と反対の手で持つ。
4. 長さは、接地時に肘が30度屈曲となるようにする。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

48 下垂足患者に処方される短下肢装具で適切でないのはどれか。

 

1. 足関節後方制動付き
2. クレンザック足継手付き
3. Tストラップ付き
4. プラスチック製

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

49 脳性麻痺の病型でみられないのはどれか。

 

1. 痙直性両麻痺
2. アテトーゼ型四肢麻痺
3. 痙直性片麻痺
4. 弛緩性対麻痺

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

50 C6脊髄積傷(第6頸髄節まで機能残存)について正しいのはどれか。

 

1. プッシュアップができる。
2. 機能的把持装具が使える。
3. 自動車の運転ができる。
4. 車椅子で日常生活活動が自立できる。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

41 リハビリテーションの意味で適切でないのはどれか。

 

1. 復 職
2. 復 権
3. 名誉回復
4. 機能訓練

 

 

 

 

4

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

42 言語の理解力が強く障害されるのはどれか。

 

1. ブローカ失語
2. ウェルニッケ失語
3. 伝導失語
4. 健忘失語

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

43 障害と治療アプローチとの組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 形態異常 ――――― 神経発達的アプローチ
2. 機能障害 ――――― 生体力学的アプローチ
3. 能力低下 ――――― 代償的アプローチ
4. 社会的不利 ―――― 環境整備的アプローチ

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

44 能力低下への対応で適切でないのはどれか。

 

1. 日常生活動作の改善
2. 家屋改造
3. 残存機能の利用
4. 自助具・補装具の使用

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

45 運動発達とその時期との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 首がすわる ―――――― 4か月
2. 2.寝返りをする ――― 5か月
3. 支えなしで坐る ―――― 7か月
4. つかまり立ちをする ―― 11か月

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

46 右利き患者に対する作業療法の訓練で適切でないのはどれか。

 

1. 手指巧緻性訓練のためにペグボードを用いる。
2. 前腕回上筋の筋力増強のためにネジ締め作業を行う。
3. 手指屈筋群の持久力改善のために彫金による表札作りを行う。
4. 指の協調運動のためにサンディング訓練を行う。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

47 腰部脊柱管狭窄症に処方されるのはどれか。

 

1. ダーメンコルセット
2. テイラー型体幹装具
3. ナイト型体幹装具
4. ウィリアムズ型体幹装具

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

48 車椅子の目的でないのはどれか。

 

1. 足の代用
2. 移動用具
3. 坐射保持機器
4. 健常者との共生

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

49 手指のブルンストロームステージで誤っているのはどれか。2つ選べ。

 

1. 2では指屈曲は可能である。
2. 3では集団指伸展は可能である。
3. 4では横つまみは可能である。
4. 5では手掌つまみは可能である。

 

 

 

 

1 2

 

 

 

 

 

50 18歳の男性。交通事故による頸椎脱臼骨折で観血的整復固定術を受けた。術後5か月経過し四肢麻痺であるが、第5頸髄節まで機能残存。1か月後に退院の予定である。可能な動作はどれか。

 

1. 上衣の着脱
2. ベッド上での寝返り
3. プッシュアップ
4. 自助具を用いた食事

 

 

 

 

4

 

スポンサーリンク

リハビリ:柔道整復師過去問

リハビリは、装具・禁忌など基本を押さえましょう。過去問で出題傾向を読み取りましょう。

 

リハビリ1 リハビリ2 リハビリ3

リハビリ

リハビリ

リハビリ

リハビリ4 リハビリ5 リハビリ6

リハビリ

リハビリ

リハビリ

リハビリ7 リハビリ8 リハビリ9

リハビリ

リハビリ

リハビリ

リハビリ10 リハビリ11 リハビリ12

リハビリ

リハビリ

リハビリ

関連ページ

柔道整復師過去問〜リハビリ1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ2
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ3
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ4
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ5
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ7
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ8
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ9
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ10
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ11
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ12
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。