柔道整復師国家試験過去問題のリハビリ

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

柔道整復師過去問〜リハビリ5

 

41 ADLの評価法はどれか。

 

1. バーセル指数
2. ブルンストローム法
3. MMT
4. ウェクスラー検査

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

42 ADLに含まれないのはどれか。

 

1. 入浴
2. 更衣
3. 食事
4. ジョギング

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

43 成人の身体計測法で正しい組合せはどれか。

 

1. 上肢長 ─── 肩峰と尺骨茎状突起の距離
2. 下肢長 ─── 上前腸骨棘と足関節外果の距離
3. 大腿周径 ── 膝蓋骨上縁から10cmの部位の周径
4. 下腿周径 ── 膝蓋骨下縁から5cmの部位の周径

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

44 関節と起こりにくい拘縮との組合せはどれか。

 

1. 肩関節 ── 内転・内旋
2. 手関節 ── 背屈
3. 股関節 ── 屈曲・外旋
4. 膝関節 ── 屈曲

 

 

 

 

2
/

 

 

 

 

45 腓骨神経麻痺患者にみられる異常歩行はどれか。

 

1. 鶏歩
2. 分廻し歩行
3. はさみ状歩行
4. 踵足歩行

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

46 腰痛体操はどれか。

 

1. コッドマン体操
2. ウィリアムズ体操
3. フレンケル体操
4. ベーラー体操

 

 

 

 

2

 

スポンサーリンク

 

 

 

47 正しい組合せはどれか。

 

1. 手背屈装具 ───── 正中神経麻痺
2. 短対立装具 ───── 橈骨神経麻痺
3. 機能的把持装具 ─── 第6頸髄損傷
4. ナックルベンダー ── MP関節屈曲拘縮

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

48 右半身の運動・感覚が完全に麻痺し嚥下障害もある立位訓練中の患者の能力低下(WHOの国際障害分類、1980)にあてはまるのはどれか。

 

1. 右上下肢が動かない
2. 嚥下が困難である
3. 感覚が麻痺している
4. 歩けない

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

49 第12胸髄完全損傷(第12胸髄まで機能残存)患者で起こりにくいのはどれか。

 

1. 仙骨部褥瘡
2. 股関節部異所性骨化
3. 自律神経過反射
4. 尿路結石

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

50 脳性麻痺で誤っているのはどれか。

 

1. 脳の進行性病変で生じる
2. 運動発達が遅れる
3. 姿勢の異常がみられる
4. 機能障害は永続する

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

41 能力低下(WHO1980による)に対するアプローチに含まれないのはどれか。

 

1. 麻痺筋の回復を図る
2. 残存機能を最大限に活用する
3. 装具、自助具を利用する
4. 各種動作能力の向上を図る

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

42 最も社会的不利(WHO1980による)となるのはどれか。

 

1. ブローカ失語
2. ウェルニッケ失語
3. 伝導失語
4. 健忘失語

 

 

 

 

2
/

 

 

 

 

43 1歳の痙直型両麻痺児にみられない症状はどれか。

 

1. 運動の発達遅延
2. 背臥位での股関節外転姿勢
3. 腹臥位での四肢屈曲姿勢
4. 言葉の発達遅延

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

44 マッサージの適応でないのはどれか。

 

1. 深部静脈血栓の改善
2. 硬化した筋の緩和
3. 組織の圧耐性の強化
4. 下肢の浮腫の軽減

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

45 協調性運動の評価に用いられるのはどれか。

 

1. 筋力テスト
2. 腱反射テスト
3. 指鼻テスト
4. 線分二等分テスト

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

46 我が国で最も多い身体障害者はどれか。

 

1. 視覚障害
2. 聴覚障害
3. 肢体不自由
4. 内部障害

 

 

 

 

3

 

スポンサーリンク

 

 

 

47 脳性麻痺で誤っているのはどれか。

 

1. 脳に器質的病変がある
2. 筋緊張異常がある
3. 麻痺は進行性である
4. 運動発達障害がある

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

48 頸髄損傷で異所性骨化が最も起こりやすい部位はどれか。

 

1. 手部
2. 足部
3. 肩部
4. 股部

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

49 脳卒中片麻痺患者の急性期にみられないのはどれか。

 

1. 弛緩性麻痺
2. 肩手症候群
3. 排尿障害
4. 嚥下障害

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

50 脳卒中患者の訓練で最初に行われるのはどれか。

 

1. 寝返り訓練
2. 下肢筋力増強訓練
3. 装具装着訓練
4. 坐位保持訓練

 

 

 

 

1 4

スポンサーリンク

リハビリ:柔道整復師過去問

リハビリは、装具・禁忌など基本を押さえましょう。過去問で出題傾向を読み取りましょう。

 

リハビリ1 リハビリ2 リハビリ3

リハビリ

リハビリ

リハビリ

リハビリ4 リハビリ5 リハビリ6

リハビリ

リハビリ

リハビリ

リハビリ7 リハビリ8 リハビリ9

リハビリ

リハビリ

リハビリ

リハビリ10 リハビリ11 リハビリ12

リハビリ

リハビリ

リハビリ

関連ページ

柔道整復師過去問〜リハビリ1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ2
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ3
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ4
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ6
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ7
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ8
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ9
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ10
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ11
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜リハビリ12
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題のリハビリです。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。