柔道整復師国家試験過去問題の生理学

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

柔道整復師過去問〜生理学3

 

31 細胞内情報伝達系でないのはどれか。

 

1. GTP結合蛋白質
2. 環状AMP
3. 電子伝達系
4. 受容体

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

32 恒常性がみられないのはどれか。

 

1. 体液の浸透圧
2. 血漿膠質浸透圧
3. 尿のpH
4. 細胞外液量

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

33 血中で最も数が多いのはどれか。

 

1. 血小板
2. 好中球
3. 単 球
4. 赤血球

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

34 刺激伝導系に含まれないのはどれか。

 

1. 横行小管
2. 房室結節
3. 左 脚
4. 洞房結節

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

35 血液中の酸素運搬に関与しないのはどれか。

 

1. ヘモグロビン
2. 血漿蛋白濃度
3. 酸素分圧
4. pH

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

36 努力性呼息運動に関与するのはどれか。

 

1. 横隔神経の興奮
2. 腹壁筋の収縮
3. 外肋間筋の収縮
4. 胸骨の挙上

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

37 水溶性ビタミンはどれか。

 

1. ビタミンA
2. ビタミンC
3. ビタミンD
4. ビタミンE

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

38 基礎代謝量について誤っているのはどれか。

 

1. .女性より男性の方が大きい
2. 体表面積に比例する
3. 冬期に低下する
4. 甲状腺ホルモンにより上昇する

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

39 肝臓の機能について誤っているのはどれか。

 

1. 血漿ナトリウム濃度の維持
2. 血液凝固因子の生成
3. 血液の貯蔵
4. 解毒作用

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40 唾液に含まれるのはどれか。

 

1. トリプシン
2. アミラーゼ
3. リパーゼ
4. ペプシン

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

41 体熱の放散に関与しないのはどれか。

 

1. 皮膚血管拡張
2. 発 汗
3. 不感蒸泄
4. ふるえ 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

42 腎臓の糸球体ろ液中に最も多く含まれるのはどれか。

 

1. カルシウムイオン
2. ナトリウムイオン
3. アンモニウムイオン
4. カリウムイオン

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

43 尿細管の再吸収でアルドステロンによって調節されるのはどれか。

 

1. ナトリウムイオン
2. ブドウ糖
3. 水
4. 塩素イオン

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

44 テストステロンの作用で誤っているのはどれか。

 

1. 蛋白質合成促進
2. 性欲増進
3. 第二次性徴発現
4. 間質細胞刺激

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

45 副腎髄質ホルモンについて誤っているのはどれか。

 

1. 心機能促進作用がある
2. ステロイドホルモンである
3. 神経性調節を受ける
4. 緊急反応時に急増する

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

46 カルシウム代謝調節に関与しないのはどれか。

 

1. カルシトニン
2. 上皮小体ホルモン
3. オキシトシン
4. ビタミンD

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

47 有髄神経のみで起こる興奮伝導はどれか。

 

1. 跳躍伝導
2. 絶縁性伝導
3. 不減衰伝導
4. 両側性伝導

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

48 延髄にないのはどれか。

 

1. 呼吸中枢
2. 嚥下中枢
3. 循環中枢
4. 縮瞳中枢

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

49 視床下部による調節を受けないのはどれか。

 

1. 肺胞換気量
2. 血糖値
3. 体 温
4. 細胞外液量

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50 骨格筋の特徴でないのはどれか。

 

1. 強縮が多い
2. 絶対不応期が長い
3. 刺激閾値が低い
4. 疲労しやすい

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

51 筋収縮に必要でないのはどれか。

 

1. アデノシン3リン酸
2. ミオシンフィラメント
3. カルシウムイオン
4. フィブリン線維

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

52 速い痛みに関与しないのはどれか。

 

1. 刺す痛み
2. 短い潜時
3. ポリモーダル侵害受容器
4. Aδ線維

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

53 正しい組合せはどれか。

 

1. 加速度 ――― 杆状体 
2. 光 ――――― 有毛細胞
3. 空気振動 ―― 嗅細胞
4. 化学物質 ―― 味細胞

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

54 乳汁分泌に関与するのはどれか。

 

1. サイロキシン
2. アンドロゲン
3. プロラクチン
4. プロゲステロン 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

55 誤っているのはどれか。

 

1. 精液は精細管でつくられる
2. セルトリ細胞は精細胞に栄養を与える
3. 間質細胞はテストステロンをつくる
4. 精子は遺伝情報を担っている

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

31 拡散で起こるのはどれか。

 

1. 毛細血管壁の水の移動
2. 肺胞気と血液とのガス交換
3. 腎小体におけるろ過
4. 細胞のナトリウムポンプ

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

32 血液凝固に関与しないのはどれか。

 

1. ビタミンA
2. ヘパリン
3. プロトロンビン
4. カルシウムイオン

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

33 吸収期のエネルギーの有効利用に関与するのはどれか。

 

1. インスリン
2. アドレナリン
3. グルカゴン
4. 甲状腺ホルモン

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

34 暑熱順化について誤っているのはどれか。

 

1. 発汗量増大
2. 皮膚血流量増大
3. 代謝量低下
4. 皮下脂肪増大

 

 

 

 

4

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

35 尿中に含まれないのはどれか。

 

1. 尿 素
2. クレアチン
3. 尿 酸
4. クレアチニン

 

 

 

 

2
/

 

 

 

 

 

 

 

 

36 ストレス反応について誤っているのはどれか。

 

1. アドレナリン分泌亢進
2. アルドステロン分泌亢進
3. コルチコステロン分泌亢進
4. インスリン分泌亢進

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

37 交感神経性反射でないのはどれか。

 

1. 排 便
2. 発 汗
3. 瞳孔散大
4. 立 毛

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

38 睡眠時低下しないのはどれか。

 

1. 筋緊張
2. 成長ホルモン分泌
3. 反射活動
4. 血 圧

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

39 排卵期に増加するホルモンはどれか。

 

1. プロゲステロン
2. テストステロン
3. エストロゲン
4. オキシトシン

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40 網膜の視細胞に含まれるのはどれか。

 

1. ペプシン
2. ロドプシン
3. トリプシン
4. チロキシン

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

41 骨格筋について誤っているのはどれか。

 

1. 筋紡錘
2. 運動神経支配
3. 自動性
4. 横紋構造

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

42 血液の酸素分圧の低下を感受するのはどれか。

 

1. 頸動脈洞
2. 心房壁
3. 大動脈弓
4. 頸動脈小体

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

43 ステロイドホルモンの前駆物質となるのはどれか。

 

1. グロブリン
2. コレステロール
3. ガラクトース
4. グリセリド

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

44 誤っている組合せはどれか。

 

1. 延髄 ―――― 嚥下中枢
2. 中脳 ―――― 縮瞳中枢
3. 視床下部 ―― 循環中枢
4. 橋 ――――― 呼吸調節中枢

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

45 体液浸透圧の調節に関与しないのはどれか。

 

1. 大動脈体
2. 下垂体後葉
3. 腎集合管
4. 視床下部

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

46 誤っている組合せはどれか。

 

1. 血液型 ――― Rh因子
2. 血液凝固 ―― プラスミン
3. 液性免疫 ―― γ-グロブリン
4. ガス運搬 ―― ヘモグロビン

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

47 心電図に関して誤っている組合せはどれか。

 

1. PR間隔 ―― 房室間興奮伝導時間
2. T波 ―――― 心室興奮の回復
3. QRS ――― 心室全体に興奮が広がる時間
4. P波 ―――― 心房興奮の回復

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

48 正しいのはどれか。

 

1. 肺胞換気量は1回換気量と残気量の差に等しい
2. 大気圧は胸膜腔内圧より高い
3. 吸息運動のとき外肋間筋は収縮する
4. 気管支喘息では時間肺活量が変わらない

 

 

 

 

2 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

49 誤っているのはどれか。

 

1. VIPは胃液分泌を促進する
2. セクレチンは膵液分泌を促進する
3. コレシストキニンは胆嚢収縮を促進する
4. ガストリンは胃の運動を促進する

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50 骨の形成に関与しないのはどれか。

 

1. コラーゲンの合成
2. 外力の作用
3. 無機質の沈着
4. ビタミンB群の作用

 

 

 

 

4

 

 

 

51 副腎髄質ホルモンの作用について誤っているのはどれか。

 

1. 血圧上昇
2. 熱産生増加
3. 交感神経抑制
4. 肝グリコーゲン分解促進

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

52 神経の興奮伝導について正しいのはどれか。

 

1. 活動電位は一方向へ伝導する
2. 活動電位は減衰する
3. 活動電位は隣接する軸索に乗り移る
4. 伝導速度は軸索の太さに比例する

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

53 横紋筋収縮時について誤っているのはどれか。

 

1. ATPの分解
2. アクチンとミオシンとの結合
3. A帯の幅の変化
4. トロポニンとカルシウムイオンとの結合

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

54 近くの物体を見る場合について誤っているのはどれか。

 

1. 焦点距離の短縮
2. 角膜の曲率の変化
3. 毛様体筋の収縮
4. 水晶体の厚みの増加

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

55 性周期について誤っているのはどれか。

 

1. 排卵の直前にプロゲステロン血中濃度が最高になる
2. 卵巣周期の黄体期は月経周期の分泌期に対応する
3. 卵胞期では卵胞刺激ホルモンの血中濃度が高い
4. 基礎体温は卵胞期よりも黄体期の方が高い

 

 

 

 

1

 

スポンサーリンク

生理学1 生理学2 生理学3

生理学過去問

生理学過去問

生理学 

生理学4 生理学5 生理学6

生理学7 生理学8 生理学9

生理学過去問

生理学過去問

生理学過去問

生理学10 生理学11 生理学12

生理学過去問

生理学過去問

生理学過去問

 

 

関連ページ

柔道整復師過去問〜生理学1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学2
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学4
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学5
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学6
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学7
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学8
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学9
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学10
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第23回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学11
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学12
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。