柔道整復師国家試験過去問題の生理学

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

柔道整復師過去問〜生理学4

 

31 エネルギーを必要とするのはどれか。

 

1. 浸 透
2. 能動輸送
3. ろ 過
4. 拡 散

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

32 血漿蛋白質の機能でないのはどれか。

 

1. 造血機能
2. 栄養機能
3. 免疫機能
4. 担送機能

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

33 酸素とヘモグロビンとの結合を左右する因子でないのはどれか。

 

1. 酸素分圧
2. 血 糖
3. 温 度
4. 水素イオン濃度

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

34 常温で体熱放散の割合が最も多いのはどれか。

 

1. 蒸 発
2. 対 流
3. 伝 導
4. 輻 射

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

35 自律神経節前線維末端から放出されるのはどれか。

 

1. アドレナリン
2. ノルアドレナリン
3. アセチルコリン
4. セロトニン

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

36 副交感神経の支配を受けるのはどれか。

 

1. 瞳孔括約筋
2. 立毛筋
3. 汗 腺
4. 副腎髄質

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

37 網膜の杆状体について正しいのはどれか。

 

1. 明るいところで働く
2. ロドプシンを含んでいる
3. 光と色とを感じる
4. 黄斑に集中している

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

38 二酸化炭素の運搬に関与しないのはどれか。

 

1. 2,3−ジフォスフォグリセリン酸
2. カルバミノ化合物
3. ヘモグロビン
4. 炭酸脱水酵素

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

39 エネルギー代謝量の算出に必要でないのはどれか。

 

1. 炭酸ガス排出量
2. 尿中窒素量
3. 血糖値
4. 酸素消費量

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40 脂肪の消化と吸収とに関与しないのはどれか。

 

1. グルクロン酸
2. 胆汁酸塩
3. リパーゼ
4. カイロミクロン

 

 

 

 

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

41 体温調節に関与しないのはどれか。

 

1. 非ふるえ産熱
2. 皮膚血管運動
3. 視床下部
4. アポクリン腺

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

42 糸球体ろ過量に影響しないのはどれか。

 

1. 血漿膠質浸透圧
2. ろ過浸透圧
3. 糸球体血圧
4. ボーマン嚢内圧

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

43 甲状腺ホルモンについて誤っているのはどれか。

 

1. 寒冷刺激によって分泌量が増加する
2. 酸素消費量を増加させる
3. コレステロールを増加させる
4. 視床下部−下垂体系の調節を受ける

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

44 糖質コルチコイドについて誤っているのはどれか。

 

1. 血糖値を上昇させる
2. コレステロールから作られる
3. 分泌量に日内変動がみられる
4. 副腎髄質から分泌される

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

45 カルシウム代謝の調節に関与しないのはどれか。

 

1. ビタミンD
2. カルシトニン
3. コルチゾル
4. パラソルモン

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

46 交感神経の作用について誤っているのはどれか。

 

1. 瞳孔散大筋収縮
2. カテコラミン分泌増加
3. 心機能亢進
4. 消化管運動亢進

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

47 誤っているのはどれか。

 

1. 精巣は生殖腺原基の髄質から生じる
2. 女性への性分化にはX染色体が必要である
3. 性分化は脳においても起こる
4. 女性内生殖器はミュラー管から生じる

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

48 リンパ液灌流を促進しないのはどれか。

 

1. 消化管運動
2. 骨格筋運動
3. リンパ管平滑筋運動
4. 呼吸運動

 

 

 

 

 

 

 

 

解無

 

 

 

 

 

 

 

 

 

49 胆汁について誤っているのはどれか。

 

1. 肝臓で産生される
2. ビリルビンが含まれる
3. 脂肪分解酵素が含まれる
4. 胆嚢で濃縮される

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50 腎臓の働きとその障害との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 水分の排出 ―――――――― 浮 腫
2. 水素イオンの排出 ――――― アシドーシス
3. エリスロポエチンの分泌 ―― 貧 血
4. レニンの分泌 ――――――― 蛋白尿

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

51 骨芽細胞について誤っているのはどれか。

 

1. 中胚葉由来である
2. コラーゲンを析出する
3. 骨細胞になる
4. エストロゲンによって活動が抑制される

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

52 静止膜電位について誤っているのはどれか。

 

1. 負の電位である
2. カリウム平衡電位に近い
3. 細胞外液のカリウム濃度減少によって0に近づく
4. ナトリウムポンプの停止によって5に近づく

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

53 誤っているのはどれか。

 

1. 心筋の興奮持続時間は骨格筋より長い
2. 骨格筋の興奮と単収縮の持続時間は等しい
3. 骨格筋の収縮形態は強縮である
4. 心筋の収縮形態は単収縮である

 

 

 

 

2

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

54 誤っているのはどれか。

 

1. 痛覚受容器は自由神経終末である
2. 鋭い痛み情報はAβ神経線維が伝える
3. 鈍い痛み情報はC神経線維が伝える
4. プロスタグランジンは痛覚受容器の感受性を高める

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

55 妊娠について誤っているのはどれか。

 

1. 正常の受精は卵管膨大部で行われる
2. 受精卵は約7日後に着床する
3. 胎盤は母児双方の細胞で構成されている
4. 絨毛性ゴナドトロピン分泌は妊娠後期に増大する

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

31 細胞膜蛋白質の機能でないのはどれか。

 

1. 免疫抗体
2. カルシウムイオンチャンネル
3. ナトリウムポンプ
4. ホルモンレセプター

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

32 血漿で誤っているのはどれか。

 

1. 細胞外液の1区分である
2. 0.9%食塩水と等張である
3. 血清からフィブリノゲンを除いたものである
4. 二酸化炭素運搬機能がある

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

33 心臓の機能で誤っているのはどれか。

 

1. 心室内圧が心房内圧より低くなると房室弁が閉じる
2. 収縮刺激は洞結節で発生する
3. 静脈圧の増加によって1回拍出量が増加する
4. 迷走神経の興奮によって心拍数は減少する

 

 

 

 

 

 

 

1
/

 

 

 

 

 

 

 

 

34 吸息時にみられないのはどれか。

 

1. 横隔膜の収縮
2. 胸郭内容積の増大
3. 内肋間筋の収縮
4. 胸膜腔内陰圧の増加

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

35 二酸化炭素の運搬に関与しないのはどれか。

 

1. 炭酸脱水酵素
2. ヘモグロビン
3. カルバミノ化合物
4. 血漿カルシウムイオン

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

36 体表面積に比例するのはどれか。

 

1. 基礎代謝量
2. 酸素消費量
3. 尿中窒素量
4. 二酸化炭素排出量

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

37 膵液分泌調節に関与しないのはどれか。

 

1. 迷走神経
2. 骨盤内臓神経
3. セクレチン
4. コレシストキニン

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

38 肝臓で産生されないのはどれか。

 

1. フィブリノゲン
2. ヘパリン
3. 尿 素
4. レニン

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

39 体熱の産生に関与しないのはどれか。

 

1. サイロキシン
2. アドレナリン
3. パラソルモン
4. プロゲステロン

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40 発熱作用がないのはどれか。

 

1. インターロイキンT
2. プロスタグランジン
3. 温ニューロン活動促進
4. 交感神経活動増大

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

41 尿細管再吸収が能動輸送でないのはどれか。

 

1. 塩素イオン
2. ナトリウムイオン
3. グルコース
4. アミノ酸

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

42 排尿で誤っているのはどれか。

 

1. 膀胱壁収縮
2. 横隔膜弛緩
3. 尿道括約筋弛緩
4. 腹筋収縮

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

43 視床下部ホルモンによる調節を受けないのはどれか。

 

1. プロラクチン
2. バゾプレシン
3. 黄体形成ホルモン
4. 成長ホルモン

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

44 ステロイドホルモンはどれか。

 

1. 副腎皮質刺激ホルモン
2. 黄体形成ホルモン
3. アルドステロン
4. アドレナリン

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

45 ビタミンDに関係がないのはどれか。

 

1. 赤外線
2. 上皮小体
3. 腎臓
4. くる病

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

46 パラソルモンの生理作用はどれか。

 

1. 血漿中のカルシウムイオン濃度を低下させる
2. 腎尿細管からのカルシウムイオンの排泄を促す
3. 肝臓からのカルシウムイオンの排泄を抑える
4. 腸管からのカルシウムイオンの吸収を促す

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

47 静止膜電位の発生に必要でないのはどれか。

 

1. ナトリウムポンプ
2. 膜の選択的イオン透過性
3. ナトリウムイオンチャンネルの開放
4. 膜内外のカリウムイオン濃度差

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

48 舌咽神経の機能でないのはどれか。

 

1. 舌の後1/3の味覚
2. 咽頭筋の運動
3. 耳下腺からの唾液分泌
4. 舌の運動

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

49 副交感神経支配を受けるのはどれか。

 

1. 副腎髄質
2. 瞳孔括約筋
3. 立毛筋
4. 汗 腺

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

50 誤っているのはどれか。

 

1. 筋の強縮は活動電位の加重によって起こる
2. 骨格筋の通常の収縮は強縮である
3. 強縮による張力は筋の長さに依存する
4. 筋は弛緩の際にもATPを消費する

 

 

 

 

 

 

1

 

 

51 平滑筋で誤っているのはどれか。

 

1. アクチンの量が骨格筋より少ない
2. ATPの量が骨格筋より多い
3. 収縮速度は骨格筋より遅い
4. 収縮張力が骨格筋より弱い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

52 皮膚の2点弁別閾の最小値を示すのはどれか。

 

1. 胸 部
2. 腹 部
3. 手 掌
4. 大 腿

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

53 受容器と適刺激との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 半規管 ──── 回転加速度
2. 杆状体 ──── 光
3. パチニ小体 ── 皮膚の歪み
4. 頸動脈小体 ── 動脈血圧

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

54 誤っているのはどれか。

 

1. 卵巣周期と月経周期は長さが等しい。
2. 卵胞は成熟とともにエストロゲンを分泌し、子宮内膜を増殖させる。
3. 黄体の寿命は約14日である。
4. 卵巣周期は左右それぞれ約28日である。

 

 

 

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

55 誤っているのはどれか。

 

1. 受精卵は着床してから細胞分裂を始める
2. 胎盤の内腔は母体の血液で満たされている
3. 乳頭吸引刺激によってプロラクチン分泌が増す
4. 陣痛はオキシトシン分泌増加によって起こる

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

スポンサーリンク

生理学1 生理学2 生理学3

生理学過去問

生理学過去問

生理学過去問

生理学4 生理学5 生理学6

生理学 

生理学7 生理学8 生理学9

生理学過去問

生理学過去問

生理学過去問

生理学10 生理学11 生理学12

生理学過去問

生理学過去問

生理学過去問

 

 

関連ページ

柔道整復師過去問〜生理学1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学2
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学3
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学5
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学6
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学7
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学8
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学9
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学10
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第23回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学11
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜生理学12
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の生理学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。