柔道整復師国家試験過去問題の外科

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

柔道整復師過去問〜外科2

 

21 正しいのはどれか。

 

1. 創傷の二次的治癒とは縫合によるものである
2. 血流障害は創傷治癒を遅らせる局所因子である
3. 気道熱傷はほとんど無症状に経過する
4. V度熱傷は水疱形成を特徴とする

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

22 外科的感染症で重要な嫌気性菌はどれか。

 

1. 大腸菌
2. 破傷風菌
3. 黄色ブドウ球菌
4. 連鎖球菌

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

23 悪性腫瘍の病期決定に必要でないのはどれか。

 

1. 患者の年齢
2. リンパ節転移の有無
3. 転移の状態
4. 腫瘍の大きさ

 

 

 

 

 

1

 

スポンサーリンク

 

 

 

24 誤っているのはどれか。

 

1. 循環血液量の35〜45%の出血は生命に危険を及ぼす
2. 喀血は内出血に含まれる
3. 輸血をする際は交差適合試験を行う
4. 成分輸血は病態に応じて適用される

 

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

25 滅菌、消毒について誤っている組合せはどれか。

 

1. 鉗 子 ―― 高圧蒸気
2. 縫合糸 ―― エチレンオキサイドガス
3. 手 指 ―― ホルマリン液
4. 手術野 ―― ポビドンヨード(イソジン)

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

26 頭蓋底骨折について誤っているのはどれか。

 

1. 粉砕骨折の多発
2. 脳神経障害の合併
3. 意識障害の発症
4. 耳介後部の皮下出血

 

 

 

 

 

1
/

 

 

 

 

 

 

27 蘇生について誤っているのはどれか。

 

1. 気道を確保する
2. 心臓マッサージを行う
3. 輸液ルートを確保する
4. 大量輸血を行う

 

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

28 意識障害について正しいのはどれか。

 

1. 植物状態は3−3−9度方式のU−30に相当する
2. 昏迷状態では強い刺激に対しても反応しない
3. 痛覚の有無は意識障害判定上重要である
4. 意識レベルの程度は脳外傷の重症度と一致する

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

29 脊髄損傷の症状で正しいのはどれか。

 

1. 受傷後早期に尿閉を認める
2. 脊髄ショック状態の安定後、深部腱反射は正常化する
3. 胸髄損傷の場合、手指の触覚は消失する
4. 頚髄損傷の場合、耳出血を認める

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

30 呼吸器の損傷で誤っているのはどれか。

 

1. 肋骨骨折は肺挫傷の原因となる
2. 肺挫傷では鮮紅色の血痰を喀出する
3. 穿通性肺損傷では皮下気腫を認める
4. 肺損傷の場合は外開放性気胸を伴う

 

 

 

 

 

4

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

21 消毒・滅菌法について誤っている組合せはどれか。

 

1. ヨードホルム消毒法 ―― 手指・創傷
2. 煮沸滅菌法 ―――――― 手術野・熱傷
3. ガス滅菌法 ―――――― 光学レンズ・ゴム製品
4. 高圧蒸気滅菌法 ―――― 手術器具・ガーゼ

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

22 局所麻酔法でないのはどれか。

 

1. 脊椎麻酔
2. 硬膜外麻酔
3. 浸潤麻酔
4. 静脈麻酔

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

23 止血法について誤っているのはどれか。

 

1. 出血部位を直接圧迫するのを結紮法という
2. 駆血帯などで止血するのを緊縛法という
3. ガーゼなどをつめて止血するのを圧迫タンポン法という
4. 内視鏡などを用いて塞栓・硬化させるのを血管内塞栓法という

 

 

 

 

1
/

 

 

 

 

 

 

24 ショックについて正しいのはどれか。

 

1. 循環血液量の増加が原因である
2. 細菌感染も原因となる
3. 出血性ショックは不可逆的である
4. 心原性ショックは一過性である

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

25 創傷について正しいのはどれか。

 

1. 微小血管損傷は自然止血しない
2. 損傷部が腫脹するのは血液成分の漏出による
3. リンパ球は壊死組織を分解吸収する
4. 白血球は瘢痕組織の一部である

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

26 外科的感染症と原因菌との組合せで誤っているのはどれか。

 

1. 破傷風 ―― 嫌気性菌
2. 窩織炎 ―― 結核菌
3. ? ―――― ブドウ球菌
4. 丹毒 ――― 溶血性連鎖球菌

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

27 頭部外傷について正しいのはどれか。

 

1. 巣症状が認められる場合は脳挫傷が疑われる
2. 耳出血がある場合は後頭骨骨折が疑われる
3. 受傷部の腫脹は硬膜外血腫による
4. 開口障害は頭蓋底骨折が原因である

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

28 正しい組合せはどれか。

 

1. 植物状態 ―― 大脳障害
2. 脳死 ―――― 脊髄損傷
3. 痙攣 ―――― 慢性関節リウマチ
4. 片頭痛 ――― 頭頸部筋持続的収縮

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

29 交通外傷による腹部鈍的損傷で正しいのはどれか。

 

1. ハンドルによる上腹部打撲で消化管損傷が生じる
2. 肋骨骨折を伴う場合には膵損傷が多い
3. シートベルトによる皮膚圧痕は特に処置を要しない
4. 前腹壁打撲により腎損傷が生じる

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

30 胸・腹部複合型外傷で優先して行う処置はどれか。2つ選べ。

 

1. 気道確保  
2. 血管確保  
3. 創部清浄化  
4. 骨折部処置

 

 

 

 

1 2

 

スポンサーリンク

 

 

 

外科:柔道整復師過去問

外科は、外傷が多く出ます。色々な外傷の症状・処置の仕方について覚えましょう。

 

外科1 外科2 外科3

外科

外科

外科

外科4 外科5 外科6

外科

外科

外科

外科7 外科8 外科9

外科

外科

外科

外科10 外科11 外科12

外科

外科

外科

関連ページ

柔道整復師過去問〜外科1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の外科です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜外科3
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の外科です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜外科4
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の外科です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜外科5
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の外科です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜外科6
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の外科です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜外科7
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の外科です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜外科8
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の外科です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜外科9
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の外科です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜外科10
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の外科です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜外科11
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の外科です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜外科12
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の外科です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。