柔道整復師国家試験過去問題の運動学

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

柔道整復師過去問〜運動学5

 

56 ベクトル量でないのはどれか。

 

1. 握力
2. 歩行速度
3. 体温
4. 関節回転加速度

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

57 成人の重心の位置で正しいのはどれか。

 

1. 第7胸椎の腹側
2. 第3腰椎の腹側
3. 第2仙椎の腹側
4. 両股関節の中点

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

58 大脳皮質に中枢がある立ち直り反射はどれか。

 

1. 頚部から体幹に作用する反射
2. 迷路から頚部に作用する反射
3. 体表刺激から頭部・体幹・四肢に作用する反射
4. 眼から頚部に作用する反射

 

 

 

 

解無(4)

 

 

 

 

 

59 膝関節伸展時に弛緩しているのはどれか。

 

1. 前十字靱帯
2. 後十字靱帯
3. 外側側副靱帯
4. 内側側副靱帯

 

 

 

 

2
/

 

 

 

 

 

 

60 肩関節の伸展、内旋および内転のすべてに作用する筋はどれか。

 

1. 三角筋
2. 大円筋
3. 大胸筋
4. 棘下筋

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

 

61 筋収縮について正しいのはどれか。2つ選べ。

 

1. 机上のコップを口に運ぶときの上腕二頭筋は等尺性収縮をする。
2. 立位から椅子に座るときの大腿二頭筋は求心性収縮をする。
3. 握りこぶしを保持した状態では手指の屈筋群は静止性収縮をする。
4. 腕立て伏せの下方への運動では上腕三頭筋は遠心性収縮をする。

 

 

 

 

3 4

 

 

 

 

 

62 足関節運動の筋機能で正しいのはどれか。

 

1. 背屈運動で前脛骨筋と短腓骨筋とは共同筋である
2. 底屈運動で長腓骨筋と後脛骨筋とは共同筋である
3. 内がえし運動で前脛骨筋と後脛骨筋とは拮抗筋である
4. 外がえし運動で第3腓骨筋と長母指屈筋とは共同筋である

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

63 小児歩行の開始期で誤っているのはどれか。

 

1. 上肢の左右交互の振りが大きい
2. 足底全体で接地する
3. 支持基底を大きくする
4. 前後方向に転倒しやすい

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

64 正常歩行について誤っているのはどれか。

 

1. 大腿四頭筋は立脚中期に働く
2. 股関節外転筋群は左右方向の重心移動を制限する
3. 股関節内転筋群は遊脚相の振子運動に関与する
4. 大殿筋は股関節屈曲と回旋を制限する

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

65 進行性筋ジストロフィーの歩行の特徴はどれか。

 

1. 小刻みに歩く
2. 下肢で円を描くように歩く
3. 踵を床に打ち付けるように歩く
4. 腹部を前につき出して歩く

 

 

 

 

4

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

56 基本的立位姿勢で垂直軸・水平面の運動はどれか。

 

1. 首を前後屈する
2. 顔を横に向ける
3. 腕を横に挙げる
4. 腕を前に挙げる

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

57 誤っているのはどれか。

 

1. 1つの筋は複数の運動単位で構成される
2. 運動単位の神経支配比が大きいほど微細な運動ができる
3. 神経の発射頻度が多いと筋収縮が強くなる。
4. 活動する運動単位数が多いと筋収縮が強くなる

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

58 反射について誤っているのはどれか。

 

1. 応答は意識を必要とする
2. 応答は意識を必要とする
3. 応答パターンは定型的である
4. 刺激が十分あれば応答が得られる

 

 

 

 

1
/

 

 

 

 

 

 

59 前腕の回外運動の作用をもつのはどれか。

 

1. 上腕二頭筋
2. 上腕三頭筋
3. 肘筋
4. 上腕筋

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

60 腰部の前後屈運動で最も可動域が大きいのはどれか。

 

1. 第1・2腰椎間
2. 第2・3腰椎間
3. 第3・4腰椎間
4. 第4・5腰椎間

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

61 吸気筋でないのはどれか。

 

1. 横隔膜
2. 外肋間筋
3. 斜角筋群
4. 腹直筋

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

62 安定性のよい立位姿勢の条件でないのはどれか。

 

1. 重心の位置が低い
2. 支持基底の面積が広い
3. 質量が小さい
4. 重心線の位置が支持基底の中心に近い

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

63 姿勢反射でないのはどれか。

 

1. 立ち直り反射
2. 緊張性頸反射
3. 毛様体脊髄反射
4. 緊張性迷路反射

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

64 坐位保持が可能となる月齢はどれか。

 

1. 2〜3か月
2. 5〜6か月
3. 8〜9か月
4. 11〜12か月

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

65 正常歩行で重心の位置が最も低いのはどれか。

 

1. 踵接地期
2. 足底接地期
3. 立脚中期
4. 踵離地期

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

運動学:柔道整復師過去問

運動学は、解剖の筋肉を覚えておけば繋がります。あとは、過去問でわからない所を教科書で調べましょう。

 

運動学1 運動学2 運動学3

運動学

運動学

運動学

運動学4 運動学5 運動学6

運動学

運動学

運動学

運動学7 運動学8 運動学9

運動学

運動学

運動学

運動学10 運動学11 運動学12

運動学

運動学

運動学

関連ページ

柔道整復師過去問〜運動学1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学2
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学3
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学4
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学6
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学7
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学8
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学9
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学10
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学11
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学12
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。