柔道整復師国家試験過去問題の運動学

当コンテンツは問題、解答いずれについても正誤の保証をするものではありません。 当コンテンツに関して生じたいかなる問題も当方では関知いたしかねますのでご了承の上、ご利用くださいませ。

柔道整復師過去問〜運動学8

 

86 誤っている組合せはどれか。

 

1. 頸部伸筋群による頭部のつりあい ――― 第1のてこ
2. 中殿筋による片脚立ちでのつりあい ―― 第2のてこ
3. 腕橈骨筋による肘屈曲 ―――――――― 第2のてこ
4. 上腕二頭筋による肘屈曲 ――――――― 第3のてこ

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

87 誤っているのはどれか。

 

1. 骨は骨膜、骨質、骨髄および関節軟骨からなる。
2. 骨質は緻密骨と海綿骨に区分される。
3. 骨膜には血管と感覚神経が密に分布している。
4. 海綿骨の骨組織は層板構造になっている。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

88 大脳皮質が関与しないのはどれか。

 

1. 踏み直り反応
2. 足踏み反応
3. 陽性支持反応
4. 跳び直り反応

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

89 小脳について誤っているのはどれか。

 

1. 脊髄のα運動ニューロンに直接連絡
2. 運動企画・プログラミング
3. フィードバック調節機能
4. 閉ループ制御

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

90 強制呼気のときに働くのはどれか。

 

1. 横隔膜
2. 胸鎖乳突筋
3. 腹筋
4. 外肋間筋

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

91 足の外がえしをするのはどれか。

 

1. 前脛骨筋
2. 後脛骨筋
3. 長指伸筋
4. 足底筋

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

92 立位姿勢の安定性で誤っているのはどれか。

 

1. 重心が低い。
2. 支持基底の面積が広い。
3. 重心線の位置が支持基底内の中心から離れている。
4. 床と接触面の摩擦抵抗が大きい。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

93 原始反射でないのはどれか。

 

1. モロー反射
2. パラシュート反射
3. ランドウ反射
4. ガラント反射

 

 

 

 

2

スポンサーリンク

 

 

 

 

94 誤っている組合せはどれか。

 

1. 寝返り ――――― 3〜4か月
2. つかまり立ち ―― 5〜9か月
3. 独り歩き ―――― 11〜14か月
4. スキップ ―――― 36か月

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

95 小児の歩行開始段階の特徴はどれか。

 

1. 支持基底を広くとる。
2. 独り歩きが可能となるころの歩行は踵接地である。
3. 歩行率(ケイデンス)が低い。
4. 上肢の振りが多い。

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

86 加速度で誤っているのはどれか。

 

1. 物体の運動を保ち続ける。
2. 物体の質量に反比例する。
3. 力の大きさに正比例する。
4. 力の働く方向と同一方向に働く。

 

 

 

 

1
/

 

 

 

 

 

 

87 1ニュートン(N)の定義で正しいのはどれか。

 

1. 1kgのおもりを1m運ぶ力
2. 1kgのおもりに1m/sec2の加速度を生じさせる力
3. 1kgのおもりに垂直方向に加わる力
4. 1kgのおもりを1mの高さから落とした時に加わる力

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

88 正しいのはどれか。

 

1. 骨の主な無機質は炭酸カルシウムである。
2. ハバース管は骨単位の中心部にある。
3. 関節軟骨は血管の分布が豊富である。
4. 骨細胞は骨の石灰化促進作用をもつ。

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

89 二関節筋でないのはどれか。

 

1. 上腕三頭筋(長頭)
2. 縫工筋
3. 大腿直筋
4. ヒラメ筋

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

90 膝蓋腱反射で誤っているのはどれか。

 

1. 脊髄反射
2. 伸張反射
3. 多シナプス反射
4. 深部反射

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

91 手根管を通過しないのはどれか。

 

1. 浅指屈筋腱
2. 深指屈筋腱
3. 尺側手根屈筋腱
4. 長母指屈筋腱

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

92 身体の腹側に位置する抗重力筋はどれか。

 

1. 下腿三頭筋
2. 大殿筋
3. 腸腰筋
4. ハムストリングス

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

93 動機づけで誤っているのはどれか。

 

1. 内的動機づけは個人的な喜びを見いだす。
2. 内的動機づけは自己実現にかかわる。
3. 外的動機づけには物的報酬を利用する。
4. 外的動機づけは自己関与にかかわる。

 

 

 

 

4

 

 

 

 

 

94 正常歩行で踵接地に筋活動が少ないのはどれか。

 

1. 前脛骨筋
2. 下腿三頭筋
3. 大腿四頭筋
4. 大腿二頭筋

 

 

 

 

2

 

 

 

 

 

95 高齢者の歩行で誤っているのはどれか。

 

1. 筋活動の低下
2. 速度の低下
3. 歩幅の短縮
4. 歩行率(ケイデンス)の低下

 

 

 

 

1

スポンサーリンク

運動学:柔道整復師過去問

運動学は、解剖の筋肉を覚えておけば繋がります。あとは、過去問でわからない所を教科書で調べましょう。

 

運動学1 運動学2 運動学3

運動学

運動学

運動学

運動学4 運動学5 運動学6

運動学

運動学

運動学

運動学7 運動学8 運動学9

運動学

運動学

運動学

運動学10 運動学11 運動学12

運動学

運動学

運動学

関連ページ

柔道整復師過去問〜運動学1
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学2
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学3
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学4
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学5
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学6
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学7
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学9
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学10
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学11
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。
柔道整復師過去問〜運動学12
柔道整復師の国家試験過去問題です。第1回から第24回までの国家試験過去問題の運動学です。スマホ対応ですので、いつでもどこでも柔道整復師過去問題を解くことができます。